職名 【 表示 / 非表示

講師

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:頚動脈プラークイメージングと病理像との対比

    研究課題概要:

  • 研究課題名:脳血管攣縮の病態解明

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Assessment of the difference in posterior circulation involvement between pediatric and adult patients with moyamoya disease

    掲載誌名:J Neurosurg119巻 4号 (頁 961 ~ 965)

    発行年月:2013年10月

    著者氏名(共著者含):Hishikawa T, Tokunaga K, Sugiu K, Date I

  • 論文題目名:Long-term outcomes in adult patients with ischemic-type moyamoya disease involving posterior circulation

    掲載誌名:Acta Neurochirurgica (Wien)156巻 (頁 1745 ~ 1751)

    発行年月:2014年09月

    著者氏名(共著者含):Hishikawa T, Tokunaga K, Sugiu K, Date I

  • 会議名称:第34回日本脳神経外科コングレス総会

    開催期間:2014年05月

    題目又はセッション名:もやもや病の病態解析

    発表形態:シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)

    発表者名(共同発表者含):菱川朋人、平松匡文、徳永浩司、杉生憲志、伊達 勲

 

写真

氏名

菱川 朋人 (ヒシカワ トモヒト)

HISHIKAWA Tomohito

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

講師

性別

男性

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:脳神経外科学 (Cerebral neurosurgery)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:2008年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2018年04月 ~ 継続中

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:頚動脈プラークイメージングと病理像との対比

    キーワード:頚動脈プラーク

    研究態様:個人研究

    研究制度:脳科学研究

    研究期間:2006年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):脳神経外科学

    専門分野(researchmap分類):循環系の疾患

  • 研究課題名:脳血管攣縮の病態解明

    キーワード:脳血管攣縮

    研究態様:個人研究

    研究制度:脳科学研究

    研究期間:2001年12月 ~ 2004年04月

    専門分野(科研費分類):脳神経外科学

    専門分野(researchmap分類):神経系の疾患

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Comparison between spinal dural arteriovenous fistula and spinal epidural arteriovenous fistula ( Comparison between spinal dural arteriovenous fistula and spinal epidural arteriovenous fistula)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Neuroendovascular Therapy ( Journal of Neuroendovascular Therapy) 13巻 3号 (頁 114 ~ 119)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Hiramatsu M, Sugiu K, Yasuhara T, Hishikawa T, Nishihiro S, Kidani N, Takahashi Y, Murai S, Date I ( Hiramatsu M, Sugiu K, Yasuhara T, Hishikawa T, Nishihiro S, Kidani N, Takahashi Y, Murai S, Date I)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:未破裂脳動脈瘤の自然歴─最新の知識と臨床判断へのフィードバック─

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:脳神経外科ジャーナル28巻 3号 (頁 120 ~ 126)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):菱川朋人、平松匡文、杉生憲志、伊達 勲

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Anti-high mobility group box 1 antibody therapy may prevent cognitive dysfunction after traumatic brain injury ( Anti-high mobility group box 1 antibody therapy may prevent cognitive dysfunction after traumatic brain injury)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:World Neurosurgery ( World Neurosurgery) 122巻 (頁 e864 ~ e871)

    発行年月:2019年02月

    著者氏名(共著者含):Okuma Y, Wake H , Teshigawara K, Takahashi Y, Hishikawa T , Yasuhara T, Mori S, Takahashi HK, Date I, Nishibori M ( Okuma Y, Wake H , Teshigawara K, Takahashi Y, Hishikawa T , Yasuhara T, Mori S, Takahashi HK, Date I, Nishibori M)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Endovascular treatment for unruptured aneurysm associated with persistent primitive trigeminal artery: a care report and literature review ( Endovascular treatment for unruptured aneurysm associated with persistent primitive trigeminal artery: a care report and literature review)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Neurochirurgica (Wien) ( Acta Neurochirurgica (Wien)) 161巻 2号 (頁 407 ~ 411)

    発行年月:2019年02月

    著者氏名(共著者含):Murai S, Sugiu K, Hishikawa T, Hiramatsu M, Nishihiro S, Takahashi Y, Date I ( Murai S, Sugiu K, Hishikawa T, Hiramatsu M, Nishihiro S, Takahashi Y, Date I)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Ex vivo release of pipeline embolization device polytetrafluoroethylene sleeves: a technical note ( Ex vivo release of pipeline embolization device polytetrafluoroethylene sleeves: a technical note)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Neuroendovascular Therapy ( Journal of Neuroendovascular Therapy) 12巻 9号 (頁 463 ~ 468)

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):Takahashi Y, Sugiu K, Haruma J, Murai S, Kidani N, Nishihiro S, Hiramatsu M, Hishikawa T, Date I ( Takahashi Y, Sugiu K, Haruma J, Murai S, Kidani N, Nishihiro S, Hiramatsu M, Hishikawa T, Date I)

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:未破裂脳動脈瘤の自然歴─最新の知識と臨床判断へのフィードバック─

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:脳神経外科ジャーナル28巻 3号 (頁 120 ~ 126)

    出版機関名:

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):菱川朋人、平松匡文、杉生憲志、伊達 勲

    共著区分:共著

  • 題目:くも膜下出血後脳血管攣縮に対する治療の現況

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:医学のあゆみ267巻 7号 (頁 534 ~ 535)

    出版機関名:

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):菱川朋人

    共著区分:単著

  • 題目:dAVFの治療─横S状静脈洞部─.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clinical Neuroscience35巻 10号 (頁 1222 ~ 1225)

    出版機関名:

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):平松匡文、菱川朋人、杉生憲志

    共著区分:共著

  • 題目:リハビリテーションが神経保護・神経新生を増幅する.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:脳卒中39巻 5号 (頁 396 ~ 399)

    出版機関名:

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):安原隆雄、亀田雅博、菱川朋人、伊達 勲

    共著区分:共著

  • 題目:急性期脳梗塞の血管内治療最前線.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本内科学会雑誌106巻 8号 (頁 1646 ~ 1651)

    出版機関名:

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):杉生憲志、平松匡文、菱川朋人、伊達 勲

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:小児疾患の診断治療基準─第5版─

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:東京医学社

    発行日:2018年11月

    著者名:菱川朋人

    著書形態:共著

    担当部分:非外傷性頭蓋内出血─疾患 XVII. 神経・筋疾患─

  • 著書名:完全版 脳血管内治療学─病態・治療法の本質的理解と臨床・研究発展のために─

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メディカ出版

    発行日:2018年10月

    著者名:菱川朋人

    著書形態:共著

    担当部分:止血①Angioseal、その他─治療技術学 治療に必要な技術革新と新治験 reconstruction─

  • 著書名:第32回微小脳神経外科解剖研究会 講演集

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:メッド

    発行日:2018年10月

    著者名:安原隆雄、黒住和彦、亀田雅博、菱川朋人、大野充昭、武田吉正、小見山高明、大杉博幸、大塚愛二、伊達 勲

    著書形態:共著

    担当部分:微小脳神経外科解剖をリアルに理解する─臨床応用解剖の意義─

  • 著書名:第32回微小脳神経外科解剖研究会 講演集

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:メッド

    発行日:2018年10月

    著者名:菱川朋人、平松匡文、杉生憲志、伊達 勲

    著書形態:共著

    担当部分:脳動脈瘤と動眼神経

  • 著書名:Hybrid Neurosurgeonのための疾患別臨床脳血管解剖テキスト─脳神経外科速報 2018年増刊─

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メディカ出版

    発行日:2018年09月

    著者名:菱川朋人

    著書形態:共著

    担当部分:Acomの開頭手術─脳動脈瘤 Acom─

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第32回日本老年脳神経外科学会

    開催場所:久留米

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:75歳以上の内頚動脈海綿静脈洞部脳動脈瘤に対する治療─Flow diverter (FD) 導入前後の変遷─

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第35回スパズム・シンポジウム:STROKE 2019

    開催場所:横浜

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:岡山大学における脳血管攣縮に対する薬物療法と髄液管理の治療成績

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第48回日本脳卒中の外科学会学術集会:STROKE 2019

    開催場所:横浜

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:動脈瘤゛バルーン派゛術者によるバルーンリモデリングテクニックとステントアシストテクニックの治療成績

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第48回日本脳卒中の外科学会学術集会:STROKE 2019

    開催場所:横浜

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:High resolution cone-beam CTによる、非嚢状椎骨動脈瘤の術前評価

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第48回日本脳卒中の外科学会学術集会:STROKE 2019

    開催場所:横浜

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:運動野直接刺激の測定頻度を増やしたPrecise MEP monitoring

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:岡山医学会賞 胸部・循環研究奨励賞(砂田賞)

    受賞区分:その他の賞

    受賞年月:2015年06月06日

    受賞国:日本国

    授与機関:岡山医学会

    受賞者・受賞グループ名:菱川朋人

    題目名:Assessment of the difference in posterior circulation involvement between pediatric and adult patients with moyamoya disease

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:その他

    開催日:2016年06月

    講座等名:平成28年度第1回在宅難病患者支援者研修会

    講義題名:もやもや病の現状と展望

    主催者:岡山県難病医療連絡協議会

    開催地,会場:サン・ピーチOKAYAMA(岡山市)

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    治験,臨床研究の実績:(臨床研究)高齢者における未破裂脳動脈瘤外科治療危険因子の前方視的解析研究:研究分担者
    (臨床研究)未破裂大型近位部内頚動脈瘤の治療法に関する全国実態調査:研究分担者
    (観察研究:早期承認)内頚動脈後交通動脈分岐部瘤に対する後交通動脈を温存した塞栓術後の再発リスク:研究分担者
    (観察研究:早期承認)脳動脈瘤クリッピング手術における一時遮断の許容時間に関する研究:研究分担者
    (観察研究:迅速審査)脊髄硬膜動静脈瘻と脊髄硬膜外動静脈瘻の比較:研究分担者
    (観察研究:迅速審査)一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND):研究分担者
    (観察研究:迅速審査)救急現場の治療に利活用可能な次世代型PHR環境の構築に関する研究:研究分担者
    (観察研究:迅速審査)Flow diverter時代の大型/巨大内頚動脈海綿静脈洞部未破裂脳動脈瘤に対するIC ligationの有効性の検討:研究分担者

  • 年度:2016年度

    治験,臨床研究の実績:(臨床研究)ステント支援脳動脈瘤治療における二剤抗血小板薬投与の効果と安全性に関する多施設共同ランダム化比較試験(DAPTS ACE)2016.10.18承認(研究分担者)
    (臨床研究)ステント支援脳動脈瘤治療における抗血小板薬投与期間の効果と安全性に関する多施設共同登録研究(DAPTS ACE-Registry)2016.10.18承認(研究分担者)
    (観察研究)フローダイバーターの有効性と安全性に関する全国悉皆調査 2016.12.2承認(研究分担者)

  • 年度:2015年度

    治験,臨床研究の実績:(臨床研究等:新規申請分)・過灌流症候群高リスク例に対する頚動脈ステント留置術に関する後ろ向き研究(STOP CHS)
    ・ウィングスパンステントシステム市販後調査に基づく頭蓋内動脈硬化症に対する経皮的血管形成術/ステント留置術に関する前向き観察研究(WICAD)
    ・頭蓋内動脈硬化症に対する経皮的血管形成術に関する前向き観察研究(AICAD)
    ・片側もやもや病の進行と遺伝的要因に関する患者登録研究