所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

法学部比較国際法政講座

職名 【 表示 / 非表示

教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

法学、外国法、中国法、比較法、会社法、証券法

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:比較会社法

    研究課題概要:・会社法に関して特に会社機関に関する米、独、日、中の法制度との比較を行う。 ・比較会社法の問題について理論的深化のために判例を題材として進める。

  • 研究課題名:比較証券法

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:『当代主要国家国有企業法』

    出版機関名:北京大学出版社 

    発行日:2014年09月

    著者名:

    著書形態:編著

    担当部分:分担執筆(日本地方公営企業法)

  • 著書名:『中国ビジネス重要判例解説』

    出版機関名:

    発行日:2010年03月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:『中国21(中国法の諸相)』 

    出版機関名:東方書店

    発行日:2011年11月

    著者名:

    著書形態:編著

全件表示 >>

 

写真

氏名

張 紅 (ザン ホン)

ZHANG Hong

特記事項

ナシ

所属専攻講座

社会文化科学研究科

職名

教授

性別

女性

研究分野・キーワード

(日)法学、外国法、中国法、比較法、会社法、証券法

(英)Law

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:広島大学

    研究科名:法学政治学研究科

    専攻名:法律学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1996年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(法学) (Ph.D)

    学位の分野名:国際法学  (International law studies)

    学位授与機関名:広島大学 (Hiroshima University)

    取得方法:大学評価・学位授与機構

    取得年月:1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2000年04月 ~ 継続中

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:比較会社法 (Comparison company law,.)

    キーワード:比較、会社法、証券法、中国、外国 (Comparison ,company law,Securities law,China,Foreign countriese)

    研究態様:個人研究

    研究制度:特別研究

    研究期間:2008年03月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):民事法学 、基礎法学

    専門分野(researchmap分類):民事法学 、基礎法学

    研究内容:・「国外企業社会責任的理論与実践」『企業社会責任の理論と実践』北京大学出版社
    ・企業統治の新たな展開「中国21」第35号、日本愛知大学現代中国学会編

  • 研究課題名:比較証券法 (Comparison Securities law)

    キーワード:比較、証券法、中国、外国 (Comparison, Securities law,China,Foreign countries)

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2000年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):民事法学 、基礎法学

    専門分野(researchmap分類):民事法学 、基礎法学

    研究内容:重要判例に学ぶ中国ビジネス最前線
    ー―中国証券をめぐる裁判例(第7回)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    授業科目:アジア法b

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:専任

    講義内容またはシラバス:#U#UR

  • 年度:2019年度

    授業科目:日本法政事情Ib

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:中国法

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:アジア法

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:比較会社法演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:中国法の最前線——証券法をめぐる判例

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:『New Business Law (NBL)』878号 (頁 35 ~ 41)

    発行年月:2008年04月

    著者氏名(共著者含):張紅

    共著区分:単著

  • 論文題目名:企業の社会的責任に関する日米中の法制について

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:法学会雑誌57巻 4号 (頁 611 ~ 682)

    発行年月:2008年03月

    著者氏名(共著者含):*張紅

    共著区分:単著

  • 論文題目名:中国における企業財務・会計の法制

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:北東アジア経済研究 第5号号 (頁 1 ~ 9)

    発行年月:2008年03月

    著者氏名(共著者含):*張紅

    共著区分:単著

  • 論文題目名:外国企业社会责任的理论与实践-——兼论中国公司法第五条的制定与实践

    記述言語:中国語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名: 『北京論壇』 (頁 426-440 ~ )

    発行年月:2007年10月

    著者氏名(共著者含):張 紅

    共著区分:単著

  • 論文題目名:日本企業の対中国直接投資の概観―企業と共生論理の展開のための序論―

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:文化共生学研究3号 (頁 41 ~ 56)

    発行年月:2007年04月

    著者氏名(共著者含):榎本悟・*張紅・北川博史

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:『当代主要国家国有企業法』

    記述言語:中国語

    著書種別:著書

    出版機関名:北京大学出版社 

    発行日:2014年09月

    著者名:

    著書形態:編著

    担当部分:分担執筆(日本地方公営企業法)

  • 著書名:『中国21(中国法の諸相)』 

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:東方書店

    発行日:2011年11月

    著者名:

    著書形態:編著

  • 著書名:『中国ビジネス重要判例解説』

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:

    発行日:2010年03月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:『企業社会責任専論』 「国外企业社会责任的理论与实践」

    記述言語:中国語

    著書種別:未設定

    出版機関名:北京大学出版社 

    発行日:2009年03月

    著者名:

    著書形態:共著

    担当部分:「国外企业社会责任的理论与实践」

  • 著書名:『確認中国法用語250』

    記述言語:日本語

    著書種別:著書・辞典

    出版機関名:成文堂

    発行日:2011年12月

    著者名:

    著書形態:編著

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 中国経済法学会(中国)

    役職・役割名:理事

    活動期間:2013年10月 ~ 継続中

  • 現代中国法研究会(日本)

    役職・役割名:理事

    活動期間:2012年04月 ~ 継続中

  • 国際シンポジム「日中取引における法規制の現状と将来」

  • 中国民商法学会

 
 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:O-NECUS実施委員会

    役職:委員

    任期:2009年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:岡山大学と中国東北部の5大学(大連医科大学、東北師範大学、中国医科大学、ハルピン医科大学、吉林大学)は、コンソーシアムを構築、共同プログラムとしてO-NECUSを実施した。優れた人材の育成を共同で行い、大学院学位の国際的通用性、質の保証、国際水準の教育を提供した。
    O-NECUSプログラムでは、○双方向学位(ダブルディグリー)制度、○短期留学(単位互換)制度―非正規生、○オータム及びスプリングセミナー制度(海外特別選抜入試を含む)を実施した。

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:O-NECUS実施委員会

    役職:委員

    任期:2009年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:岡山大学と中国東北部の5大学(大連医科大学、東北師範大学、中国医科大学、ハルピン医科大学、吉林大学)は、コンソーシアムを構築、共同プログラムとしてO-NECUSを実施した。優れた人材の育成を共同で行い、大学院学位の国際的通用性、質の保証、国際水準の教育を提供した。
    O-NECUSプログラムでは、○双方向学位(ダブルディグリー)制度、○短期留学(単位互換)制度―非正規生、○オータム及びスプリングセミナー制度(海外特別選抜入試を含む)を実施した。

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:岡山大学社会文化科学研究科 交流委員会

    役職:委員

    任期:2008年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:O-NECUSプログラムにおいて吉林大学と本学間の
    共同学位について履修要項の検討(双方単位の確認など)、中国語翻訳
    短期留学について中国語の翻訳
    対外の連絡業務
    シンポジウムのプログラム作成
    外国人への招待書、身元保証書、招聘理由書、滞在日程表など作成
    会計書類作成
    海外入試及び法文経三学部長の交流のため中国(長春)への出張や業務連絡
    現地の通訳担当
    社文研大学院募集要項、HPの中国語翻訳
    などに力を入れた

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:岡山大学法学部 国際交流委員会

    役職:委員

    任期:2006年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:北京大学法学院と岡山大学法学部との国際交流協定を締結させた後、
    毎年の国際シンポジウムにおいて
    ①対外の連絡業務
    ②シンポジウムのプログラム作成
    ③シンポジウムの通訳担当
    ④外国人への招待書、身元保証書、招聘理由書、滞在日程表など作成
    ⑤会計書類作成
    などに力を入れた。