職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

血液内科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

造血幹細胞移植学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:造血幹細胞移植

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Synthetic retinoid Am80 ameliorates chronic graft-versus-host disease by down-regulating Th1 and Th17.

    掲載誌名:Blood119巻 1号 (頁 285 ~ 295)

    発行年月:2012年11月

    著者氏名(共著者含):Nishimori H, Maeda Y, Teshima T, Sugiyama H, Kobayashi K, Yamasuji Y, Kadohisa S, Uryu H, Takeuchi K, Tanaka T, Yoshino T, Iwakura Y, Tanimoto M

  • 論文題目名:Hepatic toxicity and prognosis in HCV-infected patients with diffuse large B-cell lymphoma treated with rituximab-containing chemotherapy regimens: a Japanese multicenter analysis.

    掲載誌名:Blood116巻 24号 (頁 5119 ~ 5125)

    発行年月:2010年08月

    著者氏名(共著者含):Ennishi D, Maeda Y, Niitsu N, Kojima M, Izutsu K, Takizawa J, Kusumoto S, Okamoto M, Yokoyama M, Takamatsu Y, Sunami K, Miyata A, Murayama K, Sakai A, Matsumoto M, Shinagawa K, Takaki A, Matsuo K, Kinoshita T, Tanimoto M

  • 論文題目名:Phase II study of SMILE chemotherapy for newly-diagnosed stage IV, relapsed or refractory extranodal NK/T-cell lymphoma, nasal type: the NK-cell Tumor Study Group (NKTSG) study.

    掲載誌名:J Clin Oncol.29巻 (頁 4410 ~ 4416)

    発行年月:2011年11月

    著者氏名(共著者含):41. Yamaguchi M, Kwong YL, Kim WS, Maeda Y, Hashimoto C, Suh C, Izutsu K, Ishida F, Isobe Y, Suzumiya J, Kodama T, Kimura H, Hyo R, Nakamura S, Oshimi K, Suzuki R.

 

写真

氏名

前田 嘉信 (マエダ ヨシノブ)

MAEDA Yoshinobu

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8558 岡山県鹿田町2-5-1

(英)2-5-1 Shikata-cho Okayama, 700-8558, JAPAN

研究室電話

(日)086-235-7227

(英)+81-86-235-7227

研究室FAX

(日)086-232-8226

(英)+81-86-232-8226

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)造血幹細胞移植学

(英)hematopoietic stem cell transplantation

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    卒業年月:1992年04月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:血液内科学 (Hematology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1999年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2017年07月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2014年04月 ~ 2017年06月

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2004年12月 ~ 2014年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:岡山大学 医学部・歯学部附属病院 (Okayama Univiersity University Hospital of Medicine and Dentistry)

    経歴名:未設定

    経歴期間:1992年04月 ~ 1992年08月

  • 所属(勤務)先:神戸西市民病院

    経歴名:未設定

    経歴期間:1992年09月 ~ 1993年08月

  • 所属(勤務)先:滝宮総合病院

    経歴名:未設定

    経歴期間:1993年09月 ~ 1994年08月

  • 所属(勤務)先:四国がんセンター

    経歴名:未設定

    経歴期間:1994年09月 ~ 1996年08月

  • 所属(勤務)先:岡山大学 医学部・歯学部附属病院

    経歴名:未設定

    経歴期間:1996年09月 ~ 2000年11月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本血液学会 /  日本国 ( 2006年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2009年09月 ~ 継続中

  • 日本内科学会地方会 /  日本国 ( 2009年05月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2009年05月 ~ 継続中

  • 日本血液学会中四国地方会 /  日本国 ( 2005年03月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2005年04月 ~ 継続中

  • 日本造血幹細胞移植学会 /  日本国 ( 2007年02月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:臨床研究委員、HLA-WG委員

    活動期間:2009年04月 ~ 継続中

  • 日本リンパ網内系学会 /  日本国 ( 2011年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:将来構想実施委員、学術・企画委員、保険診療委員

    活動期間:2011年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学 (Hematology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液腫よう

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会認定医

  • 日本血液学会指導医

  • 日本血液学会専門医

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:造血幹細胞移植

    キーワード:移植後免疫

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:民間学術研究振興費補助金

    研究期間:1999年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):血液内科学

    専門分野(researchmap分類):血液腫よう 、血液の医学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:血液・腫瘍・呼吸器内科学II(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:血液・腫瘍・呼吸器内科学I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:血液・腫瘍・呼吸器内科学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:血液・腫瘍・呼吸器内科学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨床治験学総論

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:平成28年度 海外特別研究員

    受賞年月:2016年09月

    授与機関:独立行政法人日本学術振興会特別研究員

    受賞者・受賞グループ名:藤原 英晃

    受賞内容:造血幹細胞移植後GVHDにおけるmicroRNAの役割の解明

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Rapid and Long-term Response of Pulmonary Pleomorphic Carcinoma to Nivolumab: A Case Report.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Intern Med.58巻 7号 (頁 985 ~ 989)

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Senoo S, Ninomiya T, Makimoto G, Nishii K, Kano H, Watanabe H, Hata Y, Kubo T, Tanaka T , Hotta K, Maeda Y, Kiura K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A phase II trial of EGFR-TKI readministration with afatinib in advanced non-small-cell lung cancer harboring a sensitive non-T790M EGFR mutation: Okayama Lung Cancer Study Group trial 1403.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Cancer Chemother Pharmacol.82巻 6号 (頁 1031 ~ 1038)

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Oda N, Hotta K, Ninomiya K, Minami D, Ichihara E, Murakami T, Yokoyama T , Ichikawa H, Chikamori K, Takigawa N, Ochi N, Harita S, Maeda Y, Kiura K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Long-term outcomes in patients treated in the intensive care unit after hematopoietic stem cell transplantation

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:International Journal of Hematology108巻 6号 (頁 622 ~ 629)

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Makoto Nakamura, Nobuharu Fujii, Kazuyoshi Shimizu , Shuntaro Ikegawa, Keisuke Seike, Tomoko Inomata, Yasuhisa Sando, Keiko Fujii, Hisakazu Nishimori, Ken-ichi Matsuoka, Hiroshi Morimatsu , Yoshinobu Maeda

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Phase 2 Study of Afatinib Alone or Combined With Bevacizumab in Chemonaive Patients With Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer Harboring EGFR Mutations: AfaBev-CS Study Protocol.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Clin Lung Cancer.20巻 2号 (頁 134 ~ 138)

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):Ninomiya T, Ishikawa N , Inoue K, Kubo T, Yasugi M, Shibayama T, Maeda T, Fujitaka K, Kodani M, Yokoyama T , Kuyama S, Ochi N, Ueda Y, Miyoshi S , Kozuki T, Amano Y, Kubota T , Sugimoto K, Bessho A, Ishii T , Watanabe K, Oze I, Hotta K, Kiura K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Severe asthma concomitant with allergic bronchopulmonary aspergillosis successfully treated with mepolizumab.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Allergol Int.67巻 4号 (頁 521 ~ 523)

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):Oda N, Miyahara N, Senoo S, Itano J, Taniguchi A, Morichika D, Fujii U, Maeda Y, Kiura K, Kanehiro A.

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:移植片対宿主病の病態解明と新たな治療法の開発

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:岡山医学会雑誌130巻 2号 (頁 61 ~ 65)

    出版機関名:

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):前田嘉信

    共著区分:単著

  • 題目:移植片対宿主病(GVHD)に対する分子標的療法

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:血液フロンティア28巻 4号 (頁 525 ~ 536)

    出版機関名:

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):前田嘉信

    共著区分:単著

  • 題目:造血幹細胞移植(適応と方法)

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:今日の治療指針0巻 0号 (頁 0)

    出版機関名:

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):前田嘉信

    共著区分:単著

  • 題目:造血幹細胞移植

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:臨床血液0巻 0号 (頁 0)

    出版機関名:

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):前田嘉信

    共著区分:単著

  • 題目:慢性GVHDの予防と治療の進歩

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:血液内科72巻 5号

    出版機関名:

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):前田嘉信

    共著区分:単著

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:American Thoracic Society International Conference

    開催場所:Dallas, USA

    開催期間:2019年05月

    題目又はセッション名:Importance of interlukin-23 to the development of acute exacerbation in pulmonary fibrosis

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:American Thoracic Society International Conference

    開催場所:Dallas, USA

    開催期間:2019年05月

    題目又はセッション名:The role of neuropeptide Y (NPY) in elastase-induced airway inflammation and emphysema in mice

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:AACR 2019

    開催場所:Atlanta

    開催期間:2019年03月 ~ 2019年04月

    題目又はセッション名:Significant combination benefit of anti-VEGFR antibody and oncogene-targeted agents in EGFR or ALK mutant NSCLC cells

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回日本造血細胞移植学会総会

    開催場所:大阪

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:造血幹細胞移植患者に対する妊孕性温存治療実態の全国調査

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第2回サルコーマ治療研究学会学術集会

    開催場所:東京

    開催期間:2019年02月

    題目又はセッション名:悪性軟部腫瘍に対するパゾパニブ投与例の後方視的検討

全件表示 >>