所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

教育学研究科・幼児教育講座

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

教育学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

保育内容学,発達心理学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:幼児の人や環境と関わる力の発達とその支援

    研究課題概要:保育内容「人間関係」「環境」等を中心に,発達心理学的な視点から,幼児に相応しい環境や支援の在り方について探究している。また近年は,保育内容「人間関係」に関わる現職保育者支援プログラムの開発と,免許状更新講習等での実施・検証に取り組んでいる。

  • 研究課題名:保育者としての力量形成・心的成長とその支援

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:免許状更新講習における保育者支援プログラムの簡易実施とその効果

    掲載誌名:日本応用教育心理学会誌『応用教育心理学研究』30巻 2号 (頁 3 ~ 13)

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含):西山修

  • 論文題目名:領域「人間関係」に関わる保育者支援プログラムの集団実施による効果

    掲載誌名:日本応用教育心理学会誌『応用教育心理学研究』28巻 2号 (頁 3 ~ 13)

    発行年月:2012年02月

    著者氏名(共著者含):西山修

  • 著書名:保育者の効力感と自我同一性の形成―領域「人間関係」について―

    出版機関名:風間書房

    発行日:2009年02月

    著者名:西山修

    著書形態:単著

 

写真

氏名

西山 修 (ニシヤマ オサム)

NISHIYAMA Osamu

所属専攻講座

教育学研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山県岡山市北区津島中3-1-1(〒700-8530)

(英)3-1-1 Tsushima-Naka, Kita-ku, Okayama, 700-8530 JAPAN

研究分野・キーワード

(日)保育内容学,発達心理学

(英)Contents of child care and education, Developmental psychology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京学芸大学

    学校の種類:大学

    学部名:教育学部

    学科名:初等教育教員養成課程

    卒業年月:1990年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:教育学研究科

    専攻名:学校教育専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:1992年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:広島大学

    研究科名:教育学研究科

    専攻名:幼児学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:1997年09月

    修了区分:中退

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(教育学) (Master of Education)

    学位の分野名:教育心理学 (Educational psychology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1992年03月

  • 学位名:博士(学校教育学) (Doctor of Philosophy (Education))

    学位の分野名:教育学 (Pedagogy)

    学位授与機関名:兵庫教育大学 (Hyogo University of Teacher Education)

    取得方法:論文

    取得年月:2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    経歴名:副研究科長

    職務期間:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 職務遂行組織:教育学部

    経歴名:副学部長

    職務期間:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 職務遂行組織:

    経歴名:岡山大学保育所なかよし園園長

    職務期間:2015年04月 ~ 2019年03月

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    組織名:発達支援学系

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2014年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    組織名:発達支援学系

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2012年04月 ~ 2014年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:くらしき作陽大学子ども教育学部子ども教育学科

    経歴名:准教授

    経歴期間:2008年04月 ~ 2012年03月

  • 所属(勤務)先:岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科

    経歴名:講師

    経歴期間:2007年04月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先:岡山県立大学短期大学部健康福祉学科

    経歴名:講師

    経歴期間:2000年04月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:福山市立女子短期大学保育科

    経歴名:講師

    経歴期間:1997年10月 ~ 2000年03月

  • 所属(勤務)先:広島大学教育学部

    経歴名:教職助手

    経歴期間:1996年10月 ~ 1997年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本教育心理学会 /  日本国 ( 1992年04月 ~ 継続中 )

  • 日本発達心理学会 /  日本国 ( 1992年07月 ~ 継続中 )

  • 日本保育学会 /  日本国 ( 1994年04月 ~ 継続中 )

  • 日本乳幼児教育学会 /  日本国 ( 1997年03月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事,事務局補佐,編集委員補佐,企画・広報委員

    活動期間:2015年11月 ~ 継続中

    活動内容:理事会を構成し,学会の重要事項を審議する。学会の目的を達成するため企画・広報に関わる事業を行う。

  • 日本家庭教育学会 /  日本国 ( 1998年04月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育学 (Pedagogy)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 保育士

  • 小学校教諭専修免許

  • 中学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭専修免許

  • 臨床発達心理士(一般社団法人「臨床発達心理士」認定運営機構)

全件表示 >>

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:幼児の人や環境と関わる力の発達とその支援

    キーワード:領域「人間関係」,領域「環境」,効力感,保育実践

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1995年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教育学

    専門分野(researchmap分類):教育学

  • 研究課題名:保育者としての力量形成・心的成長とその支援

    キーワード:アイデンティティ,効力感,保育者養成,長期縦断研究

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1990年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教育学

    専門分野(researchmap分類):教育学

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 教員研修(FD):ハラスメント防止等  ( 2019年02月 )

  • 教員研修(FD):電気安全  ( 2018年11月 )

  • 教員研修(FD):発達障がい特性を踏まえたハラスメント予防  ( 2018年02月 )

  • 教員研修(FD):新修士課程PBL  ( 2017年09月 )

  • 教員研修(FD):ハラスメント防止  ( 2017年02月 )

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:保育の心理学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:発達支援研究特論Ⅴ(幼児教育実践研究B)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:保育内容特論演習(人間関係B)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:幼児の人間関係(2)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:幼児の人間関係(1)

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    科目名:課題研究Ⅳ

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    講義内容またはシラバス:学生の研究課題に即して,1年次前期~3年次前期の5学期履修する。評価方法については,授業の出席状況,課題提出内容,試験等により総合的に評価を行うものとする(以上,連合大学院便覧より引用)。

  • 年度:2018年度

    科目名:教育発達課題特別研究Ⅱ

    担当期間:2018年08月 ~ 2018年10月

    講義内容またはシラバス:幼児を取り巻く環境変化は,人と関わる力の発達に多くの課題を投げかけている。そこで本講では,幼児の生涯発達を見据えた人と関わる力をいかに育むか,保育者の専門性や保育内容の考察等と合わせて,実践的プログラムを検討する。

  • 年度:2018年度

    科目名:先端教育課題総合研究

    担当期間:2018年07月

    講義内容またはシラバス:幼児教育は環境を通して行うことを基本とする。本講では,この基本に立ち返り,噴出する幼児教育の実践的諸課題に取り組むための具体策について,環境と遊び・学び,幼児理解,家庭教育,幼小連携,保育内容学の構築等の考察とともに論究する。

  • 年度:2018年度

    科目名:課題研究Ⅲ

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年09月

    講義内容またはシラバス:学生の研究課題に即して,1年次前期~3年次前期の5学期履修する。評価方法については,授業の出席状況,課題提出内容,試験等により総合的に評価を行うものとする(連合大学院便覧より引用)。

  • 年度:2018年度

    科目名:課題研究Ⅴ

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年09月

    講義内容またはシラバス:学生の研究課題に即して,1年次前期~3年次前期の5学期履修する。評価方法については,授業の出席状況,課題提出内容,試験等により総合的に評価を行うものとする(連合大学院便覧より引用)。

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    以下に示す研修会等に積極的に参加し研鑽に努めた。特に将来構想や学生指導に関するFDの理解と実践に努めた。また,WebClass上のコンプライアンス意識啓発研修や情報セキュリティ教育研修にも参加した。
    【1】職員研修:実践力量の形成/2018年6月22日/企画・参加
    【2】教育学研究科FD研修:電気安全/2018年11月21日/参加
    【3】幼児教育講座「教職実践演習(横松友義先生)」授業公開・意見交換/2019年1月23日/参加
    【4】教育学研究科FD研修:ハラスメント防止/2019年2月27日/参加

  • 年度:2017年度

    以下に示す研修会等に積極的に参加し研鑽に努めた。特に将来構想や学生指導に関するFDの理解と実践に努めた。また,WebClass上のコンプライアンス意識啓発研修や情報セキュリティ教育研修にも参加した。
    【1】教育学研究科FD研修:学部カリキュラム改革に向けての本学部の課題と改革の方針について/2017年5月17日/参加
    【2】教育学研究科FD研修:学部カリキュラム改革について/2017年6月21日/参加
    【3】教育学研究科FD研修:新修士課程PBL/2017年9月8日/参加
    【4】教育学研究科FD研修:発達障がい特性を踏まえたハラスメント予防/2018年2月28日/参加

  • 年度:2016年度

    以下に示す研修会等に積極的に参加し研鑽に努めた。特に将来構想や学生指導に関するFDの理解と実践に努めた。また,WebClass上のコンプライアンス意識啓発研修や情報セキュリティ教育研修にも参加した。
    【1】職員研修:アレルギー対応力の形成/2016年6月30日/企画・参加
    【2】教育学研究科FD研修:免許制度改正の動向と教育実習の見直し/2016年9月9日/参加
    【3】職員研修:実践力量の形成/2017年1月26日/企画・参加
    【4】教育学研究科FD研修:ハラスメント防止/2017年2月22日/参加

  • 年度:2015年度

    以下に示す研修会等に積極的に参加し研鑽に努めた。特に情報管理や研究倫理に関するFDの理解と実践に努めた。また,WebClass上のコンプライアンス意識啓発研修や情報セキュリティ教育研修にも参加した。
    【1】情報統括センター主催研修/教職員向けバックアップサービス/2015年5月27日/参加
    【2】教育学研究科FD研修:教職員と学生の安全衛生/2015年6月24日/参加
    【3】幼児教育講座「幼児の造形表現(髙橋敏之先生)」授業公開・意見交換/2015年7月31日/参加
    【4】職員研修:実践力量の形成/2016年1月21日/企画・参加
    【5】教育学研究科FD研修:研究倫理/2016年1月22日/参加
    【6】教育学研究科FD研修:研究寄付講座/2016年3月07日/参加
    【7】情報統括センター主催 教員研修(新教育・研究支援情報システム)/2016年3月15日/参加

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    卒業論文指導学生: 8人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 4人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 7人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 19人

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 7人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 7人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 17人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 11人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 2人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 5人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 14人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 9人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 4人 、(うち留学生数): 0人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 26人

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:「保育実践に埋め込まれた保育者の専門性」ミネルヴァ書房 「第19節 保育者の専門性の基盤となるアイデンティティと効力感(pp.296-305)」を分担執筆。編者:中坪史典。「保育者論」他にて使用予定。

  • 年度:2013年度

    教科書,教材等の種類:その他

    大学教育教材開発:「幼児学用語集」北大路書房 「子どもを取り巻く環境(pp.163-166)」を分担執筆。監修:小田豊・山崎晃 編集:七木田敦・杉村伸一郎・中坪史典・松井剛太・河野利津子。「幼児の環境」他にて参考図書。

  • 年度:2010年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:「NINERVA保育実践学講座「環境」論」ミネルヴァ書房 「第10章 環境の変化と保育の課題(pp.172-187)」を分担執筆。編者:三宅茂夫・大森雅人・爾寛明。「幼児の環境」にて使用。

  • 年度:2010年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:「新・プリマーズ保育心理 発達心理学」ミネルヴァ書房 「第11章 アイデンティティ形成に向けて(pp.121-134)」を分担執筆。編集全般を担当。編者:無藤隆・中坪史典・西山修。「発達心理学C」にて使用。

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学生活動支援の種類:就職支援

    学生活動支援:採用試験対策(面接,小論文),書類作成,情報提供,進路相談等,保育専門職を中心とした就職支援に従事した。また,院生には教育研究職への就職支援等を行った。

  • 年度:2018年度

    学生活動支援の種類:就職支援

    学生活動支援:採用試験対策(面接,小論文),書類作成,情報提供,進路相談等,保育専門職を中心とした就職支援に従事した。また,院生には教育研究職への就職支援等を行った。

  • 年度:2017年度

    学生活動支援の種類:就職支援

    学生活動支援:採用試験対策(面接,小論文),書類作成,情報提供,進路相談等,保育専門職を中心とした就職支援に従事した。また,院生には教育研究職への就職支援等を行った。

  • 年度:2016年度

    学生活動支援の種類:就職支援

    学生活動支援:採用試験対策(面接・集団討論),書類作成,情報提供,進路相談等,保育専門職を中心とした就職支援に従事した。また,院生には教育研究職への就職支援等を行った。

  • 年度:2015年度

    学生活動支援の種類:就職支援

    学生活動支援:採用試験対策(面接・集団討論),書類作成,情報提供,進路相談等,保育専門職を中心とした就職支援に従事した。また,院生には教育研究職への就職支援等を行った。

教育活動に関する報道等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    報道の種類:雑誌

    教育活動報道:「子どものギモン あれこれ」,『Funda Club 2011秋号』p.27:専門教育領域に関する内容の一部を,地域の子育て支援情報誌に解りやすい記事として掲載。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:生徒の自己受容を促す幼児との触れ合い体験に係る中学校 家庭科の授業開発(共著) ( Development of Junior High School Home Economics Classes Related to Contact With Infants that Encourages Self-acceptance "jointly worked")

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学教師教育開発センター紀要 ( Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University) 8号 (頁 15 ~ 29)

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):考藤悦子, 片山美香, 髙橋敏之, 西山修 ( Etsuko KANDO, Mika KATAYAMA, Toshiyuki TAKAHASHI and Osamu NISHIYAMA)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:育児不安を抱く保護者を支える保育者の専門性と課題-育児不安と子育て支援に関わる先行研究の概観から-(共著) ( Expertise and Issues of Child-care Providers to Support Parents with Anxieties : Focusing on the Study of the Anxieties Parents Have About Child-Rearing Support "jointly worked")

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:教育実践学論集 ( Journal for the Science of Schooling) 19号 (頁 97 ~ 109)

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):大森弘子, 髙橋敏之, 西山修 ( Hiroko OHMORI, Toshiyuki TAKAHASHI and Osamu NISHIYAMA)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:保育内容「環境」の授業実践における 環境概念の変容を捉える試み(共著) ( An Attempt to Analyze the Transformation in the Concept of the Environment during Class Practice for a Childcare Contents Environment "jointly worked")

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学大学院教育学研究科研究集録 ( Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University) 166巻 (頁 31 ~ 40)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):西山修, 岡村幸代, 中川智之, 片山美香 ( Osamu NISHIYAMA, Sachiyo OKAMURA, Tomoyuki NAKAGAWA and Mika KATAYAMA)

    共著区分:共著

    担当部分:データ収集・分析,問題及び結果と考察の執筆

  • 論文題目名:幼児教育における情報機器活用への保育者志望学生の認知(共著) ( The Recognition of The Childminder Choice Student about The Information Appliance Utilization in The Preschool Education "jointly worked")

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学大学院教育学研究科研究集録 ( Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University) 166巻 (頁 21 ~ 30)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):片山美香, 岡崎順子, 西山修, 横松友義, 梶谷信之, 髙橋敏之 ( Mika KATAYAMA, Junko OKAZAKI, Osamu NISHIYAMA, Tomoyoshi YOKOMATSU, Nobuyuki KAJITANI, and Toshiyuki TAKAHASHI)

    共著区分:共著

    担当部分:主にデータ収集・分析

  • 論文題目名:保育実践における気付き体験と保育者効力感との関係(共著) ( Relationship between Noticing Experience in Childcare Practice and Childcare Workers' Efficacy "jointly worked")

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本応用教育心理学会誌『応用教育心理学研究』 ( The Japanese Journal of Clinical Educational Psychology) 33巻 2号 (頁 3 ~ 13)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):𠮷田満穗, 西山修 ( Mitsuho YOSHIDA and Osamu NISHIYAMA)

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:テーマでみる保育実践の中にある保育者の専門性へのアプローチ(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:ミネルヴァ書房

    発行日:2018年06月

    著者名:中坪史典

    著書形態:その他

  • 著書名:幼児学用語集(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書・辞典

    出版機関名:北大路書房

    発行日:2013年08月

    著者名:小田豊・山崎晃

    著書形態:その他

  • 著書名:新・プリマーズ/保育/心理 発達心理学(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:ミネルヴァ書房

    発行日:2010年12月

    著者名:無藤隆,中坪史典,西山修

    著書形態:共編著

  • 著書名:NINERVA保育実践学講座 「環境」論(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:ミネルヴァ書房

    発行日:2010年02月

    著者名:

    著書形態:その他

  • 著書名:保育者の効力感と自我同一性の形成―領域「人間関係」について―

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:風間書房

    発行日:2009年02月

    著者名:西山修

    著書形態:単著

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:日本応用教育心理学会誌『応用教育心理学研究』,編集委員

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:日本乳幼児教育学会誌『乳幼児教育学研究』,編集委員補佐

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:日本乳幼児教育学会誌『乳幼児教育学研究』,編集委員補佐

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:日本応用教育心理学会誌『応用教育心理学研究』,編集委員

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:日本応用教育心理学会誌『応用教育心理学研究』,編集委員

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科『教育実践学論集』

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本保育学会誌『保育学研究』

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本乳幼児教育学会誌『乳幼児教育学研究』

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本保育学会誌『保育学研究』

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本教育実践学会誌『教育実践学研究』

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本教育心理学会第53回総会

    開催場所:北海道札幌市

    開催期間:2011年07月

    題目又はセッション名:領域「人間関係」に関わる保育者支援プログラムの集団実施による効果

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本教育心理学会第50回総会

    開催場所:東京都小金井市

    開催期間:2008年10月

    題目又はセッション名:保育者養成校に通う学生におけるアイデンティティの発達的変化

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本教育心理学会第48回総会

    開催場所:岡山県岡山市

    開催期間:2006年09月

    題目又はセッション名:養成校入学期における保育者志望学生のアイデンティティと職業認知の構造

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本発達心理学会第15回大会

    開催期間:2004年03月

    題目又はセッション名:保育者志望学生の職業意識と同一性地位との関係―家族との居住形態に注目した予備的分析―

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本心理学会第64回大会

    開催期間:2000年11月

    題目又はセッション名:保育にコンピュータを用いることに対する保育者志望学生の認知(Ⅲ)―遊び活動に対する認知と情報機器への適応との関連について―

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床発達心理士会中国・四国支部

    役職・役割名:支部役員(岡山県役員)

    活動期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    活動内容:本会の事業の遂行を分担する。

  • 日本乳幼児教育学会

    役職・役割名:理事,事務局補佐,企画・広報委員(HP担当)

    活動期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    活動内容:理事会を構成し,学会の重要事項を審議する。学会の目的を達成するため企画・広報に関わる事業を行う。

  • 日本乳幼児教育学会

    役職・役割名:理事,企画・広報委員(HP担当),大会副実行委員長

    活動期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    活動内容:理事会を構成し,学会の重要事項を審議する。学会の目的を達成するため企画・広報に関わる事業を行う。第28回大会の企画,準備,運営等を行う。

  • 日本臨床発達心理士会中国・四国支部

    役職・役割名:支部役員(岡山県役員)

    活動期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    活動内容:本会の事業の遂行を分担する。

  • 日本臨床発達心理士会中国・四国支部

    役職・役割名:支部役員(岡山県役員)

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    活動内容:本会の事業の遂行を分担する。

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:アイデンティティの揺らぎ体験を活かす保育者力量形成プログラムの実践開発

    研究期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では、保育者固有のアイデンティティ形成とその再統合の過程をこれまでの研究から整理する(目的1)。また、得られた知見、とりわけ保育者のアイデンティティの「揺らぎ」に焦点をあて、アイデンティティ形成と他の要因との関連を明らかにする(目的2)。さらに、自伝的記憶としての「揺らぎ」体験を活かした支援の具体的方途を提示する(目的3)。もって、保育者の成長支援と実践の質保証を図ることを目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:保育者のアイデンティティ形成と自伝的記憶に関する長期縦断的混合研究

    研究期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では,①保育者固有のアイデンティティ形成とその再統合のプロセス,及び②アイデンティティ形成と自伝的記憶など他要因との関連等を,養成から初任期,中堅期に至るまでの保育者志望学生,現職保育者を対象に検討する。具体的にはまず,大規模な縦断調査からアイデンティティ形成・再統合のプロセスを主に量的に解明する。次に,保育者の自伝的記憶を収集するための質問紙調査及び面接調査等を順次行い質的に補強する。さらに,得られた知見を踏まえ,現実的な養成課程と研修・支援プログラムの在り方を提示することを目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:保育者のアイデンティティ形成と自伝的記憶に関する長期縦断的混合研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では,①保育者固有のアイデンティティ形成とその再統合のプロセス,及び②アイデンティティ形成と自伝的記憶など他要因との関連等を,養成から初任期,中堅期に至るまでの保育者志望学生,現職保育者を対象に検討する。具体的にはまず,大規模な縦断調査からアイデンティティ形成・再統合のプロセスを主に量的に解明する。次に,保育者の自伝的記憶を収集するための質問紙調査及び面接調査等を順次行い質的に補強する。さらに,得られた知見を踏まえ,現実的な養成課程と研修・支援プログラムの在り方を提示することを目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:保育者のアイデンティティ形成と自伝的記憶に関する長期縦断的混合研究

    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では,①保育者固有のアイデンティティ形成とその再統合のプロセス,及び②アイデンティティ形成と自伝的記憶など他要因との関連等を,養成から初任期,中堅期に至るまでの保育者志望学生,現職保育者を対象に検討する。具体的にはまず,大規模な縦断調査からアイデンティティ形成・再統合のプロセスを主に量的に解明する。次に,保育者の自伝的記憶を収集するための質問紙調査及び面接調査等を順次行い質的に補強する。さらに,得られた知見を踏まえ,現実的な養成課程と研修・支援プログラムの在り方を提示することを目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:保育者のアイデンティティ形成と自伝的記憶に関する長期縦断的混合研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では,①保育者固有のアイデンティティ形成とその再統合のプロセス,及び②アイデンティティ形成と自伝的記憶など他要因との関連等を,養成から初任期,中堅期に至るまでの保育者志望学生,現職保育者を対象に検討する。具体的にはまず,大規模な縦断調査からアイデンティティ形成・再統合のプロセスを主に量的に解明する。次に,保育者の自伝的記憶を収集するための質問紙調査及び面接調査等を順次行い質的に補強する。さらに,得られた知見を踏まえ,現実的な養成課程と研修・支援プログラムの在り方を提示することを目指す。

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:200人

    開催日:2019年05月

    講座等名:御南認定こども園PTA研修教育講演会

    講義題名:乳幼児期からはぐくむ学びに向かう力:日々の生活で大切にしたいこと

    主催者:御南認定こども園

    対象者:保護者,保育専門職

    開催地,会場:岡山,社会福祉法人橘会御南認定こども園(遊戯室)

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:150人

    開催日:2019年06月

    講座等名:たちばな上中野保育園教育講演会

    講義題名:乳幼児期からはぐくむ学びに向かう力:日々の生活で大切にしたいこと

    主催者:たちばな上中野保育園

    対象者:保護者,保育専門職

    開催地,会場:岡山,社会福祉法人立正会たちばな上中野保育園(遊戯室)

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:80人

    開催日:2017年01月

    講座等名:別府市教育委員会平成28年度別府市幼稚園教育講演会

    講義題名:よりよく生きるための人とかかわる力を幼児期に育む

    主催者:別府市教育委員会

    対象者:保育専門職他

    開催地,会場:大分,別府市庁舎(レセプションホール)

生涯学習支援貢献 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    以下に示す地域の生涯学習に資する活動等に努めた。
    【1】幼児教育講座ホームページ/高校生他/2019年04月01日~/運営
    【2】岡山大学教育学部オープンキャンパス/高校生,保護者/2019年08月10日/実施
    【3】令和元年度教員免許状更新講習(選択必修)「変わりゆく幼児教育の「これマデ」と「これカラ」(学校園を巡る状況変化)」/専門職/2019年08月24日/講師(2コマ担当)
    【4】令和元年度教員免許状更新講習(選択)「気付きからはじめる新しい保育実践」/専門職/2019年08月26日/講師(2コマ担当)

  • 年度:2018年度

    以下に示す地域の生涯学習に資する活動等に努めた。
    【1】幼児教育講座ホームページ/高校生他/2018年04月01日~/運営
    【2】岡山大学教育学部オープンキャンパス/高校生,保護者/2018年08月09日/実施
    【3】平成30年度教員免許状更新講習(選択必修)「変わりゆく幼児教育の「これマデ」と「これカラ」(学校園を巡る状況変化)」/専門職/2018年08月25日/講師(2コマ担当)
    【4】日本乳幼児教育学会第28回大会 大会企画シンポジウム他/専門職/2018年12月08日~09日/企画・運営

  • 年度:2017年度

    以下に示す地域の生涯学習に資する活動等に努めた。
    【1】幼児教育講座ホームページ/高校生他/2017年04月01日~/運営
    【2】日本保育学会第70回大会実行委員会企画シンポジウム/専門職/2017年05月21日/司会・コーディネータ
    【3】岡山大学教育学部オープンキャンパス/高校生,保護者/2017年08月05日/実施
    【4】平成29年度教員免許状更新講習(選択必修)「変わりゆく幼児教育の「これマデ」と「これカラ」(学校園を巡る状況変化)」/専門職/2017年08月19日/講師(2コマ担当)
    【5】平成29年度教員免許状更新講習(選択)「幼児の人とかかわる力を育むための実践を拓く」/専門職/2017年08月28日/講師

  • 年度:2016年度

    以下に示す地域の生涯学習に資する活動等に努めた。
    【1】幼児教育講座ホームページ/高校生他/2016年04月01日~/運営
    【2】日本臨床発達心理士会中国四国支部第40回研修/専門職/2016年05月21日/開催・運営
    【3】岡山大学教育学部オープンキャンパス/高校生,保護者/2016年08月05日/実施
    【4】平成28年度教員免許状更新講習(選択必修)「変わりゆく幼児教育の「これマデ」と「これカラ」(学校園を巡る状況変化)」/専門職/2016年08月20日/講師(2コマ担当)
    【5】平成28年度教員免許状更新講習(選択)「幼児の人とかかわる力を育むための実践を拓く」/専門職/2016年08月22日/講師

  • 年度:2015年度

    以下に示す地域の生涯学習に資する活動等に努めた。
    【1】幼児教育講座ホームページ/高校生他/2015年04月01日~/運営
    【2】岡山大学教育学部オープンキャンパス/高校生,保護者/2015年08月07日/実施
    【3】平成27年度教員免許状更新講習「幼児の人とかかわる力を育むための実践を拓く」/専門職/2015年08月24日/講師
    【4】平成27年度教員免許状更新講習「教育の最新事情(学校を巡る状況変化等に関する教職についての省察)」/専門職/2015年12月12日~13日/講師(2コマ担当)

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山市児童福祉審議会

    役職:委員

    活動内容:次に掲げる事務を所掌する。(1)児童福祉法第8条第1項から第3項までに規定する事項、(2)児童福祉法施行令第29条に規定する事項、(3)認定こども園法第17条第3項、第21条第2項及び第22条第2項に規定する事項、(4)その他児童福祉に関する事項として市長が必要と認める事項。

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山市保健福祉政策審議会

    役職:委員

    活動内容:保健,医療及び福祉分野に係る主要な行政計画及び政策課題に関することについて,必要な調査審議を行う。

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山市障害者施策推進協議会

    役職:委員

    活動内容:事業内容について,調査審議する。

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山市児童福祉審議会

    役職:委員

    活動内容:次に掲げる事務を所掌する。(1)児童福祉法第8条第1項から第3項までに規定する事項、(2)児童福祉法施行令第29条に規定する事項、(3)認定こども園法第17条第3項、第21条第2項及び第22条第2項に規定する事項、(4)その他児童福祉に関する事項として市長が必要と認める事項。

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山市保健福祉政策審議会

    役職:委員

    活動内容:保健,医療及び福祉分野に係る主要な行政計画及び政策課題に関することについて,必要な調査審議を行う。

全件表示 >>

教育臨床 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    認定講習会の実績:【1】平成30年度教員免許状更新講習(選択必修)「変わりゆく幼児教育の「これマデ」と「これカラ」(学校園を巡る状況変化)」/専門職/2018年08月25日/岡山・岡山大学教育学部本館/講師(2コマ担当)

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:【1】平成30年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2018年04月16日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【2】平成30年度第2回附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/専門職/2018年06月21日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【3】平成30年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2018年07月02日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【4】平成30年度全幼研公開保育参加・第3回附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/専門職/2018年10月25日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【5】平成30年度幼児教育研究会『共にくらしを創る保育―思わず伝えたくなるひとやものとの出会い―』/専門職/2018年11月03日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園・小学校/分科会進行・助言

  • 年度:2017年度

    認定講習会の実績:【1】平成29年度教員免許状更新講習(選択必修)「変わりゆく幼児教育の「これマデ」と「これカラ」(学校園を巡る状況変化)」/専門職/2017年08月19日/岡山・岡山大学教育学部本館/講師(2コマ担当)
    【2】平成29年度教員免許状更新講習(選択)「幼児の人とかかわる力を育むための実践を拓く」/専門職/2017年08月28日/岡山・岡山大学教育学部東棟/講師

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:【1】平成29年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2017年04月21日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【2】平成29年度第1回附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/専門職/2017年04月27日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【3】平成29年度第1回研究開発運営指導委員会/専門職/2017年06月01日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【4】平成29年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2017年07月06日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【5】平成29年度全幼研公開保育参加・第2回附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/専門職/2017年08月01・03日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【6】平成29年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2017年08月30日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【7】平成29年度第2回研究開発運営指導委員会/専門職/2017年 月 日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【8】平成29年度幼児教育研究会『幼稚園教育と小学校教育の接続を図るための幼児期に生活していくために必要な習慣や「学びに向かう力」との関連性の検討を含めた「考える力」の育成を重視する教育課程及び教育内容・指導方法の開発』事前観察・打合せ会/専門職/2017年10月30日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【9】平成29年度幼児教育研究会『幼稚園教育と小学校教育の接続を図るための幼児期に生活していくために必要な習慣や「学びに向かう力」との関連性の検討を含めた「考える力」の育成を重視する教育課程及び教育内容・指導方法の開発』/専門職/2017年11月08日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園・小学校/分科会進行・助言,シンポジウム企画・司会
    【10】平成29年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2018年02月26日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言


  • 年度:2016年度

    認定講習会の実績:【1】平成28年度教員免許状更新講習(選択必修)「変わりゆく幼児教育の「これマデ」と「これカラ」(学校園を巡る状況変化)」/専門職/2016年08月20日/岡山・岡山大学環境理工学部棟/講師(2コマ担当)
    【2】平成28年度教員免許状更新講習(選択)「幼児の人とかかわる力を育むための実践を拓く」/専門職/2016年08月22日/岡山・岡山大学教育学部東棟/講師

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:【1】平成28年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2016年04月22日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【2】平成28年度第1回附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/専門職/2016年04月25日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【3】平成28年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2016年06月08日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【4】平成28年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2016年08月24日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【5】平成28年度岡山大学教育学部附属幼稚園園内研修会・第2回附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/専門職/2016年09月08日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【6】平成28年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2016年09月16日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【7】平成28年度第2回研究開発運営指導委員会/専門職/2016年09月29日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【8】平成28年度幼児教育研究会『考える力を育てることばの教育―幼小接続を図るための学びに向かう力と「考える力」の育成を重視する教育課程及び指導方法について―』事前観察・打合せ会/専門職/2016年11月02日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【9】平成28年度幼児教育研究会『考える力を育てることばの教育―幼小接続を図るための学びに向かう力と「考える力」の育成を重視する教育課程及び指導方法について―』/専門職/2016年11月11日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/分科会進行・助言
    【10】平成28年度教育研究アドバイザー研究推進会議/専門職/2017年03月03日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言

  • 年度:2015年度

    認定講習会の実績:【1】平成27年度教員免許状更新講習「幼児の人とかかわる力を育むための実践を拓く」/専門職/2015年08月24日/岡山・岡山大学教育学部東棟/講師
    【2】平成27年度教員免許状更新講習「教育の最新事情(学校を巡る状況変化等に関する教職についての省察)」/専門職/2015年12月12日~13日/岡山・岡山大学教育学部本館/講師(2コマ担当)

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:【1】平成27年度第1回附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/専門職/2015年04月30日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【2】平成27年度第1回研究開発運営指導委員会/専門職/2015年05月29日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【3】平成27年度岡山大学教育学部附属幼稚園園内研修会・第2回附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/専門職/2015年07月01日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【4】平成27年度幼児教育研究会『考える力を育てることばの教育―一貫教育カリキュラムの実践を通した「考える力」の育ちの検証―』事前観察・打合せ会/専門職/2015年10月29日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言
    【5】平成27年度幼児教育研究会『考える力を育てることばの教育―一貫教育カリキュラムの実践を通した「考える力」の育ちの検証―』/専門職/2015年11月07日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/分科会進行・助言
    【6】平成27年度第2回研究開発運営指導委員会/専門職/2015年11月19日/岡山・岡山大学教育学部附属幼稚園/指導助言

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    役職:その他

    職名:岡山大学保育所なかよし園園長

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:なかよし園の管理運営に関することを掌理し,所属職員を監督した。

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    職名:岡山大学保育所なかよし園園長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

    貢献の実績:なかよし園の管理運営に関することを掌理し,所属職員を監督した。

  • 年度:2016年度

    役職:その他

    職名:岡山大学保育所なかよし園園長

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:なかよし園の管理運営に関することを掌理し,所属職員を監督した。

  • 年度:2015年度

    役職:その他

    職名:岡山大学保育所なかよし園園長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:なかよし園の管理運営に関することを掌理し,所属職員を監督した。

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:岡山大学保育所運営委員会

    役職:副委員長

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:次に掲げる事項を審議した。一 岡山大学保育所の年間運営計画の策定,二 なかよし園の利用者の決定,三 保育所の利用料金,四 保育所の経理,五 その他保育所運営に関わる事項。 

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:鹿田地区防災対策委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:岡山大学鹿田キャンパスにおける防災対策の強化を目指し,基本的な安全対策に関する組織的対応等について検討審議した。

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:岡山大学保育所運営委員会

    役職:副委員長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

    貢献の実績:次に掲げる事項を審議した。一 岡山大学保育所の年間運営計画の策定,二 なかよし園の利用者の決定,三 保育所の利用料金,四 保育所の経理,五 その他保育所運営に関わる事項。 

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:鹿田地区防災対策委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

    貢献の実績:岡山大学鹿田キャンパスにおける防災対策の強化を目指し,基本的な安全対策に関する組織的対応等について検討審議した。

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:岡山大学保育所運営委員会

    役職:副委員長

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:次に掲げる事項を審議した。一 岡山大学保育所の年間運営計画の策定,二 なかよし園の利用者の決定,三 保育所の利用料金,四 保育所の経理,五 その他保育所運営に関わる事項。 

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:保育実習専門委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

    貢献の実績:岡山大学教育学部の保育士養成に関わる業務の推進を図った。

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科先端課題実践開発専攻先端課題実践開発連合講座代表者

    役職:その他

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

    貢献の実績:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科先端課題実践開発専攻先端課題実践開発連合講座の運営に関わる業務に従事した。

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:人事委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

    貢献の実績:人事委員会委員(教授会選出の教授)として,次に掲げる事項を審議した。一 教員の人事計画に関する事項,二 教員の採用及び昇任の基準に関する事項,三 その他委員会が必要と認める事項。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科先端課題実践開発専攻先端課題実践開発連合講座代表者

    役職:その他

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科先端課題実践開発専攻先端課題実践開発連合講座の運営に関わる業務に従事した。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科課程修了による博士の学位論文審査委員会

    役職:委員

    任期:2019年02月

    貢献の実績:先端課題実践開発専攻先端課題実践開発連合講座・大森弘子氏(岡山大学配属)の課程修了による学位申請に係る審査に主査として従事した。

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:以下に示す所属部局における業務等に従事した。
    【1】教育学部附属幼稚園教育研究アドバイザー/教員/2019年04月~/担当
    【2】教育学部附属幼稚園運営指導委員会/教員/2019年04月~/委員
    【3】教育学部附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/教員/2019年05月16日~/委員

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:以下に示す所属部局における業務等に従事した。
    【1】教育学部附属幼稚園教育研究アドバイザー/教員/2018年04月~/担当
    【2】教育学部附属幼稚園運営指導委員会/教員/2018年04月~/委員
    【3】教育学部附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/教員/2018年04月16日~/委員

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:以下に示す所属部局における業務等に従事した。
    【1】教育学部附属幼稚園教育研究アドバイザー/教員/2017年04月~/担当
    【2】教育学部附属幼稚園運営指導委員会/教員/2017年04月~/委員
    【3】教育学部附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/教員/2017年04月27日~/委員

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:以下に示す所属部局における業務等に従事した。
    【1】教育学部附属幼稚園教育研究アドバイザー/教員/2016年04月~/担当
    【2】教育学部附属幼稚園運営指導委員会/教員/2016年04月~/委員
    【3】教育学部附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/教員/2016年04月25日~/委員
    【4】文部科学省科学研究費予備応募書類ピアレビュー/教員/2016年08月24日~/担当

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:以下に示す所属部局における業務等に従事した。
    【1】教育学部附属幼稚園運営指導委員会/教員/2015年04月~/委員
    【2】教育学部附属幼稚園・幼児教育講座研究推進会議/教員/2015年04月25日~/委員
    【3】文部科学省科学研究費予備応募書類ピアレビュー/教員/2015年09月25日~/担当

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:幼児教育講座ホームページ管理者

    役職:その他

    貢献の実績:幼児教育講座のホームページの管理・運営に従事した。

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:連合大学院博士課程担当

    役職:その他

    貢献の実績:連合大学院博士課程に関わる講座内の業務に従事した。

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:講座主任

    役職:委員

    貢献の実績:幼児教育・講座主任に関わる業務に従事した。

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:総務連絡委員

    役職:委員

    貢献の実績:幼児教育講座の総務連絡に関わる業務に従事した。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:連合大学院博士課程担当

    役職:その他

    貢献の実績:連合大学院博士課程に関わる講座内の業務に従事した。

全件表示 >>

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:●本年度は講座主任,総務連絡委員などの講座内業務に従事した。講座が主導して開催する学会大会の準備とともに,保育士養成課程に関わる業務等に携わった。また引き続き、膨らむ業務に対して、効率的な実施を意識し,一層の合理化に努めた。

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:●本年度は教務連絡委員(副)などの講座内業務に従事した。とりわけ,再課程認定の関連業務に携わった。また引き続き、加算的に膨らむ業務に対して、効率的な実施を意識し,一層の合理化に努めた。