所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

医学部・医学科・産科婦人科学

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

産婦人科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

産婦人科学 分子生物学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:胎生期プログラミングによるメタボリック症候群発症ハイリスク群バイオマーカーの検討

    研究課題概要:母体肥満は妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群や胎児過剰発育をもたらすだけでなく,児成長後のメタボリック症候群(MS)発症リスクを増加させる。MS発症抑制には様々な対策が講じられているが不十分であり,一歩進めた胎児・新生児期からの ハイリスク群の同定,早期介入などの先制医療が重要と考えられる。本研究では,高脂肪食飼育妊娠マウスを用いて,母体肥満,耐糖能異常下の子宮内環境が出生仔成長後のMS発症に関与するメカニズムを糖・脂質関連代謝エピゲノムへの影響から検討したところ、アディポサイトカイ ン遺伝子のヒストン修飾にエピゲノム変化を認め、複数世代にわたりこの変化は保たれ、またMSを発症しやすかった。

  • 研究課題名:核内受容体PXRを標的とした卵巣癌抗癌剤耐性克服への分子内分泌学的治療戦略

  • 研究課題名:周産期における新しいエストロゲン受容体の役割

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:The effects of high-fat diet exposure in utero on the obesogenic and diabetogenic traits through epigenetic changes in Adiponectin and Leptin gene expression for multiple generations in female mice.

    掲載誌名:Endocrinology156巻 7号 (頁 2482 ~ 2491)

    発行年月:2015年07月

    著者氏名(共著者含):H. Masuyama, T. Mitsui, E. Nobumoto, Y. Hiramatsu

  • 論文題目名:Effects of a high-fat diet exposure in utero on the metabolic syndrome-like phenomenon in mouse offspring through epigenetic changes in adipocytokine gene expression.

    掲載誌名:Endocrinology153巻 6号 (頁 2823 ~ 2830)

    発行年月:2012年06月

    著者氏名(共著者含):Masuyama H and Hiramatsu Y

  • 論文題目名:The inhibition of constitutive androstane receptor-mediated pathway enhances the effects of anticancer agents in ovarian cancer cells.

    掲載誌名:Biochemical Pharmacology90巻 4号 (頁 356 ~ 366)

    発行年月:2014年08月

    著者氏名(共著者含):Wang Y, Masuyama H, Nobumoto E, Zhang G and Hiramatsu Y

 

写真

氏名

増山 寿 (マスヤマ ヒサシ)

MASUYAMA Hisashi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)産婦人科学 分子生物学

(英)Obstetrics and Gynecology,Molecular Biology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:医学科

    卒業年月:1987年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医学研究科

    専攻名:産科婦人科学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1995年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士

    学位の分野名:産婦人科学 (Obstetrics and gynecology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2017年07月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2008年12月 ~ 2017年06月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:ケースウエスタンリザーブ大学

    経歴名:文部科学省在外研究員

    経歴期間:2000年11月 ~ 2001年01月

  • 所属(勤務)先:セントルイス大学

    経歴名:研究員

    経歴期間:1995年07月 ~ 1997年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会 /  日本国 ( 1987年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:代議員、中央専門医制度委員会委員、広報委員会委員、教育委員会委員、コンプライアンス委員会委員、第64回日本産科婦人科学会学術講演会プログラム委員会委員長、第65回日本産科婦人科学会学術講演会プログラム委員会委員、第69回日本産科婦人科学会学術講演会プログラム委員会委員

    活動期間:2007年04月 ~ 継続中

  • 日本周産期・新生児学会 /  日本国 ( 1998年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員、会員

    活動期間:1998年04月 ~ 継続中

  • 日本内分泌学会 /  日本国 ( 2000年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2000年04月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本臨床栄養学会 /  日本国 ( 2000年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2009年11月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 2000-

  • 米国内分泌学会 (Endocrine Society)  /  アメリカ合衆国 ( 1998年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:会員

    活動期間:1998年04月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学 (Obstetrics and gynecology)

  • 分子生物学 (Molecular biology)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本産科婦人科学会専門医

  • 日本女性医学会専門医

  • 日本女性医学会暫定指導医

  • 日本がん治療認定医機構 認定医

全件表示 >>

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:胎生期プログラミングによるメタボリック症候群発症ハイリスク群バイオマーカーの検討

    キーワード:胎生期プログラミング

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):産婦人科学

    専門分野(researchmap分類):婦人科学,産科学

  • 研究課題名:核内受容体PXRを標的とした卵巣癌抗癌剤耐性克服への分子内分泌学的治療戦略

    キーワード:卵巣癌、核内受容体、薬物耐性

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):産婦人科学 、分子生物学

    専門分野(researchmap分類):女性生殖器と胎児の腫よう 、婦人科学,産科学

  • 研究課題名:周産期における新しいエストロゲン受容体の役割 (The Role of novel estrogen receptor (ER-β) in the Perinatal Period)

    キーワード:エストロゲン受容体,周産期 (Estrogen Receptor,Perinatal Period)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):産婦人科学 、分子生物学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:新しいステロイド代謝調節機構の解明 (The study on Novel Regulation System in the Steroid Metabolism)

    キーワード:ステロイドホルモン受容体,ステロイド代謝 (Steroid Hormone Receptor,Steroid Metabolism)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):分子生物学 、内分泌学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:内分泌撹乱物質いわゆる環境ホルモンの周産期への影響とその作用機序の解明 (The Effect of Endocrine Disrupting Chemicals on Perinatal Period)

    キーワード:内分泌撹乱物質,周産期 (Endocrine Disrupting Chemical,Perinatal Period)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):産婦人科学 、内分泌学 、分子生物学

    専門分野(researchmap分類):

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 母体保護法指定医師研修会  ( 2016年05月 )

  • 緩和ケア研修会  ( 2016年01月 )

  • 母体保護法指定医師研修会  ( 2015年05月 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:病態機構学総論

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:産科・婦人科学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:産科・婦人科学II(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:産科・婦人科学I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:産科・婦人科学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    講義終了時および試験後にアンケートをとり,講義内容,試験レベルなどの問題点を翌年の講義の改善,試験作成に活用している.医学部の授業では医師国家試験の問題を検討し,授業内容の中に取り入れている.臨床実習中のミニレクチャーでは医学部学生の希望を取り入れたテーマで講義を行っている。大学院博士課程、修士課程での研究方法論の講義を担当し、更に研究成果発表にコメンテーターとして参加し、他の講座の研究状況を参考にして大学院生の指導の改善を図っている。更に学位審査も副査として担当している。

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 0人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 6人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 2人 、(うち留学生数): 0人

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:最優秀演題賞

    受賞年月:2016年09月

    授与機関:日本ALSOーJapan学術集会

  • 賞名:最優秀演題賞

    受賞年月:2016年09月

    授与機関:日本産科婦人科栄養代謝研究会

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:NEW産婦人科学 (南江堂)
    HANDBOOK臨床産婦人科 (金芳堂)
    産科手術 (メディカルビュー社)
    機能温存の手術 (メディカルビュー社)

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    学生活動支援の種類:就職支援

    学生活動支援:臨床実習指導
    産婦人科サマーキャンプ、スプリングフォーラムへの参加支援
    初期研修先選択支援

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    現在の産婦人科、周産期医療の崩壊の危機を乗り越えるため講義、臨床実習などを通して産婦人科や周産期医療に興味を抱く学生をなるべく増やすように努力している。

  • 年度:2017年度

    現在の産婦人科、周産期医療の崩壊の危機を乗り越えるため講義、臨床実習などを通して産婦人科や周産期医療に興味を抱く学生をなるべく増やすように努力している。

  • 年度:2015年度

    現在の産婦人科、周産期医療の危機を乗り越えるため講義、臨床実習などを通して産婦人科や周産期医療に興味を抱く学生をなるべく増やすように努力している。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:婦人科がんサバイバーは健康的な生活を心掛けているーライフスタイル変化についてのアンケート調査結果よりー.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本婦人科腫瘍学会雑誌36巻 4号 (頁 692 ~ 701)

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):中村圭一郎、原賀順子、西田 傑、依田尚之、西條昌之、小川千加子、楠本知行、増山 寿

    共著区分:共著

  • 論文題目名:The influence of chemotherapy-induced peripheral neuropathy on quality of life of gynecologic cancer survivors.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Int J Gynecol Cancer28巻 7号 (頁 1394 ~ 1402)

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):Matsuoka H, Nakamura K, Matsubara Y, Ida N, Saijo M, Ogawa C, Masuyama H

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Upregulation of angiogenic factors via protein kinase C and hypoxia-induced factor-1α Pathways under High-glucose Conditions in the Placenta.

    記述言語:英語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:Acta Med Okayama72巻 4号 (頁 359 ~ 367)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):Mitsui T, Tani K, Maki J, Eguchi T, Tamada S, Eto E, Hayata K, Masuyama H

    共著区分:共著

  • 論文題目名:GDM既往女性のフォローアップ率の低さに対する対策ー当院の改革ー.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:糖尿病と妊娠18巻 2号 (頁 29 ~ 32)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):牧 尉太、衛藤英理子、平松祐司、増山 寿

    共著区分:共著

  • 論文題目名:特集 産婦が意識消失、どう対応する?07 母体急変対応.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ペリネイタルケア37巻 7号 (頁 652 ~ 656)

    発行年月:2018年07月

    著者氏名(共著者含):牧 尉太、増山 寿

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:特集 最新知識Update 02 妊婦の栄養・代謝の生化学.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ペリネイタルケア37巻 10号 (頁 914 ~ 918)

    出版機関名:

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):増山 寿

    共著区分:単著

  • 題目:妊娠糖尿病.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:おかやまDMネットジャーナル12号 (頁 6)

    出版機関名:

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):増山 寿

    共著区分:単著

  • 題目:周産期疾患と生活習慣病.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:徳島産婦人科医報51号 (頁 6 ~ 7)

    出版機関名:

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):増山 寿

    共著区分:単著

  • 題目:15.インスリン・インスリン抵抗性.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:産科と婦人科85巻 7号 (頁 826 ~ 833)

    出版機関名:

    発行年月:2018年07月

    著者氏名(共著者含):増山 寿

    共著区分:単著

  • 題目:血栓症:術後管理.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:産婦人科手術29号 (頁 105 ~ 108)

    出版機関名:

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):関 典子、平松祐司、小西郁生、正岡直樹、増山 寿、寺尾泰久、田中京子

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:改訂第2版 妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2018年12月

    著者名:増山 寿

    著書形態:共著

    担当部分:Ⅳ-9 産後の管理 妊娠糖尿病があったらどれくらいの割合で将来糖尿病になるのですか?

  • 著書名:改訂第2版 妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2018年12月

    著者名:増山 寿

    著書形態:共著

    担当部分:Ⅳ-10 産後の管理 妊娠糖尿病患者が次回妊娠で妊娠糖尿病を繰り返す頻度は?

  • 著書名:IPSJ SIG Technical Report(情報処理学会研究報告)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:情報処理学会

    発行日:2017年11月

    著者名:牧 尉太、山下範之、伊野英男、増山 寿

    著書形態:共著

    担当部分:緊急搬送を要する妊婦の情報共有における効果的・効率的なシステムの構築および検証について.

  • 著書名:IPSJ SIG Technical Report(情報処理学会研究報告)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:情報処理学会

    発行日:2017年11月

    著者名:牧 尉太、山下範之、伊野英男、増山 寿

    著書形態:共著

    担当部分:緊急搬送を要する妊婦の情報共有における効果的・効率的なシステムの構築および検証について.

  • 著書名:改訂第2版 産婦人科手術スタンダード

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2017年03月

    著者名:増山 寿、平松祐司

    著書形態:共著

    担当部分:帝王切開術[2].

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:日本産科婦人科栄養代謝研究会誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Case Reports in Obstetrics and Gynecology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:日本産科婦人科栄養代謝研究会誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:日本産科婦人科栄養代謝研究会誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Case Reports in Obstetrics and Gynecology

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Endocrinology

  • 年度:2018年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Journal of Obstetrics and Gynecological Research

  • 年度:2018年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism

  • 年度:2017年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Endocrinology

  • 年度:2017年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第33回日本生殖免疫学会総会・学術集会

    開催場所:日本医科大学 千駄木校舎

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:胎児発育不全児の分娩既往のある女性における不育症のリスク因子

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第34回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会

    開催場所:パシフィコ横浜 アネックスホール

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:リアルタイムCGMを用いた陣痛発来後から産褥早期までの血糖動態の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第34回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会

    開催場所:パシフィコ横浜 アネックスホール

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:糖尿病合併妊婦と妊娠糖尿病妊婦の妊娠経過に伴う安静時代謝量の変化

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第43回岡山産科婦人科学会総会ならびに学術講演会

    開催場所:岡山県医師会館 三木記念ホール

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:卵管間質部妊娠の2例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第43回岡山産科婦人科学会総会ならびに学術講演会

    開催場所:岡山県医師会館 三木記念ホール

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:婦人科がんサバイバーにおける化学療法誘発性末梢神経障害のQOLに対する影響の検討

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

    役職・役割名:代議員、座長、運営委員会委員、中央専門医制度委員会委員、プログラム委員会委員長、委員

    活動期間:2011年04月 ~ 継続中

  • 日本産科婦人科学会

    役職・役割名:代議員、座長、教育委員会委員、中央専門医制度委員会委員、プログラム委員会委員長、委員

    活動期間:2011年04月 ~ 継続中

  • 日本産科婦人科学会

    役職・役割名:代議員、座長、教育委員会委員、中央専門医制度委員会委員、プログラム委員会委員長、委員

    活動期間:2011年04月 ~ 継続中

  • 日本産科婦人科学会

    役職・役割名:代議員、座長、幹事、広報委員会委員、コンプライアンス委員会委員、教育委員会委員、中央専門医制度委員会委員、プログラム委員会委員長、委員

    活動期間:2011年04月 ~ 継続中

  • 日本産科婦人科学会

    役職・役割名:代議員、座長、幹事、広報委員会委員、コンプライアンス委員会委員、教育委員会委員、中央専門医制度委員会委員、プログラム委員会委員長、委員

    活動期間:2011年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:米国内分泌学会奨励賞(The Endocrine Society Young Investigator Award)

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:2001年04月

    受賞国:アメリカ合衆国

    授与機関:Ebdocrine Society

    受賞者・受賞グループ名:増山 寿

  • 受賞学術賞名:若手研究者賞(Young Investigater Award)

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:1997年04月

    受賞国:フランス共和国

    授与機関:Vitamin D workshop

    受賞者・受賞グループ名:増山 寿

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:胎生期プログラミングによるメタボリック症候群発症ハイリスク群バイオマーカーの検討

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:母体肥満は妊娠糖尿病(GDM)や妊娠高血圧症候群(PIH)といった妊娠合併症や胎児過剰発育をもたらすだけでなく,児成長後のメタボリック症候群(MS)発症リスクを増加させることが知られている。MS 発症抑制には予防医学として様々な対策が講じられているが効果は不十分であり,更に一歩進めた胎児・新生児期からのハイリスク群の同定,早期介入などの先制医療が重要と考えられている。
    本研究では,母体肥満子宮内環境による胎生期プログラミングを介した代謝エピゲノムへの影響の視点から世代を超えて発症するメカニズムを検討し,MS 発症ハイリスク群の同定,介入効果判定のためのバイオマーカーを検索,開発し,臨床応用の可能性を検討し先制医療実践に向けたコホート研究への基礎的研究を行うことを目的としている。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:胎生期プログラミングによるメタボリック症候群発症ハイリスク群バイオマーカーの検討

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:母体肥満は妊娠糖尿病(GDM)や妊娠高血圧症候群(PIH)といった妊娠合併症や胎児過剰発育をもたらすだけでなく,児成長後のメタボリック症候群(MS)発症リスクを増加させることが知られている。MS 発症抑制には予防医学として様々な対策が講じられているが効果は不十分であり,更に一歩進めた胎児・新生児期からのハイリスク群の同定,早期介入などの先制医療が重要と考えられている。
    本研究では,母体肥満子宮内環境による胎生期プログラミングを介した代謝エピゲノムへの影響の視点から世代を超えて発症するメカニズムを検討し,MS 発症ハイリスク群の同定,介入効果判定のためのバイオマーカーを検索,開発し,臨床応用の可能性を検討し先制医療実践に向けたコホート研究への基礎的研究を行うことを目的としている。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:子宮内環境の世代を超えたメタボリック症候群発症への関与と新たな治療標的の検討

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:母体の肥満は妊娠糖尿病(GDM)や妊娠高血圧症候群(PIH)といった妊娠合併症や胎児過剰発育をもたらすだけでなく,児が成長した後の肥満,メタボリック症候群(MS)や糖尿病の発症リスクを増加させることが知られている。
    本研究では,母体肥満・耐糖能異常下の子宮内環境により肥満や耐糖能関連遺伝素因が世代を超えて伝わるメカニズムを特に代謝エピゲノムの点から解明し,更に抗肥満・抗糖尿病受容体Constitutive Androstane Receptor (CAR)を標的とした治療法の可能性を示し,新たな治療戦略の開発へと進めていくことを目的としている。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:子宮内環境の世代を超えたメタボリック症候群発症への関与と新たな治療標的の検討

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:母体の肥満は妊娠糖尿病(GDM)や妊娠高血圧症候群(PIH)といった妊娠合併症や胎児過剰発育をもたらすだけでなく,児が成長した後の肥満,メタボリック症候群(MS)や糖尿病の発症リスクを増加させることが知られている。
    本研究では,母体肥満・耐糖能異常下の子宮内環境により肥満や耐糖能関連遺伝素因が世代を超えて伝わるメカニズムを特に代謝エピゲノムの点から解明し,更に抗肥満・抗糖尿病受容体Constitutive Androstane Receptor (CAR)を標的とした治療法の可能性を示し,新たな治療戦略の開発へと進めていくことを目的としている。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:子宮内環境の世代を超えたメタボリック症候群発症への関与と新たな治療標的の検討

    研究期間:2013年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:母体の肥満は妊娠糖尿病(GDM)や妊娠高血圧症候群(PIH)といった妊娠合併症や胎児過剰発育をもたらすだけでなく,児が成長した後の肥満,メタボリック症候群(MS)や糖尿病の発症リスクを増加させることが知られている。
    本研究では,母体肥満・耐糖能異常下の子宮内環境により肥満や耐糖能関連遺伝素因が世代を超えて伝わるメカニズムを特に代謝エピゲノムの点から解明し,更に抗肥満・抗糖尿病受容体Constitutive Androstane Receptor (CAR)を標的とした治療法の可能性を示し,新たな治療戦略の開発へと進めていくことを目的としている。

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:妊娠高血圧腎症の疑いがあるアジア人妊婦の妊娠高血圧腎症/子癇/HELLP 症候群の短期予後予測を検証する前向き多施設共同二重盲検非介入研究  

    受託研究区分:一般受託研究

    研究期間:2015年07月 ~ 2017年06月

  • 研究題目:妊娠高血圧腎症の疑いがあるアジア人妊婦の妊娠高血圧腎症/子癇/HELLP 症候群の短期予後予測を検証する前向き多施設共同二重盲検非介入研究  

    受託研究区分:一般受託研究

    研究期間:2015年07月 ~ 2017年06月

  • 研究題目:妊娠高血圧腎症の疑いがあるアジア人妊婦の妊娠高血圧腎症/子癇/HELLP 症候群の短期予後予測を検証する前向き多施設共同二重盲検非介入研究  

    受託研究区分:一般受託研究

    研究期間:2015年07月 ~ 2017年06月

産学官連携等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    妊娠高血圧症候群の発症予知に関する研究、超音波検査機器にかんする研究を企業と連携して行っている。

  • 年度:2016年度

    妊娠高血圧症候群の発症予知に関する研究を企業と連携して行っている。

  • 年度:2015年度

    妊娠高血圧症候群の発症予知に関する研究を企業と連携して行っている。

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:300人

    開催日:2018年05月

    講座等名:健康フェスタin Okayama

    講義題名:人生100年時代に

    主催者:岡山大学 山陽新聞社

    対象者:一般市民

    開催地,会場:岡山

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:100人

    開催日:2019年03月

    講座等名:産婦人科市民公開講座

    講義題名:健やかな妊娠と出産のために知っておきたいこと

    主催者:日本産科婦人科学会
    岡山産科婦人科学会
    岡山産婦人科医会

    対象者:一般市民

    開催地,会場:岡山国際交流センター

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:100人

    開催日:2017年10月

    講座等名:市民公開講座

    講義題名:婦人科癌 最新情報

    主催者:福山市民病院

    対象者:一般市民

    開催地,会場:福山

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:100人

    開催日:2016年03月

    講座等名:産婦人科市民公開講座

    講義題名:健やかな妊娠と出産のために知っておきたいこと

    主催者:日本産科婦人科学会
    岡山産科婦人科学会
    岡山産婦人科医会

    対象者:一般市民

    開催地,会場:岡山国際交流センター

生涯学習支援貢献 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    産科婦人科関連の研修会講演 12回

  • 年度:2017年度

    産科婦人科関連の研修会講演 10回

  • 年度:2015年度

    第67回日本産科婦人科学会 平成27年4月9日 於 横浜
    <教育講演>専攻医教育プログラムー出生前診断ー 

    母体保護法指定医師研修会 平成27年5月10日 於 岡山
    <特別講演>出生前診断と生命倫理 

    広島県中部地区産婦人科医会学術講演会 平成27年7月1日 於西条 <特別講演>糖尿病と妊娠 

    二水会 平成28年1月13日 広島
    <特別講演>糖代謝異常と妊娠
     

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    医療活動の実績:岡山大学産科婦人科学教室の教授及び岡山大学病院の診療科長として産婦人科の外来,入院患者の管理を行っている。24時間365日,二次及び三次救急機関として他院からの重症患者や緊急搬送を受け入れている。また医科診療担当副病院長として、病院運営にも携わっている。

    治験,臨床研究の実績:常に複数の薬剤臨床治験を担当している。また他の大学と共同で妊娠高血圧症候群発症予知の臨床研究を行っている。

    医療教育の実績:初期研修,産婦人科専攻医研修及び周産期専門医、婦人科腫瘍専門医研修の指導医として約20名の研修医の指導にあたった。

    医療支援:地域の中核病院である姫路赤十字病院の産婦人科医が不足しており,その要請に応え週一回手術の応援に従事している.

  • 年度:2017年度

    医療活動の実績:岡山大学産科婦人科学教室の教授及び岡山大学病院の診療科長として産婦人科の外来,入院患者の管理を行っている。24時間365日,二次及び三次救急機関として他院からの緊急搬送を受け入れるとともに産科外来を担当し合併症妊婦や胎児異常の周産期管理を行っている.また婦人科悪性腫瘍の手術や化学療法も担当している。年間約200件の手術を行っている.

    治験,臨床研究の実績:常に複数の薬剤臨床治験を担当している。また他の大学と共同で妊娠高血圧症候群発症予知の臨床研究を行っている。

    医療教育の実績:初期研修,産婦人科専攻医研修及び周産期専門医、婦人科腫瘍専門医研修の指導医として約20名の研修医の指導にあたった。

    医療支援:地域の中核病院である姫路赤十字病院の産婦人科医が不足しており,その要請に応え週一回手術の応援に従事している.

  • 年度:2016年度

    医療活動の実績:岡山大学産科婦人科学教室の准教授及び周産期医療の責任者として産婦人科の外来,入院患者の管理を行っている。24時間365日,二次及び三次救急機関として他院からの緊急搬送を受け入れるとともに産科外来を担当し合併症妊婦や胎児異常の周産期管理を行っている.また婦人科悪性腫瘍の手術や化学療法も担当している。年間約200件の手術を行っている.

    治験,臨床研究の実績:常に複数の薬剤臨床治験を担当している。また他の大学と共同で妊娠高血圧症候群発症予知の臨床研究を行っている。
    ノイアートの市販後調査
    帝王切開術後血栓予防
    抗インフルエンザ薬の母児への影響

    医療教育の実績:初期研修,専攻医研修及び周産期専門医研修の指導医として約20名の研修医の指導にあたった。

    医療支援:地域の中核病院である姫路赤十字病院の産婦人科医が不足しており,その要請に応え週一回手術の応援に従事している.

  • 年度:2015年度

    医療活動の実績:岡山大学産科婦人科学教室の准教授及び周産期医療の責任者として産婦人科の外来,入院患者の管理を行っている。24時間365日,二次及び三次救急機関として他院からの緊急搬送を受け入れるとともに産科外来を担当し合併症妊婦や胎児異常の周産期管理を行っている.また婦人科悪性腫瘍の手術や化学療法も担当している。年間約200件の手術を行っている.

    治験,臨床研究の実績:常に複数の薬剤臨床治験を担当している。また他の大学と共同で妊娠高血圧症候群発症予知の臨床研究を行っている。
    ノイアートの市販後調査
    帝王切開術後血栓予防
    抗インフルエンザ薬の母児への影響

    医療教育の実績:初期研修,専攻医研修及び周産期専門医研修の指導医として約20名の研修医の指導にあたった。

    医療支援:地域の中核病院である姫路赤十字病院の産婦人科医が不足しており,その要請に応え週一回手術の応援に従事している.

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:自然科学研究支援センター動物資源部門運営委員会
    医学部共同実験室運営委員会委員

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:研究支援施設である動物実験部門や共同実験室の円滑な運営を図っている

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:自然科学研究支援センター動物資源部門運営委員会
    医学部共同実験室運営委員会委員

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:研究支援施設である動物実験部門や共同実験室の円滑な運営を図っている

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:自然科学研究支援センター動物資源部門運営委員会
    医学部共同実験室運営委員会委員

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:研究支援施設である動物実験部門や共同実験室の円滑な運営を図っている

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:自然科学研究支援センター動物資源部門運営委員会
    医学部共同実験室運営委員会委員

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:研究支援施設である動物実験部門や共同実験室の円滑な運営を図っている

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:自然科学研究支援センター動物資源部門運営委員会
    医学部共同実験室運営委員会委員

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:研究支援施設である動物実験部門や共同実験室の円滑な運営を図っている

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:HIV診療体制ワーキンググループ

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:HIV感染者に対する診療体性の整備と対応

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:救急部連絡会議

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:救急患者に対する診療体制の整備と対応

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:HIV診療体制ワーキンググループ

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:HIV感染者に対する診療体性の整備と対応

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:救急部連絡会議

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:救急患者に対する診療体制の整備と対応

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:HIV診療体制ワーキンググループ

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:HIV感染者に対する診療体性の整備と対応

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:産科婦人科科長および周産母子センター長として責任者として日々の診療に携わり、診療費用請求額が高くまた医療費率が低い診療を行い病院の運営にも貢献している。大学院の准教授として大学院生の増加、研究の指導・促進を図っている。

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:周産母子センターの新設に尽力し、周産母子センターを順調に軌道に乗せた。副センター長、運営の実質的な責任者として日々の診療に携わり、診療費用請求額が高くまた医療費率が低い診療を行い病院の運営にも貢献している。大学院の准教授として大学院生の増加、研究の指導・促進を図っている。

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:周産母子センターの新設に尽力し、周産母子センターを順調に軌道に乗せた。副センター長、運営の実質的な責任者として日々の診療に携わり、診療費用請求額が高くまた医療費率が低い診療を行い病院の運営にも貢献している。大学院の准教授として大学院生の増加、研究の指導・促進を図っている。

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:分野の教授として大学院の増加、教室の研究全般の向上に貢献した。
    研究をとりまとめ、臨床及び基礎研究の促進を図った。
    教室HPを一新し内容を充実させた。

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:分野の教授として大学院の増加、教室の研究全般の向上に貢献した。
    研究をとりまとめ、臨床及び基礎研究の促進を図った。
    教室HPを一新し内容を充実させた。

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:大学院担当として大学院の増加、教室の研究全般の向上に貢献した。
    研究(周産期)グループをとりまとめ、臨床及び基礎研究の促進を図った。
    教室HPの更新に協力し内容を充実させた。

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:大学院担当として大学院の増加、教室の研究全般の向上に貢献した。
    研究(周産期)グループをとりまとめ、臨床及び基礎研究の促進を図った。
    教室HPの更新に協力し内容を充実させた。