職名 【 表示 / 非表示

講師

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

肺移植

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:肺移植後の虚血再還流障害と移植肺生着阻害に関する研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:肺移植後急性拒絶反応の新しい診断方法の確立

  • 研究課題名:呼吸器外科領域における新しい手術手技の開発

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Maintenance of IKKβ activity is necessary to protect lung grafts from acute injury.

    掲載誌名:Transplantation91巻 6号 (頁 624 ~ 631)

    発行年月:2011年03月

    著者氏名(共著者含):Huang HJ, Sugimoto S, Lai J, Okazaki M, Yamamoto S, Krupnick AS, Kreisel D, Gelman AE

  • 論文題目名:Apyrase treatment prevents ischemia-reperfusion injury in rat lung isografts

    掲載誌名:Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery138巻 (頁 752 ~ 759)

    発行年月:2009年09月

    著者氏名(共著者含):Sugimoto S, Lin X, Lai J, Okazaki M, Das NA, Li W, Krupnick AS, Chen R, Jeong SS, Patterson GA, Kreisel D, Gelman AE

  • 論文題目名:Bilateral native lung sparing lobar transplantation in a canine model

    掲載誌名:Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery132巻 (頁 1213 ~ 1218)

    発行年月:2006年11月

    著者氏名(共著者含):Sugimoto S, Date H, Sugimoto R, Aoe M, Sano Y

全件表示 >>

 

写真

氏名

杉本 誠一郎 (スギモト セイイチロウ)

SUGIMOTO Seiichiro

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

講師

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)肺移植

(英)Lung transplantation

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:2007年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:呼吸器外科学 (Thoracic surgery)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2019年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:Washington University in St. Louis School of Medicine

    経歴名:研究員

    経歴期間:2007年04月 ~ 2009年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 共用試験医学系OSCE評価者 /  日本国 ( 2015年09月 ~ 継続中 )

  • 臨床研修指導医 /  日本国 ( 2014年06月 ~ 継続中 )

  • 肺がんCT検診認定機構 /  日本国 ( 2013年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:肺がんCT検診認定医師

    活動期間:2013年04月 ~ 継続中

  • 日本がん治療認定医機構 /  日本国 ( 2013年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:がん治療認定医

    活動期間:2013年04月 ~ 継続中

  • 日本呼吸器学会 /  日本国 ( 2012年08月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:呼吸器専門医

    活動期間:2013年12月 ~ 継続中

全件表示 >>

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:肺移植後の虚血再還流障害と移植肺生着阻害に関する研究

    キーワード:肺移植

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2007年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):胸部外科学

    専門分野(researchmap分類):呼吸器の医学

  • 研究課題名:肺移植後急性拒絶反応の新しい診断方法の確立

    キーワード:肺移植後急性拒絶反応

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):胸部外科学

    専門分野(researchmap分類):呼吸器の医学

  • 研究課題名:呼吸器外科領域における新しい手術手技の開発

    キーワード:手術手技

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2005年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):胸部外科学

    専門分野(researchmap分類):呼吸器の医学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:呼吸器・乳腺内分泌外科学(基本臨床実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:外科総論

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:外科学Ⅱ

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    科目名:歯学部外科学II

    担当期間:2014年10月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:シラバスに記載

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    第2回岡山大学医学部医学科臨床研修指導者講習会 外科系医師のための指導者養成講習会 タスクフォース
    平成27年度第35回共用試験医学系OSCE評価者認定講習会修了(ステーション:基本的臨床手技)

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    博士論文指導学生: 3人

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:Best Clinical Facilitator賞

    受賞年月:2018年04月

    授与機関:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

  • 賞名:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教育功労賞

    受賞年月:2014年01月

    授与機関:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Negative impact of recipient SPRED2 deficiency on transplanted lung in a mouse model

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Transpl Immunol

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Hashimoto K, Yamane M, Sugimoto S, Hirano Y, Kurosaki T, Otani S, Miyoshi K, Ohara T, Okazaki M, Yoshimura T, Oto T, Matsukawa A, Toyooka S

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Prolonged warm ischemia exacerbated acute rejection after lung transplantation from donation after cardiac death in a mouse

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Gen Thorac Cardiovasc Surg

    発行年月:2019年07月

    著者氏名(共著者含):Hirano Y, Sugimoto S, Yamamoto S, Okada M, Otani S, Ohara T, Yamane M, Matsukawa A, Oto T, Toyooka S

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Twenty-year follow-up of the first bilateral living-donor lobar lung transplantation in Japan

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Intern Med

    発行年月:2019年07月

    著者氏名(共著者含):Komatsu M, Yamamoto H, Shomura T, Sonehara K, Ichiyama T, Urushihata K, Ushiki A, Yasuo M, Wakamatsu T, Sugimoto S, Oto T, Date H, Koizumi T, Hanaoka M, Kubo K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Cavernous hemangioma of the rib mimicking a chondrosarcoma: Diagnostic value of delayed phase MRI

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Diagn Interv Imaging.

    発行年月:2019年04月

    著者氏名(共著者含):Tanaka T, Masaoka Y, Sugimoto S, Iguchi T, Hiraki T, Yanai H, Kanazawa S.

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.diii.2019.04.002

  • 論文題目名:Impact of chronic lung allograft dysfunction, especially restrictive allograft syndrome, on the survival after living-donor lobar lung transplantation compared with cadaveric lung transplantation in adults: a single-center experience

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Surg Today

    発行年月:2019年02月

    著者氏名(共著者含):Sugimoto S, Yamamoto H, Kurosaki T, Otani S, Okazaki M, Yamane M, Toyooka S, Oto T

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Can pretransplant computed-tomographic assessment predict outcomes after lung transplantation?

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J Thorac Dis10巻 10号 (頁 5652 ~ 5654)

    出版機関名:

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):Sugimoto S

    共著区分:単著

  • 題目:肺移植と臨床検査

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:臨床検査59巻 13号 (頁 1498 ~ 1502)

    出版機関名:

    発行年月:2015年12月

    著者氏名(共著者含):杉本誠一郎,大藤剛宏,三好新一郎

    共著区分:共著

  • 題目:肺移植後の気管支合併症に対する治療方針

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:今日の移植28巻 (頁 257 ~ 265)

    出版機関名:

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):杉本誠一郎,大藤剛宏

    共著区分:共著

  • 題目:肺移植 適応とその実際、ホスピタリストが遭遇し得る合併症

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:Hospitalist3巻 1号 (頁 220 ~ 225)

    出版機関名:

    発行年月:2015年03月

    著者氏名(共著者含):杉本誠一郎,大藤剛宏

    共著区分:共著

  • 題目:肺移植周術期におけるECMO

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:救急・集中治療26巻 (頁 1568 ~ 1572)

    出版機関名:

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):杉本誠一郎,三好健太郎,大藤剛宏

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:呼吸器疾患最新の治療2019-2020、XIV 先天性異常・形成不全、1 肺分画症

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:南江堂

    発行日:2019年04月

    著者名:黒崎毅史、杉本誠一郎

    著書形態:共著

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    件数:1件

    学術雑誌名:European Journal of Pharmacology

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Transplant international

  • 年度:2018年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Ann Transplant

  • 年度:2018年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Surgical Case Reports

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Acta Medica Okayama

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第94回岡山胸部疾患懇話会

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:CTガイド下生検では診断困難であった肺門部結節影

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回日本肺癌学会総会

    開催場所:東京

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:導入化学放射線療法後手術を施行した局所進行非小細胞肺癌患者に発症した肺アスペルギルス症

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:旭化成ファーマ社内講演会

    開催場所:岡山

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:肺移植とEx-vivo lung perfusion

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回日本肺癌学会学術集会

    開催場所:東京

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回日本肺癌学会学術集会

    開催場所:東京

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:右上葉スリーブ切除を施行した気管支原発粘液腫の1 例

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • The 15th Lung Transplantation Conference

    役職・役割名:座長

    活動期間:2019年11月

  • 第55回日本移植学会総会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2019年10月

  • 第35回日本肺および心肺移植研究会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2019年01月

  • The 14th Lung Transplantation Conference

    役職・役割名:座長

    活動期間:2018年05月

  • 第5回OUTSSG胸腔鏡セミナー

    役職・役割名:講師

    活動期間:2018年02月

全件表示 >>

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:地方版

    会社名等:せとうちタイムズ

    番組名等及び内容:因島総合病院100周年記念特集・地域の皆様とともに

    報道年月日:2017年06月10日

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:第119回日本外科学会定期学術集会優秀演題賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2019年04月18日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本外科学会

    受賞者・受賞グループ名:杉本誠一郎

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ジャポニカアレイを応用した肺移植後慢性拒絶反応の新しい診断法の開発

    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:未設定

    研究内容:肺移植後の慢性拒絶反応(CLAD)は肺移植後の長期生存を低下させる主な原因である。CLADは早期治療により増悪を防止できる場合があり、新しい早期診断法が必要とされている。我々は生体肺移植のドナーとレシピエントのDNAの違いから、レシピエント血中のドナー由来DNAを検出し、急性拒絶反応が診断できることを発見した。しかし、限られたDNAの解析では、DNAの類似性から診断が困難な場合があった。一方、ジャポニカアレイは多量のDNAを微量の検体から安価に解析できるため、本研究ではジャポニカアレイを用いて、レシピエント血中のドナー由来DNAを測定し、CLADの新しい早期診断法の開発を目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:移植肺由来血中遊離DNAの定量による肺移植後急性拒絶反応の新しい診断方法の確立

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:未設定

    研究内容:本研究では、最新のデジタルPCR法を用いて移植肺由来の血中遊離DNAを定量し、臨床肺移植における新しい急性拒絶反応の診断方法を確立することを目的にする。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:ノバルティスファーマ研究助成

    研究題目:移植肺由来血中遊離DNAの定量による生体肺移植後急性拒絶反応の新しい診断

    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:未設定

  • 資金名称:独立行政法人日本学術振興会藤田記念医学研究振興基金研究助成事業

    研究題目:肺移植後の虚血再灌流障害と移植肺生着阻害における制御機構の解明

    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:未設定

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    研究費名:岡山大学若手研究者スタートアップ研究支援事業

共同研究(外部資金無し) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:東北大学,獨協医科大学,東京大学,千葉大学,京都大学,大阪大学,福岡大学,長崎大学

    研究課題等:造血幹細胞移植後の肺障害に対する肺移植の研究

 

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:日本胸部外科学会2017年度第1回財務委員会

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:日本胸部外科学会2016年度第1回財務委員会

    役職:委員

  • 年度:2015年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:日本胸部外科学会2015年度第1回財務委員会

    役職:委員

国際貢献(協力事業) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    相手方国名:ベトナム

    プロジェクト名:ベトナム初の肺移植

    期間:2017年02月

    活動国名:ベトナム

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:外来医長会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 継続中

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:教育医長・教育企画委員会

    役職:委員

    任期:2012年09月 ~ 2019年03月

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:肺移植適応判定委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 継続中

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:手術部連絡委員会

    役職:委員

    任期:2012年09月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:外来医長会

    役職:委員

    任期:2012年10月 ~ 2017年03月

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:手術台帳係

    役職:委員長

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:外勤調整係

    役職:委員長

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:医局会係

    役職:委員長