職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

生殖生理学、内分泌学、繁殖

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:哺乳動物の卵管機能調節に関する研究

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Endothelin as a local regulating factor in the bovine oviduct.

    掲載誌名:Reproduction, Fertility and Development28巻 6号 (頁 673 ~ 681)

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Evidence for a PGF2α auto-amplification system in the endometrium in mares

    掲載誌名:Reproduction151巻 5号 (頁 517 ~ 526)

    発行年月:2016年05月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Local effect of lysophosphatidic acid on prostaglandin production in the bovine oviduct

    掲載誌名:Reproduction, Fertility and Development

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):Yuka Yoshimoto, Yoshihiko Kobayashi, Izabela Woclawek-Potocka, Emilia Sinderewicz, Yuki Yamamoto, Koji Kimura and Kiyoshi Okuda

全件表示 >>

 

写真

氏名

山本 ゆき (ヤマモト ユキ)

YAMAMOTO Yuki

所属専攻講座

環境生命科学研究科

職名

准教授

性別

女性

研究室電話

(日)086-251-8385

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)生殖生理学、内分泌学、繁殖

(英)Reproductive physiology, Endocrinology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京農工大学

    学校の種類:大学

    学部名:農学部

    学科名:獣医学科

    卒業年月:2008年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岐阜大学

    研究科名:連合獣医学研究科

    専攻名:獣医学

    修了課程:博士課程

    修了年月:2011年09月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(獣医学)

    学位の分野名:基礎獣医学・基礎畜産学 (Basic veterinary science/basic animal science)

    学位授与機関名:岐阜大学 (Gifu University)

    取得方法:課程

    取得年月:2001年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2020年07月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2012年04月 ~ 2020年06月

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:哺乳動物の卵管機能調節に関する研究

    キーワード:卵管・生殖生理学・配偶子/初期胚輸送

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2012年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):基礎獣医学・基礎畜産学

    専門分野(researchmap分類):生殖の生理

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    授業科目:教養生物学(応用動植物)

    担当期間:2020年12月 ~ 2021年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:研究科目演習I

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:コース演習2

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:コース演習1

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:コース演習III

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Different origins of two corpora lutea recovered from a pregnant African elephant (Loxodonta africana)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Reproduction in Domestic Animals, Zuchthygiene, Reproduction in domestic animals = Zuchthygiene (頁 57 ~ 72)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Y. Yamamoto *,K. Nagaoka ,Y. Kamite,G. Watanabe ,T. Allen,F. Stansfield ,K. Taya

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/rda.13010

  • 論文題目名:Local effect of lysophosphatidic acid on prostaglandin production in the bovine oviduct

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Reproduction, Fertility and Development, Australian journal of scientific research. Ser. B: Biological sciences29巻 5号 (頁 1021 ~ 1028)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Yuka Yoshimoto,Yoshihiko Kobayashi,Izabela Woclawek-Potocka,Emilia Sinderewicz,Yuki Yamamoto*,Koji Kimura*,Kiyoshi Okuda

    共著区分:共著

    DOI:10.1071/RD15409

  • 論文題目名:Hypoxia-inducible factor 1 mediates hypoxia-enhanced synthesis of progesterone during luteinization of granulosa cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Reproduction and Development63巻 1号 (頁 75 ~ 85)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Fadhillah ,Shin Yoshioka,Ryo Nishimura,Yuki Yamamoto*,Koji Kimura*,Kiyoshi Okuda

    共著区分:共著

    DOI:10.1262/jrd.2016-068

  • 論文題目名:Expressions of lipoprotein receptors and cholesterol efflux regulatory proteins during luteolysis in bovine corpus luteum

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Reproduction, Fertility and Development, Australian journal of scientific research. Ser. B: Biological sciences29巻 7号 (頁 1280 ~ 1286)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Kei Horihata,Shin Yoshioka,Masahiro Sano,Yuki Yamamoto*,Koji Kimura*,Dariusz J. Skarzynski,Kiyoshi Okuda

    共著区分:共著

    DOI:10.1071/RD15538

  • 論文題目名:Lysophosphatidic Acid Synthesis and its Receptors’ Expression in the Bovine Oviduct During the Oestrous Cycle

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Reproduction in Domestic Animals, Zuchthygiene51巻 4号 (頁 541 ~ 549)

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):E. Sinderewicz ,K. Grycmacher,D. Boruszewska,I. Kowalczyk-Zi?ba,Y. Yamamoto*,Y. Yoshimoto ,I. Woclawek-Potocka

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/rda.12717

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本繁殖生物学会

    役職・役割名:広報委員

    活動期間:2015年04月 ~ 継続中

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:卵管内環境をコーディネートするアクチビンA:受精および妊娠成立までの局所作用

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:ウシ卵管では、糖タンパク質のアクチビンAが産生されている。さらに、ウシ卵管細胞およびウシ精子には、アクチビン受容体発現が確認された。アクチビンAの卵管細胞および精子に対する作用を明らかにし、受精および妊娠成立におけるアクチビンAの役割を解明する。