職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

内分泌学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:内分泌における細胞局所因子の役割

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Regulatory role of BMP-9 in steroidogenesis by rat ovarian granulosa cells.

    掲載誌名:J Steroid Biochem Mol Biol147C巻 (頁 85 ~ 91)

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):Hosoya T, Otsuka F, Nakamura E, Terasaka T, Inagaki K, Tsukamoto-Yamauchi N, Hara T, Toma K, Komatsubara M, Makino H

  • 論文題目名:Melatonin counteracts BMP-6 regulation of steroidogenesis by rat granulosa cells.

    掲載誌名:J Steroid Biochem Mol Biol143巻 (頁 233 ~ 239)

    発行年月:2014年09月

    著者氏名(共著者含):Nakamura E, Otsuka F, Terasaka T, Inagaki K, Hosoya T, Tsukamoto-Yamauchi N, Toma K, Makino H

  • 論文題目名:Mutual interaction of kisspeptin, estrogen and bone morphogenetic protein-4 activity in GnRH regulation by GT1-7 cells.

    掲載誌名:Mol Cell Endocrinol381巻 1-2号 (頁 8 ~ 15)

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含):Terasaka T, Otsuka F, Tsukamoto N, Nakamura E, Inagaki K, Toma K, Ogura-Ochi K, Glidewell-Kenney C, Lawson MA, Makino H

 

写真

氏名

稲垣 兼一 (イナガキ ケンイチ)

INAGAKI Kenichi

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)内分泌学

(英)Endocrinology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:内分泌学 (Endocrinology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:2006年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:内分泌における細胞局所因子の役割 (the regulatory role of local growth factors in the classical endocrine system)

    キーワード:骨形成蛋白

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2009年02月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):内分泌学

    専門分野(researchmap分類):内分泌系の医学

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Regulatory role of BMP-9 in steroidogenesis by rat ovarian granulosa cells.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:J Steroid Biochem Mol Biol147C巻 (頁 85 ~ 91)

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):Hosoya T, Otsuka F, Nakamura E, Terasaka T, Inagaki K, Tsukamoto-Yamauchi N, Hara T, Toma K, Komatsubara M, Makino H

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Melatonin counteracts BMP-6 regulation of steroidogenesis by rat granulosa cells.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:J Steroid Biochem Mol Biol143巻 (頁 233 ~ 239)

    発行年月:2014年09月

    著者氏名(共著者含):Nakamura E, Otsuka F, Terasaka T, Inagaki K, Hosoya T, Tsukamoto-Yamauchi N, Toma K, Makino H

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Mutual interaction of kisspeptin, estrogen and bone morphogenetic protein-4 activity in GnRH regulation by GT1-7 cells.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Mol Cell Endocrinol381巻 1-2号 (頁 8 ~ 15)

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含):Terasaka T, Otsuka F, Tsukamoto N, Nakamura E, Inagaki K, Toma K, Ogura-Ochi K, Glidewell-Kenney C, Lawson MA, Makino H

    共著区分:共著

  • 論文題目名:バセドウ病加療中にT3偽高値が明らかとなった一例.

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:日本内分泌学会雑誌94巻 Suppl号 (頁 23 ~ 25)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):当真貴志雄、稲垣兼一、森本栄作、西山悠紀、藤沢 諭、小松原基志、原 孝行、細谷武史、越智可奈子、山内尚子、和田 淳、糸島浩一、大塚文男

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Incretins modulate progesterone biosynthesis by regulating bone morphogenetic protein activity in rat granulosa cells.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:J Steroid Biochem Mol Biol178巻 (頁 82 ~ 88)

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):Nishiyama Y, Hasegawa T, Fujita S, Iwata N, Nagao S, Hosoya T, Inagaki K, Wada J, Otsuka F.

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:電解質異常(ナトリウム)の補正の仕方を教えて下さい.

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:岡山医学会雑誌130巻 3号

    出版機関名:

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):稲垣兼一

    共著区分:単著