職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

血液内科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

血液内科学、造血幹細胞移植学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:低用量インターロイキン2による慢性GVHD治療

    研究課題概要:低用量IL-2療法が、慢性GVHD患者の制御性T細胞を増加させるとともに、およそ半数の症例で臨床的改善が認められることを報告した。

  • 研究課題名:慢性GVHDの病態基盤としてのTreg恒常性異常

  • 研究課題名:造血幹細胞移植における母子間免疫寛容の意義

 

写真

氏名

松岡 賢市 (マツオカ ケンイチ)

MATSUOKA Ken-ichi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)血液内科学、造血幹細胞移植学

(英)Hematology, Hematopoietic stem cell transplantation

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2018年01月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2016年04月 ~ 2017年12月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:ハーバード大学ダナファーバーがん研究所 (Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical school)

    経歴名:博士研究員、講師 (Research associate, Instructor of medicine)

    経歴期間:2006年11月 ~ 2011年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本白血病研究グループ /  日本国 ( 2011年07月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:JALSG副運営委員

    活動期間:2011年07月 ~ 継続中

  • 日本血液学会 /  日本国 ( 2006年09月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:日本血液学会中国四国地方会評議員

    活動期間:2011年09月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学 (Hematology)

  • 移植免疫学 (Immunology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液腫よう

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会認定医

  • 日本血液学会専門医

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:低用量インターロイキン2による慢性GVHD治療 (Low-dose interleukin-2 administration for patients with chronic graft-versus-host disease)

    キーワード:インターロイキン2, 慢性移植片対宿主病、制御性T細胞 (Interleukin-2, chronic graft-versus-host disease, regulatory T cell)

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2009年01月 ~ 2011年10月

    専門分野(科研費分類):血液内科学 、免疫学

    専門分野(researchmap分類):血液の疾患の治療

  • 研究課題名:慢性GVHDの病態基盤としてのTreg恒常性異常 (Altered regulatory T cell homeostasis in patients with chronic graft-versus-host disease)

    キーワード:制御性T細胞、ホメオスタシス、慢性移植片宿主病 (regulatory T cell, homeostasis, chronic graft-versus-host disease)

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2006年11月 ~ 2010年05月

    専門分野(科研費分類):血液内科学 、免疫学

    専門分野(researchmap分類):血液の疾患の治療

  • 研究課題名:造血幹細胞移植における母子間免疫寛容の意義 (Impact of feto-maternal tolerance in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation)

    キーワード:非遺伝母由来抗原、造血幹細胞移植、移植片対宿主病、制御性T細胞 (,noninherited maternal antigen( NIMA), allogeneic hematopoietic stem cell transplantation, graft-versus-host disease, regulatory T cell)

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2003年06月 ~ 2006年03月

    専門分野(科研費分類):血液内科学 、免疫学

    専門分野(researchmap分類):血液の疾患の治療

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:血液・腫瘍・呼吸器内科学II(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:血液・腫瘍・呼吸器内科学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:血液・腫瘍・呼吸器内科学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:血液・腫瘍・呼吸器内科学I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:血液・腫瘍・呼吸器内科学I(講義・演習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Low-dose interleukin-2 as a modulator of Treg homeostasis after HSCT

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal of Hematology, Nippon Ketsueki Gakkai zasshi : journal of Japan Haematological Society, Acta Haematologica Japonica (頁 1 ~ 8)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Ken ichi Matsuoka *

    共著区分:単著

    DOI:10.1007/s12185-017-2386-y

  • 論文題目名:PD-1 modulates regulatory T-cell homeostasis during low-dose interleukin-2 therapy

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Blood129巻 15号 (頁 2186 ~ 2197)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Takeru Asano,Yusuke Meguri*,Takanori Yoshioka,Yuriko Kishi,Miki Iwamoto,Makoto Nakamura,Yasuhisa Sando,Hideo Yagita,John Koreth,Haesook T. Kim,Edwin P. Alyea,Philippe Armand,Corey S. Cutler ,Vincent T. Ho,Joseph H. Antin,Robert J. Soiffer,Yoshinobu Maeda*,Mitsune Tanimoto,Jerome Ritz,Ken Ichi Matsuoka *

    共著区分:共著

    DOI:10.1182/blood-2016-09-741629

  • 論文題目名:Graft-versus-leukemia effect with a WT1-specific T-cell response induced by azacitidine and donor lymphocyte infusions after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cytotherapy19巻 4号 (頁 514 ~ 520)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Tatsunori Ishikawa,Nobuharu Fujii*,Masahide Imada,Michinori Aoe,Yusuke Meguri*,Tomoko Inomata,Hiromi Nakashima,Keiko Fujii*,Shohei Yoshida,Hisakazu Nishimori*,Ken Ichi Matsuoka *,Eisei Kondo*,Yoshinobu Maeda*,Mitsune Tanimoto*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jcyt.2016.12.007

  • 論文題目名:Prognostic Impact of Donor Source on Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation Outcomes in Adults with Chronic Myelomonocytic Leukemia

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biology of Blood and Marrow Transplantation (頁 65 ~ 70)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Hidehiro Itonaga,Kazunari Aoki,Jun Aoki,Takayuki Ishikawa ,Ken Ishiyama,Naoyuki Uchida,Toru Sakura,Kazuteru Ohashi,Mineo Kurokawa,Yukiyasu Ozawa,Ken ichi Matsuoka *,Yukinori Nakamura,Fumihiko Kimura,Koji Iwato,Yuichiro Nawa,Makoto Hirokawa,Koji Kato,Tatsuo Ichinohe,Yoshiko Atsuta,Yasushi Miyazaki

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bbmt.2017.11.016

  • 論文題目名:Graft-versus-leukemia effect with a WT1-specific T-cell response induced by azacitidine and donor lymphocyte infusions after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cytotherapy

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:【急性リンパ性白血病をめぐる最近の進歩】急性リンパ性白血病に対するCAR細胞療法の新たな展開

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:血液内科69巻 5号 (頁 652 ~ 657)

    出版機関名:

    発行年月:2014年11月

    著者氏名(共著者含):松岡 賢市.

    共著区分:単著

  • 題目:【免疫療法の逆襲を現実化した免疫checkpointの修飾】 リンパ腫治療でのPD-1阻害

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:腫瘍内科14巻 5号 (頁 455 ~ 462)

    出版機関名:

    発行年月:2014年11月

    著者氏名(共著者含):松岡 賢市.

    共著区分:単著

  • 題目:治療抵抗性GVHDに対する制御性T細胞を用いた新規治療法の開発

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:臨床血液55巻 6号 (頁 670 ~ 681)

    出版機関名:

    発行年月:2014年06月

    著者氏名(共著者含):松岡 賢市.

    共著区分:単著

  • 題目:【造血幹細胞移植の合併症とその管理】 慢性GVHDに対する新規治療法.

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:血液内科68巻 3号 (頁 298 ~ 305)

    出版機関名:

    発行年月:2014年03月

    著者氏名(共著者含):松岡 賢市.

    共著区分:単著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第56回米国血液学会 (American Society of Hematology)

    開催場所:San Francisco

    開催期間:2014年12月

    題目又はセッション名:Host immune status determines the effects of therapeutic Interleukin-2 administration: Enhancement of GVL or Induction of Tolerance?

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第11回内科学会中国地方会

    開催場所:島根

    開催期間:2014年11月

    題目又はセッション名:動態とその臨床的意義~

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第76回日本血液学会学術集会

    開催場所:大阪

    開催期間:2014年10月 ~ 2014年11月

    題目又はセッション名:Rapid Assessment of Low-dose IL-2 Administration on Foxp3+ Regulatory T cell Homeostasis

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:その他

    会議名称:日本リンパ網内系学会会誌

    開催期間:2014年06月

    題目又はセッション名:皮膚γδ T細胞リンパ腫に対し臍帯血移植を施行した一例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第5回JSH国際シンポジウム

    開催場所:静岡

    開催期間:2014年05月

    題目又はセッション名:Early homeostatic expansion of Tregs after HSCT is susceptible to environmental factors ~移植後急性期における制御性T細胞の

全件表示 >>