所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

大学院環境生命科学研究科

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

園芸学・造園学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

花卉園芸学、養水分管理,根域制限,ストレス

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:花きの高温時の生育改善に関する研究

    研究課題概要:気化冷却、低温貯蔵、高温回避

  • 研究課題名:キクの生理障害に関する研究

  • 研究課題名:機械移植用苗生産に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Effects of Harvest Shoot Stage on Partitioning of Photosynthates Originating from Bent Shoots in the Modified Arching Technique of Cut Rose Production.

    掲載誌名:The Horticulture Journal89巻 3号 (頁 278 ~ 283)

    発行年月:2020年04月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Effect of Re-drying Seeds after Wet Treatment at 10℃ on the Germination and Growth of Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn.

    掲載誌名:The Horticulture Journal87巻 4号 (頁 413 ~ 420)

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):Yoshio Mori,Katsuhiko Sumitomo,Tamotsu Hisamatsu,Tanjuro Goto*

 

写真

氏名

後藤 丹十郎 (ゴトウ タンジュウロウ)

GOTO Tanjuro

所属専攻講座

環境生命科学研究科

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)花卉園芸学、養水分管理,根域制限,ストレス

(英)Ornamental Horticultural, Water and nutrient management,root restriction, stress

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:農学部

    学科名:

    卒業年月:1987年03月

    卒業区分:

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(農学) (Doctor(Agriculture))

    学位の分野名:園芸学・造園学 (Gardening/Garden landscaping)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:論文

    取得年月:2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物工場学会 /  日本国 ( 2000年07月 )

    役職・役割名:運営委員

    活動期間:2000年07月

  • 国際園芸学会 (International Society for Horticulturel Science )  /  オランダ王国 ( 1989年01月 ~ 継続中 )

  • 園芸学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本生物環境調節学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • The American Society for Horticultural Science /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 園芸学・造園学 (Gardening/Garden landscaping)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物の栽培一般

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:花きの高温時の生育改善に関する研究

    キーワード:花き、高温、回避、生育改善、気化冷却

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2008年07月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):園芸学・造園学

    専門分野(researchmap分類):植物の栽培一般

    研究内容:気化冷却、苗貯蔵、光制御

  • 研究課題名:キクの生理障害に関する研究 (Studies on physiologycal injury of chrysanthemum)

    キーワード:キク、生理障害 (physiologycal injury, chrysanthemum, leaf yellow spot)

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):園芸学・造園学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:機械移植用苗生産に関する研究 (Studies on Seedling Production for Transplanted Machine.)

    キーワード:セルトレイ苗,セルサイズ,根域容量 (cell tray,cell size,root zone volume)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):園芸学・造園学 、農業環境工学 

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:固化培地を用いた植物生産

    キーワード:

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:セル苗および鉢物の養水分管理 (Water and nutrient management of cell transplants and pot culture)

    キーワード:

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):

    専門分野(researchmap分類):

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:花卉園芸学2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:作物開花制御学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:開花生理学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:Vegetable and Flower Science(野

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:Vegetable and Flower Science

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Effects of Harvest Shoot Stage on Partitioning of Photosynthates Originating from Bent Shoots in the Modified Arching Technique of Cut Rose Production.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Horticulture Journal89巻 3号 (頁 278 ~ 283)

    発行年月:2020年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Effect of Re-drying Seeds after Wet Treatment at 10℃ on the Germination and Growth of Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Horticulture Journal87巻 4号 (頁 413 ~ 420)

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):Yoshio Mori,Katsuhiko Sumitomo,Tamotsu Hisamatsu,Tanjuro Goto*

    共著区分:共著

    DOI:10.2503/hortj.MI-072

  • 論文題目名:ダッチアイリス‘ブルーマジック’切り花の開花と花被片老化に対する切り前,貯蔵方法,ジベレリンおよびベンジルアデニンの影響 ( E ects of Flowering Stage at Harvest, Storage Method, and Application of Gibberellin and Benzyladenine on Flower Opening and Tepal Senescence of Dutch Iris `Blue Magic' Cut Flower)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:園芸学研究 ( Hort. Res) 19巻 1号 (頁 75 ~ 82)

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.2503/hrj.19.75

  • 論文題目名:Effect of Defoliation on Blossom-end Rot Incidence and Calcium Transport into Fruit of Tomato Cultivars under Moderate Water Stress.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Horticulture Journal89巻 1号 (頁 22 ~ 29)

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:吸水種子湿潤低温処理後のトルコギキョウの発芽と生育に及ぼすグロースチャンバーにおける明期の長さと光合成有効光量子束密度の影響

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:園芸学研究18巻 3号 (頁 373 ~ 379)

    発行年月:2019年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.2503/hrj.19.75

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:花きセル成型苗の生育様相の解明に基づいた熱融着性ポリエステル繊維固化培地による若苗定植法の開発

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:農業および園芸81、623-631巻

    出版機関名:

    発行年月:2006年05月

    著者氏名(共著者含):*後藤丹十郎

    共著区分:単著

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • ファイトテクノロジー研究会

    役職・役割名:世話役代表

    活動期間:2011年01月 ~ 継続中

    活動内容:研究会の開催案の策定

  • ファイトテクノロジー研究会

    役職・役割名:世話役代表

    活動期間:2010年04月 ~ 継続中

    活動内容:研究会の開催案の策定

  • ファイトテクノロジー研究会

    役職・役割名:世話役代表

    活動期間:2009年04月 ~ 継続中

    活動内容:研究会の開催案の策定

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    役職:副研究科長

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 年度:2018年度

    役職:副研究科長

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    役職:専攻長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:キャンパスアジア委員会

    役職:委員

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:学術研究委員会

    役職:委員長

    任期:2018年04月 ~ 継続中

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:圃場利用小委員会

    役職:委員長

    任期:2015年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:委員長を務め,圃場運営に協力した

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:圃場利用小委員会

    役職:委員長

    任期:2014年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:委員長を務め,圃場運営に協力した

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:圃場利用小委員会

    役職:委員長

    任期:2013年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:委員長を務め,圃場運営に協力した

  • 年度:2012年度

    委員会等の名称:圃場利用小委員会

    役職:委員長

    任期:2011年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:委員長を務め,圃場運営に協力した