所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

口腔生化学分野

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

分子生物学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

生化学,口腔生化学,分子生物学、発生生物学、関節リウマチ,転写調節作用、細胞生物学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:軟骨分化・維持に関する因子の統合的解析

    研究課題概要:軟骨分化・維持に関する因子の統合的解析

  • 研究課題名:軟骨分化決定因子Sox9の転写調節機構

  • 研究課題名:慢性関節リウマチの抗原蛋白の構造と自己免疫疾患における機能

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Downregulation of rheumatoid arthritis-related antigen RA-A47 (=HSP47/Colligin-2) in chondrocytic cell lines induces apoptosis and cell-surface expression of RA-A47 in association with CD9.

    掲載誌名:J. Cell. Physiol.

    発行年月:2005年04月

    著者氏名(共著者含):*Hattori, T., von der Mark K., Kawaki, K., Yutani Y., Kubota S., Nakanishi, T., Eberspeacher H., de Crombrugghe, B., Takigawa, M.

  • 論文題目名:Interactions between PIAS proteins and SOX9 results in an increase in the cellular concentrations of SOX9.

    掲載誌名:J Biol Chem

    発行年月:2006年06月

    著者氏名(共著者含):Hattori T, Eberspaecher H, Lu J. Zhang R, Nishida T, Kahyo T, Yasuda H and de Crombrugghe B.

  • 論文題目名:Sox9 is a major negative regulator of cartilage vascularisation, bone marrow formation, and endochondral ossification.

    掲載誌名:Development137巻 (頁 901 ~ 911)

    発行年月:2010年03月

    著者氏名(共著者含):Takako Hattori, Catharina Mueller, Sonja Gebhard, Eva Bauer, Friederike Pausch, Britta Schlund, Michael Boesl, Andreas Hess, Cordula Surmann-Schmitt, Helga von der Mark, Benoit de Crombrugghe, Klaus von der Mark

 

写真

氏名

服部 高子 (ハットリ タカコ)

HATTORI Takako

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

女性

研究室住所

(日)700-8525 岡山県岡山市北区鹿田町2−5−1

(英)5-1 Shikata-cho,2-chome,Okayama 700-8525, Japan

研究室電話

(日)086-235-6646

(英)+81-86-235-6646

研究室FAX

(日)086-235-6649

(英)+81-86-235-6649

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)生化学,口腔生化学,分子生物学、発生生物学、関節リウマチ,転写調節作用、細胞生物学

(英)Molecular Biology, Biochemistry, Cell biology, Developmental biology, Rheumatoid arthritis, Transcriptional control

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:生物

    卒業年月:1990年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(歯学)

    学位の分野名:機能系基礎歯科学 (Functional basic odontology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:2000年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:テキサス大学MDアンダーソン癌センター (Department of Molecular Genetics, MD Anderson Cancer Center, The University of Texas)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2001年04月 ~ 2004年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物物理学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本リウマチ学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • AMERICAN SOCIETY FOR BONE AND MINERAL RESEARCH(ASBMR) /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学 (Molecular biology)

  • 機能系基礎歯科学 (Functional basic odontology)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:軟骨分化・維持に関する因子の統合的解析

    キーワード:CCN2/CTGF, 結合組織成長因子, 軟骨, 分化, 増殖制御、Sox9 (CCN2/CTGF, connective tissue growth factor, chondrocyte, Sox9, differentiation, growth regulation)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1996年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):ホルモン・サイトカイン・生理活性ペプチド 、分子遺伝学 、発生・成長の生理

  • 研究課題名:軟骨分化決定因子Sox9の転写調節機構

    キーワード:軟骨、Sox9, 転写調節、クロマチン、軟骨分化

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:国際共同研究

    研究期間:2001年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):運動器系の疾患 、発生・成長の生理 、細胞学一般

  • 研究課題名:慢性関節リウマチの抗原蛋白の構造と自己免疫疾患における機能

    キーワード:慢性関節リウマチ,軟骨,ストレス蛋白

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1998年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):運動器系の疾患

  • 研究課題名:癌抑制因子P53の転写後調節による機能修飾

    キーワード:P53, 癌抑制遺伝子、転写後調節、SUMO

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2004年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:軟骨組織のメカニカルストレスに対する応答

    キーワード:軟骨、メカニカルストレス、サイトカイン、増殖因子

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):機能系基礎歯科学

    専門分野(researchmap分類):

全件表示 >>

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 特別講演「ベッドサイドから,ゲノムへ,ゲノムから軟骨代謝へー医科遺伝学による軟骨代謝の解明」  ( 2011年03月 )

  • 特別講演プレナリーレクチャー「iPS細胞と霊長類遺伝子改変技術を用いた神経再生・疾患・創薬研究」「The unfolded protein response in health and disease」  ( 2010年12月 )

  • Educational session on hormones, inflammation  ( 2010年10月 )

  • 学術会議シンポジウムー基礎歯科学人材育成ー現状と未来  ( 2010年09月 )

  • 特別講演「ステロイド受容体群による転写制御とエピゲノム」  ( 2010年07月 )

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔生化・分子歯科学実習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔生化・分子歯科学演習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔生化・分子歯科学実習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔生化・分子歯科学演習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔生化・分子歯科学演習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Circadian production of melatonin in cartilage modifies rhythmic gene expression.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:J. Endocrinol. JOE-19-0022 R2巻 (頁 doi: 10.1530/JOE-19-0022. ~ )

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Fu S, Kuwahara M, Uchida Y, Koudo S, Hayashi D, Shimomura Y, Takagaki A, Nishida T, Maruyama Y, Ikegame M, Hattori A, Kubota S, Hattori T.

    共著区分:共著

    DOI:10.1530/JOE-19-0022

  • 論文題目名:Commensal microbiota enhance both osteoclast and osteoblast activities.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Molecules23巻 (頁 doi: 10, 3390/molecules2307/1517. ~ )

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):Uchida, Y., Irie, K., Fukunaga, D., Kataoka, K., Hattori, T., Ono, M., Ekuni, D., Kubota, S., Morita, M.

    共著区分:共著

    DOI:10.3390/molecules23071517

  • 論文題目名:Chondrocyte burst promotes space for mineral expansion.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Integr Biol (Camb) 10巻 (頁 57 ~ 66)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):Hara ES, Okada M, Nagaoka N, Hattori T, Iida LM, Kuboki T, Nakano T, Matsumoto T.

    共著区分:共著

    DOI:10.1039/c7ib00130d

  • 論文題目名:Production of Recombinant CCN2 Protein in Escherichia coli.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Methods Mol Biol.1489巻 (頁 77 ~ 84)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Aoyama E, Hattori T, Kubota S and Takigawa M

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/978-1-4939-6430-7_8

  • 論文題目名:Protocols for Screening for Binding Partners of CCN Proteins: Yeast Two-Hybrid System.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Methods Mol Biol.1489巻 (頁 145 ~ 154)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Hoshijima M, Hattori T, Takigawa M

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/978-1-4939-6430-7_15

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目: New function of Tip60 in controlling triacylglycerol synthesis.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Biotarget 2巻 13号 (頁 doi: 10.21037/biotarget.2018.08.03 ~ )

    出版機関名:

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):Hattori, T

    共著区分:共著

    DOI:10.3390/medicines5040118

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Production of Recombinant CCN2 Protein in Escherichia coli.in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2016年10月

    著者名:Aoyama E, Hattori T, Kubota S and Takigawa M

    著書形態:共著

  • 著書名:Generation and Analysis of Cartilage-Specific CCN2 Overexpression in Transgenic Mice.in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2016年10月

    著者名:Hattori T, Itoh S, and Takigawa M

    著書形態:共著

  • 著書名:Protein Imaging of CCN2 and CCN3 in Living Cells.in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2016年10月

    著者名:Hattori T, Hoshijima M, and Takigawa M

    著書形態:共著

  • 著書名:Protocols for Screening for Binding Partners of CCN Proteins: Yeast Two-Hybrid System.in Methods in Molecular Biology: CCN Proteins: Methods and Protocols

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2016年10月

    著者名:Hoshijima M, Hattori T, Takigawa M

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回日本分子生物学会年会

    開催場所:横浜

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:長鎖(約6kb)ssODNおよびCRISPER/Cas9を用いたヒト科霊長類特異的lncRNAのマウス受精卵へのエレクトロポレーションによる高効率ノックインの試み

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第91回日本生化学会

    開催場所:京都

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:破骨細胞におけるロイコトリエン系の機能解明:CRISPR-Cas9を用いたalox5apノックアウトマウスの作製

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第91回日本生化学会

    開催場所:京都

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:Circadian production of melatonin and its receptors in cartilage influences chondrocyte rhythmic gene expression

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:その他

    会議名称:ブレインストーミング2018

    開催場所:瀬戸内市

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:ヒト科霊長類特異的lncRNAのエレクトロポレーションによる マウス受精卵への効率的なノックインの試み

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回歯科基礎医学会

    開催場所:福岡

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:CCN2 と Rab14 の相互作用が骨・軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割 〜軟骨分化促進因子 CCN2 の新たな細胞内機能〜

全件表示 >>

 

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    ○高大連携
    「大学訪問」
     高等学校名:岡山県立朝日高等学校
     実施日時 :平成28年12月16日 13:00〜14:00
     事業の概要:研究内容の概説、診療風景の見学、研究室の見学,案内、簡単な基礎実習を行った。