職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

化学系薬学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

有機化学,分子設計,構造活性相関

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規抗菌薬の開発研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:新規抗マラリア薬の創製研究

  • 研究課題名:ピリダジン誘導体の合成及びその化学発光能の検討

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Quercetin diacylglycoside analogues showing dual inhibition of DNA gyrase and topoisomerase IV as novel antibacterial agents (共著)

    掲載誌名:Journal of Medicinal Chemistry54巻 11号 (頁 3686 ~ 3703)

    発行年月:2011年11月

    著者氏名(共著者含):「Hossion Abugafar M L」「Zamami Yoshito」「Kandahary Rafiya K」「Tsuchiya Tomofusa」「Ogawa Wakano」「Iwado Akimasa」「Sasaki Kenji」

  • 論文題目名:Design, synthesis, and biological evaluation of a novel series of quercetin diacylglucosides as potent anti-MRSA and anti-VRE agents (共著)

    掲載誌名:Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters20巻 17号 (頁 5349 ~ 5352)

    発行年月:2010年09月

    著者氏名(共著者含):「Hossion Abugafar M L」「Otsuka Nao」「Kandahary Rafiya K」「Tsuchiya Tomofusa」「Ogawa Wakano」「Iwado Akimasa」「Zamami Yoshito」「Sasaki Kenji」

  • 論文題目名:Pyridinium cationic-dimer antimalarials, unlike chloroquine, act selectively between the schizont stage and the ring stage of Plasmodium falciparum

    掲載誌名:Bioorganic & Medicinal Chemistry16巻 11号 (頁 6027 ~ 6033)

    発行年月:2008年06月

    著者氏名(共著者含):Mai Yoshikawa, Kazunori Motoshima, Kanji Fujimoto, Akihiro Tai, Hiroki Kakuta, *Kenji Sasaki

 

写真

氏名

佐々木 健二 (ササキ ケンジ)

SASAKI Kenji

所属専攻講座

全学教育・学生支援機構

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)有機化学,分子設計,構造活性相関

(英)Organic Chemistry, Drug Molecular Design, Structure-Activity-Relationship

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪薬科大学

    学校の種類:大学

    学部名:薬学部

    学科名:製薬化学科

    卒業年月:1975年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:薬学研究科

    専攻名:薬学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:1977年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:薬学博士 (Pharmaceutical Science)

    学位の分野名:化学系薬学 (Chemical Pharmaceutical Science)

    学位授与機関名:東北大学 (Tohoku University)

    取得方法:論文

    取得年月:1989年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:全学教育・学生支援機構

    組織名:基幹教育センター

    経歴名:副センター長

    職務期間:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 職務遂行組織:教育・学生支援機構

    組織名:教育・学生支援機構

    経歴名:副機構長

    職務期間:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 職務遂行組織:教育・学生支援機構

    組織名:教育開発センター

    経歴名:副センター長

    職務期間:2011年04月 ~ 2016年03月

  • 職務遂行組織:教育・学生支援機構

    組織名:教育開発センター

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2010年10月 ~ 2011年03月

  • 職務遂行組織:薬学部 、薬学科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2002年11月 ~ 2010年09月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会 /  日本国 ( 1976年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • International Society of Heterocyclic Chemistry /  その他 ( 1992年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本化学会 /  日本国 ( 1994年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 有機合成化学協会 /  日本国 ( 1994年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学 (Chemical pharmaceutical science)

  • 創薬化学 (Drug development chemistry)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭1種免許

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規抗菌薬の開発研究

    キーワード:抗菌薬

    研究態様:未設定

    研究制度:共同研究

    研究期間:2008年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):創薬化学

    専門分野(researchmap分類):抗生物質の合成

  • 研究課題名:新規抗マラリア薬の創製研究 (Exploitation for New Antimalarials)

    キーワード:抗マラリア薬,熱帯熱マラリア,薬剤耐性,耐性原虫,ピリジニウム塩ダイマー,構造活性相関 (Antimalarial, Plasmodium falciparum, N-Alkylated Pyridinium Dimer, chloroquine-sensetive, Structure-Activity-Relationship)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:国際共同研究

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):化学系薬学 、創薬化学 、物理系薬学

    専門分野(researchmap分類):感染症,寄生虫病

  • 研究課題名:ピリダジン誘導体の合成及びその化学発光能の検討 (Synthesis of Pyridazine Derivatives and their Chemiluminescent Activity)

    キーワード:ピリダジン,化学発光,ルミノール (Pyridazine,Chemiluminescence,Luminol)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:1993年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):有機化学 、化学系薬学 、物理系薬学

    専門分野(researchmap分類):薬学一般

  • 研究課題名:化学発光を利用した新規分析試薬の開発 (Development of New Analitical Reagent utilizing its Chemilumineseent Activity)

    キーワード:化学発光

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1993年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):化学系薬学

    専門分野(researchmap分類):薬学一般

  • 研究課題名:光閉環反応を利用した新規多環式複素環化合物の合成並びにそれらの生物活性についての評価 (Synthesis of Novel Polycyclic Heterocyclic Compounds via Photocyclization and Evaluation of their Biological Activity)

    キーワード:複素環化合物,光閉環反応,構造活性相関 (Heterocyclic Compound,Photocyclization,Structure-Activity Relationship)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:国際共同研究

    研究期間:1991年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):有機化学 、化学系薬学 、創薬化学

    専門分野(researchmap分類):薬学一般

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:アカデミック・ライティング

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:くすりの話

    担当期間:2018年06月 ~ 2018年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:アカデミック・ライティング

    担当期間:2017年10月 ~ 2017年12月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:くすりの話

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

  • 年度:2015年度

    授業科目:くすりの話

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年03月

    授業形式:兼担

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Quercetin diacylglycoside analogues showing dual inhibition of DNA gyrase and topoisomerase IV as novel antibacterial agents (共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Medicinal Chemistry54巻 11号 (頁 3686 ~ 3703)

    発行年月:2011年11月

    著者氏名(共著者含):「Hossion Abugafar M L」「Zamami Yoshito」「Kandahary Rafiya K」「Tsuchiya Tomofusa」「Ogawa Wakano」「Iwado Akimasa」「Sasaki Kenji」

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/jm200010x

  • 論文題目名:Design, synthesis, and biological evaluation of a novel series of quercetin diacylglucosides as potent anti-MRSA and anti-VRE agents (共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters20巻 17号 (頁 5349 ~ 5352)

    発行年月:2010年09月

    著者氏名(共著者含):「Hossion Abugafar M L」「Otsuka Nao」「Kandahary Rafiya K」「Tsuchiya Tomofusa」「Ogawa Wakano」「Iwado Akimasa」「Zamami Yoshito」「Sasaki Kenji」

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bmcl.2010.02.060

  • 論文題目名:Pyridinium cationic-dimer antimalarials, unlike chloroquine, act selectively between the schizont stage and the ring stage of Plasmodium falciparum

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Bioorganic & Medicinal Chemistry16巻 11号 (頁 6027 ~ 6033)

    発行年月:2008年06月

    著者氏名(共著者含):Mai Yoshikawa, Kazunori Motoshima, Kanji Fujimoto, Akihiro Tai, Hiroki Kakuta, *Kenji Sasaki

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Polycyclic N-Heterocyclic Compounds. Part 86: Synthesis and Evaluation of Antiplatelet Aggregation Activity of 2,4-Disubstituted 9-Chloro-5,6-dihydropyrimido[5,4-d]benzazepine and Related Compounds

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Heterocyclic Chemistry 52巻 3号 (頁 780 ~ 792)

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):Kensuke Okuda, Shigeki Takarada, Takashi Hirota, Kenji Sasaki

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/jhet.2190

  • 論文題目名:Polycyclic N-Heterocyclic Compounds. Part 85: Synthesis and Evaluation of Antiplatelet Aggregation Activity of 2,4-Disubstituted 5,6-Dihydro[1]benzazepino[5,4-d]pyrimidine and Related Compounds

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Heterocyclic Chemistry 52巻 3号 (頁 888 ~ 895)

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):Kensuke Okuda, Ying-Xue Zhang, Takashi Hirota, Kenji Sasaki

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/jhet.2040

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Synthesis, biological activities, and tautomerism of 4-quinolones and related compounds

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Heterocycles91巻 1号 (頁 1 ~ 39)

    出版機関名:

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):Yoshihisa Kurasawa and Kenji Sasaki

    共著区分:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies

    開催場所:Hawaii, Honolulu, Convention Center

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:Synthesis and Evaluation of Flavonol Derivatives as Potent Anti-MRSA Agents

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第25回国際複素環化学討論会 (25th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress)

    開催場所:カリフォルニア州立大学サンタバーバラ校

    開催期間:2015年08月

    題目又はセッション名:Novel quercetin diacylglycosides as potent anti-MRSA and anti-VRE agents

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 複素環化学討論会

    役職・役割名:討論会世話人

    活動期間:2015年10月 ~ 継続中

    活動内容:討論会世話人として,複素環化学討論会の実施,運営に携わっている。本世話人会は本討論会の運営委員会的なものであり,特に本討論会の将来構想,次期実行委員長選出等に関係する。

  • 複素環化学討論会

    役職・役割名:討論会世話人

    活動期間:2014年10月 ~ 継続中

    活動内容:討論会世話人として,複素環化学討論会の実施,運営に携わっている。本世話人会は本討論会の運営委員会的なものであり,特に本討論会の将来構想,次期実行委員長選出等に関係する。

  • 複素環化学討論会

    役職・役割名:討論会世話人

    活動期間:2013年10月 ~ 継続中

    活動内容:討論会世話人として,複素環化学討論会の実施,運営に携わっている。本世話人会は本討論会の運営委員会的なものであり,特に本討論会の将来構想,次期実行委員長選出等に関係する。

  • 複素環化学討論会

    役職・役割名:討論会世話人

    活動期間:2012年10月 ~ 継続中

    活動内容:討論会世話人として,複素環化学討論会の実施,運営に携わっている。本世話人会は本討論会の運営委員会的なものであり,特に本討論会の将来構想,次期実行委員長選出等に関係する。

  • 複素環化学討論会

    役職・役割名:討論会世話人

    活動期間:2011年10月 ~ 継続中

    活動内容:討論会世話人として,複素環化学討論会の実施,運営に携わっている。本世話人会は本討論会の運営委員会的なものであり,特に本討論会の将来構想,次期実行委員長選出等に関係する。

全件表示 >>

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:新規フラバノン誘導体 (Novel flavanone derivative and synthetic antibacterial agent comprising same)

    発明(考案)者名:「佐々木 健二」「土屋 友房」「アブガファー エム ディー ロックマン」「大塚菜緒」「座間味 義人」「黒崎勇二」 ([Kenji Sasaki][Tomofusa Tsuchiya][Abgafar Md. Lokman Hossion][Nao Otsuka][Yoshito Zamami][Yoji Kurosaki])

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:ベンゾトリアゾール化合物及びこれを用いた化粧用紫外線吸収剤と皮膚外用剤 (Preparation of benzotriazole compounds as UV absorbers for cosmetics)

    発明(考案)者名:「田中 直樹」「坪井 誠二」「守谷 智恵」「佐々木 健二」 ([Naoki Tanaka][Seiji Tsuboi][Chie Moritani][Kenji Sasaki])

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:インドールキノリン誘導体、該誘導体の製造方法、ならびに該誘導体を含有する抗マラリア剤および抗がん剤 (Indoloquinoline derivative as antimalarial/anticancer agent and method for the preparation thereof)

    発明(考案)者名:「井口 勉」「イブラヒム エルタンタウイ エルサイエド」「佐々木 健二」「梅 振武」「王 力」「陸 文傑」 ([Inoguchi, Tsutomu][El Sayed, Ibrahim El Tantaway][Sasaki, Kenji][Mei, Zhenwu][Wang, Li][Lu, Wenjie])

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:新規フラバノン誘導体 (Novel flavanone derivative and synthetic antibacterial agent comprising same)

    発明(考案)者名:「佐々木 健二」「土屋 友房」「アブガファー エム ディー ロックマン」「大塚菜緒」「座間味 義人」「黒崎勇二」 ([Kenji Sasaki][Tomofusa Tsuchiya][Abgafar Md. Lokman Hossion][Nao Otsuka][Yoshito Zamami][Yoji Kurosaki])

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:新規フラバノン誘導体 (Novel flavanone derivative and synthetic antibacterial agent comprising same)

    発明(考案)者名:「佐々木 健二」「土屋 友房」「アブガファー エム ディー ロックマン」「大塚菜緒」「座間味 義人」「黒崎勇二」 ([Kenji Sasaki][Tomofusa Tsuchiya][Abgafar Md. Lokman Hossion][Nao Otsuka][Yoshito Zamami][Yoji Kurosaki])

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:化粧品原料の安定性及び安全性評価に関わる研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2011年10月 ~ 2015年09月

    相手先機関名:シプロ化成株式会社

  • 研究題目:化粧品原料の安定性及び安全性評価に関わる研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2011年10月 ~ 2015年09月

    相手先機関名:シプロ化成株式会社

  • 研究題目:化粧品原料の安定性及び安全性評価に関わる研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2011年10月 ~ 2015年03月

    相手先機関名:シプロ化成株式会社

  • 研究題目:化粧品原料の安定性及び安全性評価に関わる研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2011年10月 ~ 2015年03月

    相手先機関名:シプロ化成株式会社

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    研究費名:大学機能強化戦略経費

    課題名:「岡山大学版」教科書作成事業

  • 年度:2015年度

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    研究費名:大学機能強化戦略経費

    課題名:教養教育新カリキュラム導入及び教育改革の推進支援

  • 年度:2015年度

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    研究費名:大学機能強化戦略経費

    課題名:授業評価アンケート結果通知方法の改善

  • 年度:2014年度

    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    研究費名:大学機能強化戦略経費

    課題名:教養教育新カリキュラム導入及び教育改革の推進支援

  • 年度:2014年度

    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    研究費名:大学機能強化戦略経費

    課題名:学士課程教育Q-cumシステムの充実

全件表示 >>

共同研究(外部資金無し) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    相手方組織名称:福山大学薬学部

    研究課題等:インドロカルバゾール類の合成とその抗マラリア活性の研究

    研究テーマにおける役割:抗マラリア活性の測定と活性評価

  • 年度:2015年度

    相手方組織名称:就実大学薬学部

    研究課題等:新規 MMP 阻害剤の合成並びにその MMP 阻害活性について

    研究テーマにおける役割:新規 MMP 阻害剤の合成並び MMP 阻害活性測定

  • 年度:2015年度

    相手方組織名称:岡山大学工学部

    研究課題等:新規抗マラリア薬の開発研究

    研究テーマにおける役割:新規抗マラリア薬の活性評価

  • 年度:2015年度

    相手方組織名称:いわき明星大学薬学部

    研究課題等:Quinolone Analogue の合成とその抗マラリア活性について

    研究テーマにおける役割:抗マラリア活性の測定並びに活性評価

  • 年度:2015年度

    相手方組織名称:Idaho State University, Department of Chemistry

    研究課題等:光閉環反応を利用した新規多環式複素環化合物の合成

    研究テーマにおける役割:光閉環反応を利用した新規多環式複素環化合物の合成

全件表示 >>

産学官連携等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    該当年度の特許出願を岡山 TLO にて技術シーズ紹介中である。

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    役職:その他

    職名:教育開発センター 副センター長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2015年度

    役職:その他

    職名:教育・学生支援機構 副機構長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    役職:その他

    職名:教育開発センター 副センター長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:情報セキュリティ委員会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 継続中

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:グローバル人材育成院カリキュラム専門委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 継続中

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:学系部会(全学ガイダンス部会)

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 継続中

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:学系部会(高大接続部会)

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 継続中

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:学系部会(健康・スポーツ科学部会)

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:教育開発センター教員会議

    役職:委員長

    任期:2014年04月 ~ 継続中

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:教育開発センター教員会議

    役職:委員長

    任期:2014年04月 ~ 継続中

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:教育開発センター教員会議

    役職:委員長

    任期:2013年04月 ~ 継続中

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:教育開発センター教員会議

    役職:委員長

    任期:2012年04月 ~ 継続中