所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

応用情報歯学分野

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

外科系歯学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

社会系歯学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:矯正歯科領域におけるMRIの有用性

    研究課題概要:

  • 研究課題名:MRI用造影剤の体内動態に関する研究

  • 研究課題名:Dynamic MRI

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Perfusion Imaging in Maxillofacial Lesions

    出版機関名:Lippincott Williams & Wilkins

    発行日:2015年07月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 会議名称:The 10th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology

    開催期間:2014年11月

    題目又はセッション名:The possibility of clinical application of cephalogram generated by MRI data processing

    発表形態:ポスター(一般)

    発表者名(共同発表者含):Yoshinobu Yanagi1, Hisako Tai,Seiji Iida, Kiyoshi Tai, Masahide Mizutani, Hidenobu Matsuzaki, Marina Hara, Jun-Ichi Asaumi

  • 題目:MR imaging diagnostic protocol for unilocular lesions of the jaw

    掲載誌名:Japanese Dental Science Review48巻 2号 (頁 81 ~ 91)

    発行年月:2012年08月

    著者氏名(共著者含):Konouchi H, Yanagi Y, Hisatomi M, Matsuzaki H, Takenobu T, Unetsubo T, Asaumi J.

全件表示 >>

 

写真

氏名

柳 文修 (ヤナギ ヨシノブ)

YANAGI Yoshinobu

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)700-8525岡山県岡山市鹿田町2-5-1

(英)okayama

研究室FAX

(日)086-235-6709

(英)+81-86-235-6709

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)社会系歯学

(英)Social Dentistry

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:

    学部名:歯学部

    学科名:歯学科

    卒業年月:1996年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(歯学)

    学位の分野名:病態科学系歯学・歯科放射線学 (Pathological odontology, odontological radiology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2017年09月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2009年06月 ~ 2017年08月

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助手 (Research Associate)

    職務期間:2002年04月 ~ 2007年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:岡山大学歯学部

    経歴名:助手

    経歴期間:1996年06月 ~ 2000年03月

  • 所属(勤務)先:岡山大学歯学部附属病院

    経歴名:助手

    経歴期間:2002年04月 ~ 2009年05月

  • 所属(勤務)先:岡山大学歯学部附属病院

    経歴名:講師

    経歴期間:2009年06月 ~ 継続中

  • 所属(勤務)先:学校法人 日本歯科大学 生命歯学部歯科放射線学講座

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:2016年04月 ~ 継続中

  • 所属(勤務)先: 医療法人紅十字会総合病院三愛

    経歴名:職員(医療系)

    経歴期間:2000年04月 ~ 2002年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • International Association of Dento-Maxillo-Facial Radiology. (International Association of Dento-Maxillo-Facial Radiology.)  /  南アフリカ共和国 ( 2015年04月 ~ 継続中 )

  • 日本法歯科医学会 /  日本国 ( 2014年05月 ~ 継続中 )

  • 日本口腔外科学会 /  日本国 ( 2009年09月 ~ 2017年08月 )

  • 口腔科学会 /  日本国 ( 2008年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:中国・四国地方部会

    活動期間:2009年11月

    活動内容:座長

  • 日本歯科放射線学会 /  日本国 ( 1996年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:論文(英文)編集委員

    活動期間:2010年02月 ~ 継続中

    活動内容:学会英文誌の編集

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学 (Surgical odontology)

  • 社会系歯学 (Social odontology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 歯科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔診断学会認定医

  • 日本口腔診断学会指導医

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:矯正歯科領域におけるMRIの有用性

    キーワード:MRI

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2010年03月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):病態科学系歯学・歯科放射線学

    専門分野(researchmap分類):歯と口腔の診断 、放射線医学

  • 研究課題名:MRI用造影剤の体内動態に関する研究

    キーワード:

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:Dynamic MRI (Dynamic MRI)

    キーワード:

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:口腔機能のfunctional-MRI

    キーワード:

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:小型MRIの開発

    キーワード:

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:歯科法医学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:歯科法医学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:歯科法医学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔顎顔面領域の画像検査

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔顎顔面領域の画像検査

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:専任

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Diagnostic value of MR imaging for dentigerous cysts. ( Diagnostic value of MR imaging for dentigerous cysts. )

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oral Radiology30巻 1号 (頁 13 ~ 19)

    発行年月:2014年06月

    著者氏名(共著者含):Konouchi H, Asaumi J, Yanagi Y, Hisatomi M, Saito E A, Watanabe PC, Murakami J, Unetsubo T, Fujita M, Okada S, Matsuzaki H, Takenobu T, Wakasa T. ( Konouchi H, Asaumi J, Yanagi Y, Hisatomi M, Saito E A, Watanabe PC, Murakami J, Unetsubo T, Fujita M, Okada S, Matsuzaki H, Takenobu T, Wakasa T.)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Diagnostic value of dynamic contrast-enhanced MRI for unilocular cystic-type ameloblastomas with homogeneously bright high signal intensity on T2-weighted or STIR MR images. "jointly worked"

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oral Oncology47巻 2号 (頁 147 ~ 152)

    発行年月:2011年03月

    著者氏名(共著者含):Hisatomi M, Yanagi Y, Konouchi H, Matsuzaki H, Takenobu T, Unetsubo T, Asaumi J.

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.oraloncology.2010.11.009

  • 論文題目名:Usefulness of MRI and dynamic contrast-enhanced MRI for differential diagnosis of simple bone cysts from true cysts in the jaw.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology110巻 3号 (頁 364 ~ 369)

    発行年月:2010年09月

    著者氏名(共著者含):Yanagi Y, Asaumi J, Unetsubo T, Ashida M, Takenobu T, Hisatomi M, Matsuzaki H, Konouchi H, Katase N, Nagatsuka H.

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.tripleo.2010.05.001

  • 論文題目名:Diagnostic Value of Fluid-Attenuated Inversion Recovery Magnetic Resonance Imaging for Multilocular Ameloblastoma.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Hard Tissue Biology27巻 4号 (頁 275 ~ 280)

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):Sugianto I, Konouchi H, Takeshita Y, Okada S, Matsubara R, Hisatomi M, Murakami J, Bamgbose BO, Yanagi Y, Asaumi J

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A case of sublingual adenoid cystic carcinoma involving the mandible presenting as a "skip lesion"

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oral Radiol. 34巻 3号 (頁 281 ~ 287)

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:MR imaging diagnostic protocol for unilocular lesions of the jaw

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Japanese Dental Science Review48巻 2号 (頁 81 ~ 91)

    出版機関名:

    発行年月:2012年08月

    著者氏名(共著者含):Konouchi H, Yanagi Y, Hisatomi M, Matsuzaki H, Takenobu T, Unetsubo T, Asaumi J.

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jdsr.2012.01.001

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Contemporary clinical application of three-dimensional cone-beam computed tomography in orthodontics. Chapter 15 In:Computed Tomography: New Research.

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Nova Science Publishers Inc.

    発行日:2013年03月

    著者名:Tai K, Yanagi Y, Park JH, Asaumi J

    著書形態:共著

  • 著書名:Chapter 15. Brachytherapy for Oral Cancer In:Computed Tomography: New Research.

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Nova Science Publishers Inc.

    発行日:2013年03月

    著者名:Unetsubo T, Asaumi J, Matsuzaki H, Yanagi Y, Hisatomi M, Konouchi H, Katsui K, Takemoto M, Kakimoto N.

    著書形態:共著

  • 著書名:病理と臨床

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:文光堂

    発行日:2018年04月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:口腔外科領域における歯科用CBCTの利用

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:クインテッセンス出版(株)

    発行日:2017年08月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:Perfusion Imaging in Maxillofacial Lesions (Perfusion Imaging in Maxillofacial Lesions)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Lippincott Williams & Wilkins

    発行日:2015年07月

    著者名:

    著書形態:共著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Oral Radiology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Oral Radiology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Oral Radiology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2015年度

    学術雑誌名:Oral Radiology

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第38回日本画像医学会

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:相同モデル化理論を応用した 口蓋形態による個人識別

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:NPO法人日本歯科放射線学会 第38回関西・九州合同地方会

    開催期間:2019年01月

    題目又はセッション名:上顎における悪性リンパ腫と扁平上皮癌の画像所見の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:NPO法人日本歯科放射線学会第23回臨床画像大会

    開催期間:2018年10月

    題目又はセッション名:顎関節に生じたピロリン酸カルシウム結晶沈着症の2例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第35回日本法医学会学術中四国地方集会

    開催期間:2018年10月

    題目又はセッション名:相同モデル化理論を応用した個人識別法~口蓋形態を利用して~

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第28回日本口腔内科学会・第31回日本口腔診断学会 合同学術大会

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:顎骨に発症したランゲルハンス細胞組織球症における画像的特徴の検討

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 国公立大学歯学部長・歯学部附属病院長会議

    役職・役割名:国公立大学歯科臨床研究推進会議委員

    活動期間:2017年03月 ~ 継続中

  • NPO法人日本歯科放射線学会

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2012年04月 ~ 継続中

  • 日本口腔診断学会

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2009年06月 ~ 継続中

  • 国公立大学歯学部長・歯学部附属病院長会議

    役職・役割名:国公立大学歯科臨床研究推進会議委員

    活動期間:2017年03月 ~ 継続中

  • NPO法人日本歯科放射線学会

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2012年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:会長賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2019年03月09日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本画像医学会

    受賞者・受賞グループ名:岡田俊輔、柳文修、岡田亜由美、久富美紀、谷尻豊寿、飯田征二、宮石智、浅海淳一

  • 受賞学術賞名:2nd Prize for poster session

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2018年09月09日

    受賞国:インド

    授与機関:12th Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology (ACOMFR)

    受賞者・受賞グループ名:Shunsuke Okada、 Ayumi Okada、 Miki Hisatomi、 Yohei Takeshita、 Risa Matsubara、 Toyohisa Tanijiri、 Seiji Iida、 Satoru Miyaishi、 Jun-ichi Asasumi、 Yoshinobu Yanagi

    題目名:A method for personal identification by palate morphology using homologous modeling

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:相同モデル化理論を応用した歯列石膏模型のデータ化による個人識別法の開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:個人識別における歯列石膏模型利用の有効性を相同モデル化手法にて検証し、その有用性を明らかにする。また、より照合に適した死後資料の取得方法と本手法を適用する際の問題点を明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:相同モデル化理論を応用した歯列石膏模型のデータ化による個人識別法の開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:個人識別における歯列石膏模型利用の有効性を相同モデル化手法にて検証し、その有用性を明らかにする。また、より照合に適した死後資料の取得方法と本手法を適用する際の問題点を明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:相同モデル化理論を応用した歯列石膏模型のデータ化による個人識別法の開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:個人識別における歯列石膏模型利用の有効性を相同モデル化手法にて検証し、その有用性を明らかにする。また、より照合に適した死後資料の取得方法と本手法を適用する際の問題点を明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:相同モデル化理論を応用した歯列石膏模型のデータ化による個人識別法の開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:個人識別における歯列石膏模型利用の有効性を相同モデル化手法にて検証し、その有用性を明らかにする。また、より照合に適した死後資料の取得方法と本手法を適用する際の問題点を明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:MRIを用いた三次元硬組織画像の構築と顎顔面形態分析への応用

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:MRIデータから擬似セファログラム(MRセファロ)を生成し、矯正治療で用いる硬組織上の計測点の描出を可能にする。

全件表示 >>

 
 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:国立大学法人岡山大学事業場別・部局別職員代表委員会

    役職:委員

    任期:2015年06月 ~ 2016年05月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:医療情報部職員会議

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 継続中

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:歯科地域医療支援室運営委員会

    役職:委員

    任期:2008年04月 ~ 継続中

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:口腔検査・診断センター運営委員会

    役職:委員

    任期:2013年04月 ~ 継続中

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:受託実習実施委員会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 2017年08月

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:歯科医師卒後臨床研修管理委員会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 2017年08月

全件表示 >>