所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

大学院環境生命科学研究科・環境生態学講座

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

応用昆虫学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

生態,植物保護(応用昆虫)

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:生理活性物質が制御する生物の動きと適応度に関する進化生態学的解析

    研究課題概要:

  • 研究課題名:生物の光応答メカニズムの解明 と省エネルギー、コスト削減利用技術の開発

  • 研究課題名:飛ばないテントウムシのアブラムシ防除への適用

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:生命の不思議に挑んだ科学者たち

    出版機関名:山川出版社

    発行日:2015年01月

    著者名:宮竹貴久

    著書形態:単著

  • 論文題目名:Differences in Attack Avoidance and Mating fSuccess between Strains Artificially Selected for Dispersal Distance in Tribolium

    掲載誌名:PLoS ONE10 (5)巻

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):Kentarou Matsumura, Takahisa Miyatake

  • 著書名:恋するオスが進化する

    出版機関名:メディアファクトリー

    発行日:2011年10月

    著者名:宮竹貴久

    著書形態:単著

 

写真

氏名

宮竹 貴久 (ミヤタケ タカヒサ)

MIYATAKE Takahisa

所属専攻講座

環境生命科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)生態,植物保護(応用昆虫)

(英)Ecology,Applied Entomology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:琉球大学

    学校の種類:大学

    学部名:農学部

    学科名:

    卒業年月:1984年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:琉球大学

    研究科名:農学研究科

    専攻名:農学

    修了課程:修士課程

    修了年月:1986年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学) (Doctor of Science)

    学位の分野名:生物・生態 (biology)

    学位授与機関名:九州大学 (Kyushu University)

    取得方法:論文

    取得年月:1996年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2005年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:ロンドン大学(ユニバーシティーカレッジ)客員研究員 (University College London, Researcher)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:1997年07月 ~ 1998年07月

  • 所属(勤務)先:沖縄県農業試験場

    経歴名:研究員

    経歴期間:1990年04月 ~ 2000年10月

  • 所属(勤務)先:沖縄県中部農業改良普及所

    経歴名:職員(技術系)

    経歴期間:1987年04月 ~ 1990年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 個体群生態学会 /  日本国 ( )

    役職・役割名:編集委員

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 2001

  • 日本生態学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • アメリカ昆虫学会 /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 進化学会(アメリカ) /  その他 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本応用動物昆虫学会 /  日本国 ( )

    役職・役割名:編集委員

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 2001

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用昆虫学 (Applied entomology)

  • 生態・環境 (Ecology/environment)

  • 進化生物学 (Evolutionary biology)

  • 動物生理・行動 (Animal physiology/behavior)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 動物生態学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:生理活性物質が制御する生物の動きと適応度に関する進化生態学的解析

    キーワード:生体アミン

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2014年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生態・環境

    専門分野(researchmap分類):動物生態学

  • 研究課題名:生物の光応答メカニズムの解明 と省エネルギー、コスト削減利用技術の開発

    キーワード:光応答

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:農林水産業特別試験研究費補助金

    研究期間:2010年04月 ~ 2013年03月

    専門分野(科研費分類):応用昆虫学

    専門分野(researchmap分類):植物の病虫害防除

  • 研究課題名:飛ばないテントウムシのアブラムシ防除への適用

    キーワード:天敵、品質管理

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:先導的技術実用化促進のための研究

    研究期間:2008年04月 ~ 2011年03月

    専門分野(科研費分類):応用昆虫学

    専門分野(researchmap分類):植物の病虫害防除

  • 研究課題名:意思決定の進化生態学的基盤:負け記憶の生態遺伝メカニズム

    キーワード:意思決定

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2011年04月 ~ 2013年03月

    専門分野(科研費分類):生態・環境

    専門分野(researchmap分類):動物生態学

  • 研究課題名:サツマイモ等の重要害虫であるイモゾウムシの根絶のための実用的な光トラップの開発及び防除モデルの策定

    キーワード:イモゾウムシ

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:農林水産業特別試験研究費補助金

    研究期間:2011年04月 ~ 2013年03月

    専門分野(科研費分類):応用昆虫学

    専門分野(researchmap分類):植物の病虫害防除

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:進化生態学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:個体群生態学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:進化生態学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生態学概論2

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生態学概論2

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 5人

    修士論文指導学生: 4人

    博士論文指導学生: 1人

    研究生等指導学生: 0人

    AA担当学生数: 10人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Seasonality of Wolbachia infection rate in two closely related sympatric species of terrestrial isopods (Isopoda

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Asia-Pacific Entomology20巻 4号 (頁 1096 ~ 1103)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Takuto Sumi,Yui Takahashi,Hiroki Sawatani,Shigenori Karasawa,Kazuki Miura,Takahisa Miyatake*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.aspen.2017.08.009

  • 論文題目名:Adults of Lasioderma serricorne and Stegobium paniceum (Anobiidae

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Economic Entomology110巻 4号 (頁 1911 ~ 1915)

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):Mantaro Hironaka,Toru Kamura,Midori Osada,Rikiya Sasaki,Kazutaka Shinoda,Takahiko Hariyama,Takahisa Miyatake*

    共著区分:共著

    DOI:10.1093/jee/tox127

  • 論文題目名:Decoupling of Behavioral Trait Correlation Across Life Stages in Two Holometabolous Insects

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Behavior Genetics47巻 4号 (頁 459 ~ 467)

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):Kentarou Matsumura,Taro Fuchikawa ,Takahisa Miyatake*

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s10519-017-9847-1

  • 論文題目名:Wolbachia density changes seasonally amongst populations of the pale grass blue butterfly, Zizeeria maha (Lepidoptera

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:PLoS One, PLoS ONE, PloS one12巻 4号 (頁 39 ~ 48)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Takuto Sumi,Kazuki Miura,Takahisa Miyatake*

    共著区分:共著

    DOI:10.1371/journal.pone.0175373

  • 論文題目名:Faster (or slower) developers have a shorter (or longer) circadian period in Bactrocera cucurbitae

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physiological Entomology42巻 1号 (頁 98 ~ 102)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):Takahisa Miyatake*

    共著区分:単著

    DOI:10.1111/phen.12182

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Insect quality control: synchronized sex, mating system and biological rhythm

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Applied Entomology and Zoology 46巻 (頁 3 ~ 14)

    出版機関名:

    発行年月:2011年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:生命の不思議に挑んだ科学者たち

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:山川出版社

    発行日:2015年01月

    著者名:宮竹貴久

    著書形態:単著

  • 著書名:昆虫生態学

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:朝倉書店

    発行日:2014年03月

    著者名:「藤崎憲治」「宮竹貴久」「松浦健二」「松村正哉」「大串隆之」

    著書形態:単著

  • 著書名:「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:講談社

    発行日:2014年03月

    著者名:宮竹貴久

    著書形態:単著

  • 著書名:恋するオスが進化する

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メディアファクトリー

    発行日:2011年10月

    著者名:宮竹貴久

    著書形態:単著