職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

量子ビーム物理学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

量子ビーム物理学、材料科学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:焦電性結晶による小型放射線源の開発

    研究課題概要:

  • 研究課題名:ラドン療法の機構解明

 

写真

氏名

花元 克巳 (ハナモト カツミ)

HANAMOTO Katsumi

所属専攻講座

保健学研究科

職名

助教

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)量子ビーム物理学、材料科学

(英)quantum beam physics, materials science

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:立命館大学

    学校の種類:大学

    学部名:理工学部

    学科名:数学物理学科物理学課程

    卒業年月:1990年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:立命館大学

    研究科名:理工学研究科

    専攻名:物理学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1995年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学) (PhD)

    学位の分野名:表面修飾 (Surface modification)

    学位授与機関名:立命館大学 (Ritsumeikan University)

    取得方法:課程

    取得年月:1998年03月

  • 学位名:修士(理学) (Master of Science)

    学位の分野名:数理物理・物性基礎 (Mathematical physics/fundamental theory of physical properties)

    学位授与機関名:立命館大学 (Ritsumeikan University)

    取得方法:課程

    取得年月:1995年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:保健学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2007年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:医学部 、保健学科

    経歴名:助手 (Research Associate)

    職務期間:2001年04月 ~ 2007年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:立命館大学理工学部助手 (Ritsumeikan University, Faculty of Science and Engineering, Assistant)

    経歴名:助手 (Research Associate)

    経歴期間:1998年04月 ~ 2001年04月

  • 所属(勤務)先:滋賀医科大学非常勤講師 (Shiga University of Medical Science, part-time instructor)

    経歴名:非常勤講師 (part-time instructor)

    経歴期間:1996年10月 ~ 2001年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会 (Japan Society of Applied Physics)  /  日本国 ( 1989年12月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 量子ビーム物理学 (Quantum Beam Physics)

  • 材料科学 (Materials Science)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線物理、衝撃現象

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:焦電性結晶による小型放射線源の開発 (Development of a fine radiation source using pyroelectric crystal)

    キーワード:焦電性結晶、小型放射線源 (Pyroelectric crystal, fine radiation source)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2008年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用物理学一般

    専門分野(researchmap分類):放射線物理、衝撃現象

  • 研究課題名:ラドン療法の機構解明 (Elucidation of the mechanism of the radon therapy)

    キーワード:ラドン、体内動態 (radon, internal movement)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):放射線・化学物質影響科学

    専門分野(researchmap分類):放射線物理、衝撃現象

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨床医学特別実習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:放射線安全管理学実験

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:放射線計測学実験II

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:放射線計測学

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:放射化学実験

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    科目名:放射線安全利用工学1

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年08月

    講義内容またはシラバス:放射性物質の取り扱いに際して必要な基礎理論、実務的知識、および応用例を講義により学ぶとともに、実際に放射線測定機器を用いて放射線の測定や放射性核種の同定の実験を行う。これにより修得される安全知識は、放射線や放射性物質を用いる高度な科学的測定を実施するために必須のものである。

  • 年度:2017年度

    科目名:放射線安全システム工学及び実験

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年08月

    講義内容またはシラバス:放射性物質の取り扱いに際して必要な基礎理論、実務的知識、および応用例を講義により学ぶとともに、実際に放射線測定機器を用いて放射線の測定や放射性核種の同定の実験を行う。これにより修得される安全知識は、放射線や放射性物質を用いる高度な科学的測定を実施するために必須のものである。

  • 年度:2016年度

    科目名:放射線安全システム工学及び実験

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年08月

    講義内容またはシラバス:放射性物質の取り扱いに際して必要な基礎理論、実務的知識、および応用例を講義により学ぶとともに、実際に放射線測定機器を用いて放射線の測定や放射性核種の同定の実験を行う。これにより修得される安全知識は、放射線や放射性物質を用いる高度な科学的測定を実施するために必須のものである。

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    教育者としての能力・技術というのは教育者の人間としての価値であり、それは教育者自身の行動に現れ、学生がそれを見て模倣するものであるから、普段の行動から気をつけ、毎日、自己研鑽を行っている。

  • 年度:2017年度

    教育者としての能力・技術というのは教育者の人間としての価値であり、それは教育者自身の行動に現れ、学生がそれを見て模倣するものであるから、普段の行動から気をつけ、毎日、自己研鑽を行っている。

  • 年度:2016年度

    教育者としての能力・技術というのは教育者の人間としての価値であり、それは教育者自身の行動に現れ、学生がそれを見て模倣するものであるから、普段の行動から気をつけ、毎日、自己研鑽を行っている。

  • 年度:2015年度

    教育者としての能力・技術というのは教育者の人間としての価値であり、それは教育者自身の行動に現れ、学生がそれを見て模倣するものであるから、普段の行動から気をつけ、毎日、自己研鑽を行っている。

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    卒業論文指導学生: 1人

    修士論文指導学生: 1人

    博士論文指導学生: 1人

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 1人

    修士論文指導学生: 1人

    博士論文指導学生: 1人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 2人

    修士論文指導学生: 1人

    博士論文指導学生: 1人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 1人

    修士論文指導学生: 1人

    博士論文指導学生: 1人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Pressure dependence of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal over a wide range of pressure

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Applied Radiation and Isotopes, International journal of radiation applications and instrumentation. Part A, Applied radiation and isotopes, International Journal of Applied Radiation and Isotopes135巻 (頁 40 ~ 42)

    発行年月:2018年05月

    著者氏名(共著者含):Katsumi Hanamoto, Takahiro Kataoka, Kiyonori Yamaoka

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.apradiso.2018.01.019

  • 論文題目名:Pressure dependence of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal at the pressures of 1-20 Pa

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Applied Radiation and Isotopes, International journal of radiation applications and instrumentation. Part A, Applied radiation and isotopes, International Journal of Applied Radiation and Isotopes116巻 (頁 134 ~ 137)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Katsumi Hanamoto*,Takahiro Kataoka*,Kiyonori Yamaoka*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.apradiso.2016.08.003

  • 論文題目名:Pressure dependence of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal at low pressures ( Pressure dependence of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal at low pressures)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nucl. Instr. Meth. A ( Nucl. Instr. Meth. A) 669巻 (頁 66 ~ 69)

    発行年月:2012年02月

    著者氏名(共著者含):Katsumi Hanamoto, Atsushi Kawabe, Akihiro Sakoda, Takahiro Kataoka, Mari Okada, Kiyonori Yamaoka ( Katsumi Hanamoto, Atsushi Kawabe, Akihiro Sakoda, Takahiro Kataoka, Mari Okada, Kiyonori Yamaoka)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Evaluating the protective effects of radon inhalation or ascorbic acid treatment after transient global cerebral ischemic injury in gerbils

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Nuclear Science and Technology (頁 1 ~ 5)

    発行年月:2016年07月

    著者氏名(共著者含):Takahiro Kataoka*,Reo Etani,Norie Kanzaki,Kaori Sasaoka,Yusuke Kobashi,Katsumi Hanamoto*,Takehito Taguchi*,Kiyonori Yamaoka*

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/00223131.2016.1198731

  • 論文題目名:Activation of Antioxidative Functions by Radon Inhalation Enhances the Mitigation Effects of Pregabalin on Chronic Constriction Injury-Induced Neuropathic Pain in Mice

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oxidative Medicine and Cellular Longevity2016巻

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Takahiro Kataoka*,Shunsuke Horie,Reo Etani,Norie Kanzaki,Kaori Sasaoka,Yusuke Kobashi,Katsumi Hanamoto*,Kiyonori Yamaoka*

    共著区分:共著

    DOI:10.1155/2016/9853692

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:山岡聖典、花元克巳、川辺睦、片岡隆浩、迫田晃弘

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:岡山大学出版会

    発行日:2010年09月

    著者名:

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第65回応用物理学会春季学術講演会

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:LiTaO3単結晶による発生X線の結晶表面-ターゲット間距離依存性Ⅱ

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本原子力学会 中国・四国支部 第12回研究発表会

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:焦電性結晶によるX 線発生装置の開発-X 線発生とギャップ間との関係に関して-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第65回応用物理学会春季学術講演会

    開催場所:早稲田大学、東京

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:LiTaO3単結晶による発生X線の結晶表面-ターゲット間距離依存性

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:低線量放射健康影響研究会2017

    開催場所:岡山大、岡山

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:焦電性結晶による低線量中性子源の可能性

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第64回応用物理学会春季学術講演会

    開催場所:パシフィコ横浜、横浜

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:焦電性結晶によるX線イメージングの可能性

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本原子力学会

    役職・役割名:大会実行委員

    活動期間:2018年09月

    活動内容:2018年秋の岡山大会現地委員
    庶務担当、会場監督

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:在宅医療用可搬型X線撮影装置の実用化に向けた研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:在宅医療において、早期発見、早期治療のためのX線診断は欠かせない。しかし、X線撮影装置はポータブル型のものでさえ大がかりになるため、家屋等でのX線撮影は困難を伴う。本研究では、従来とは全く異なる原理により、X線撮影装置を大幅に小型化することによって、AEDのように持ち運びが可能で、撮影場所を選ばない、在宅医療、救急医療等において撮影可能な可搬型X線撮影装置を試作し、実用化を目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:在宅医療用可搬型X線撮影装置の実用化に向けた研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:在宅医療において、早期発見、早期治療のためのX線診断は欠かせない。しかし、X線撮影装置はポータブル型のものでさえ大がかりになるため、家屋等でのX線撮影は困難を伴う。本研究では、従来とは全く異なる原理により、X線撮影装置を大幅に小型化することによって、AEDのように持ち運びが可能で、撮影場所を選ばない、在宅医療、救急医療等において撮影可能な可搬型X線撮影装置を試作し、実用化を目指す。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:がんに関する研究・研修助成金

    研究題目:岡山県健康づくり財団 BNCTのための小型中性子源の開発

    研究期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:地方自治体

    研究内容: 近年、新しいがんの治療方法としてホウ素中性子捕捉療法(BNCT)が注目されている。この方法では、がん細胞にホウ素(10B)を取り込ませ、中性子を照射することで10B(n, 4He)7Li反応によってがん細胞を死滅させる。4He、7Liは細胞内部で粒子線として作用し、がん細胞だけを選択的に死滅させるため、正常細胞への悪影響を最小限にすることができる。従来は、中性子の照射には原子炉を用いてきたが、近年では、加速器による中性子照射に移行している。しかし、加速器は、なお大型であるため、使用できる施設は限られている。多くの医療機関に普及させるためには、中性子源のさらなる小型化が必要である。我々はこれまで、焦電性結晶による放射線源の小型化について研究してきており、焦電性結晶を使用すると、X線、電子線、粒子線、中性子線を発生させることが可能なことがわかっている。本研究では、焦電性結晶を用いて中性子源を劇的に小型化し、デスクトップ型のBNCT用中性子源の作製を目指す。

  • 資金名称:がんに関する研究・研修助成金

    研究題目:岡山県健康づくり財団がんの治療のための超小型放射線源の開発

    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:地方自治体

    研究内容:従来、がんの治療では主にリニアックが使用されている。また、粒子線治療ではシンクロトロン、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)では、原子炉や専用加速器が使用され、いずれの装置も大型で、限られた一部の施設でしか実現できない。このように、高エネルギーのX線、電子線、粒子線、中性子線を発生させるためには、大型装置が必要となる。一方で、新しい放射線の発生方法として、焦電性結晶を使用する方法がある。これは最初にX線の発生が確認され、その後、電子線、粒子線、さらには中性子線の発生が確認された。すなわち、がんの治療で使用する全ての放射線が焦電性結晶により発生可能であることが示されている。焦電性結晶を使用すれば、非常に小型化された放射線源を作製することができる。本研究では、デスクトップサイズでありながら、X線、電子線、粒子線、中性子線等、あらゆる種類の放射線が発生可能で、しかも、従来の大型装置と同等の性能を持つ小型放射線源の開発を目指す。

 

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立倉敷南高等学校

    実施日時,時間数:平成29年10月3日(火)14:10~16:15

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    他機関名:龍谷大学

    活動内容:特別講義「移動体通信デバイスのX線源への応用」

  • 年度:2016年度

    他機関名:龍谷大学

    活動内容:特別講義「移動体通信デバイスのX線源への応用」

  • 年度:2015年度

    他機関名:龍谷大学

    活動内容:特別講義「移動体通信デバイスのX線源への応用」

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究センター 光・放射線情報解析部門鹿田施設運営会議

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究センター 光・放射線情報解析部門鹿田施設運営会議

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究センター 光・放射線情報解析部門鹿田施設運営会議

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究センター 光・放射線情報解析部門鹿田施設運営会議

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究センター 光・放射線情報解析部門鹿田施設運営会議

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:教務委員会(大学院)

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:教務委員会(大学院)

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:教務委員会(大学院)

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    役職:その他

    貢献の実績:ルミネスバッジ管理
    放射線業務従事者管理

  • 年度:2018年度

    役職:その他

    貢献の実績:図書委員

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    貢献の実績:図書委員

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    貢献の実績:ルミネスバッジ管理
    放射線業務従事者管理

  • 年度:2016年度

    役職:その他

    貢献の実績:図書委員

全件表示 >>