所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

医学部・医学科・血液・腫瘍・呼吸器内科学

職名 【 表示 / 非表示

講師

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

肺癌、分子標的治療

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:肺癌の分子標的治療

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Lung cancers with acquired resistance to EGFR inhibitors occasionally harbor BRAF gene mutations but lack mutations in KRAS, NRAS, or MEK1.

    掲載誌名:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America

    発行年月:2012年08月

    著者氏名(共著者含):Ohashi K, Sequist LV, Arcila ME, Moran T, Chmielecki J, Lin YL, Pan Y, Wang L, de Stanchina E, Shien K, Aoe K, Toyooka S, Kiura K, Fernandez-Cuesta L, Fidias P, Yang JC, Miller VA, Riely GJ, Kris MG, Engelman JA, Vnencak-Jones CL, Dias-Santagata D, Ladanyi M, Pao W.

  • 題目:Epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor-resistant disease.

    掲載誌名:Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology

    発行年月:2013年03月

    著者氏名(共著者含):Ohashi K, Maruvka YE, Michor F, Pao W.

 

写真

氏名

大橋 圭明 (オオハシ カドアキ)

OHASHI Kadoaki

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

講師

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区鹿田町2-5-1

(英)2-5-1 Shikata-cho, Kita-ku, Okayama, Japan

研究室電話

(日)086-235-7227

(英)+81-86-235-7227

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)肺癌、分子標的治療

(英)Lung cancer, targeted therapy

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:医学科

    卒業年月:2001年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医歯薬学総合研究科

    専攻名:病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座

    修了課程:博士課程

    修了年月:2008年09月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:呼吸器内科学 (Respiratory organ internal medicine)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2008年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2017年10月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2013年12月 ~ 2017年09月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:国立病院機構四国がんセンター

    経歴名:職員(医療系)

    経歴期間:2012年12月 ~ 2013年11月

  • 所属(勤務)先:ヴァンダービルト大学 (Vanderbilt University)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2009年12月 ~ 2012年11月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会 /  日本国 ( 2001年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:中国支部評議員

    活動期間:2016年04月 ~ 継続中

  • 日本呼吸器学会 /  日本国 ( 2004年08月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:中国・四国支部評議員

    活動期間:2017年07月 ~ 継続中

  • 日本肺癌学会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:教育研修委員会委員

    活動期間:2016年12月 ~ 継続中

  • 日本臨床腫瘍学会 (Japanese Society of Medical Oncology)  /  日本国 ( 2004年08月 ~ 継続中 )

  • AACR (American Association for Cancer Research) /  アメリカ合衆国 ( 2006年04月 ~ 継続中 )

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器の腫よう

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本内科学会総合内科専門医

  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医

  • 日本内科学会 認定教育施設指導医

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:肺癌の分子標的治療

    キーワード:分子標的治療

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2013年12月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):呼吸器内科学

    専門分野(researchmap分類):呼吸器の腫よう

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 臨床研修指導医講習  ( 2016年08月 )

  • 共用試験医学系OSCE評価者認定講習会  ( 2014年09月 )

  • 緩和ケア研修会PEACE  ( 2013年07月 )

  • JMECC(内科救急・ICSL講習会)  ( 2015年02月 )

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Lung cancers with acquired resistance to EGFR inhibitors occasionally harbor BRAF gene mutations but lack mutations in KRAS, NRAS, or MEK1.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America

    発行年月:2012年08月

    著者氏名(共著者含):Ohashi K, Sequist LV, Arcila ME, Moran T, Chmielecki J, Lin YL, Pan Y, Wang L, de Stanchina E, Shien K, Aoe K, Toyooka S, Kiura K, Fernandez-Cuesta L, Fidias P, Yang JC, Miller VA, Riely GJ, Kris MG, Engelman JA, Vnencak-Jones CL, Dias-Santagata D, Ladanyi M, Pao W.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Characteristics of lung cancers harboring NRAS mutations.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research

    発行年月:2013年05月

    著者氏名(共著者含):Ohashi K, Sequist LV, Arcila ME, Lovly CM, Chen X, Rudin CM, Moran T, Camidge DR, Vnencak-Jones CL, Berry L, Pan Y, Sasaki H, Engelman JA, Garon EB, Dubinett SM, Franklin WA, Riely GJ, Sos ML, Kris MG, Dias-Santagata D, Ladanyi M, Bunn PA Jr, Pao W.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Discovery of a mutant-selective covalent inhibitor of EGFR that overcomes T790M-mediated resistance in NSCLC.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancer discovery

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含):Walter AO, Sjin RT, Haringsma HJ, Ohashi K, Sun J, Lee K, Dubrovskiy A, Labenski M, Zhu Z, Wang Z, Sheets M, St Martin T, Karp R, van Kalken D, Chaturvedi P, Niu D, Nacht M, Petter RC, Westlin W, Lin K, Jaw-Tsai S, Raponi M, Van Dyke T, Etter J, Weaver Z, Pao W, Singh J, Simmons AD, Harding TC, Allen A.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Optimization of dosing for EGFR-mutant non-small cell lung cancer with evolutionary cancer modeling.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Science translational medicine.

    発行年月:2011年07月

    著者氏名(共著者含):Chmielecki J, Foo J, Oxnard GR, Hutchinson K, Ohashi K, Somwar R, Wang L, Amato KR, Arcila M, Sos ML, Socci ND, Viale A, de Stanchina E, Ginsberg MS, Thomas RK, Kris MG, Inoue A, Ladanyi M, Miller VA, Michor F, Pao W.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Lower gefitinib dose led to earlier resistance acquisition before emergence of T790M mutation in epidermal growth factor receptor-mutated lung cancer model.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancer science

    発行年月:2014年03月

    著者氏名(共著者含):Hayakawa H, Ichihara E, Ohashi K, Ninomiya T, Yasugi M, Takata S, Sakai K, Matsumoto K, Takigawa N, Tanimoto M, Kiura K.

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor-resistant disease.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology

    出版機関名:

    発行年月:2013年03月

    著者氏名(共著者含):Ohashi K, Maruvka YE, Michor F, Pao W.

    共著区分:共著

  • 題目:A new target for therapy in squamous cell carcinoma of the lung.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancer Discovery

    出版機関名:

    発行年月:2011年01月

    著者氏名(共著者含):Ohashi K, Pao W.

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:G-CSFの適正使用

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:日本臨床

    発行日:2014年12月

    著者名:大橋 圭明, 木浦 勝行

    著書形態:共著

  • 著書名:肺癌治療の動向-現状と展望 化学療法

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メディカルビュー社

    発行日:2014年04月

    著者名:大橋圭明、野上尚之

    著書形態:共著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Japanese Journal of Clinical Oncology

    委員長/委員等の種類:委員

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Cancer Research

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Thoracic Oncology

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Thoracic Oncology

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Internal Medicine

  • 年度:2015年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Journal of Thoracic Oncology

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:AACR 2019

    開催場所:Atlanta

    開催期間:2019年03月 ~ 2019年04月

    題目又はセッション名:Tumor Immunoediting in a Lung Cancer Mouse Model harboring EGFR mutations

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:AACR 2019

    開催場所:Atlanta

    開催期間:2019年03月 ~ 2019年04月

    題目又はセッション名:Rapid Acquired Resistance to Alectinib in ALK-Positive Lung Cancers with High Tumor Mutation Burden

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:AACR 2019

    開催場所:Atlanta

    開催期間:2019年03月 ~ 2019年04月

    題目又はセッション名:Significant combination benefit of anti-VEGFR antibody and oncogene-targeted agents in EGFR or ALK mutant NSCLC cells

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本呼吸器学会中国・四国地方会

    開催場所:高松市

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:EGFR exon18,delE709 T710insD変異陽性肺腺癌に対してafatinibが奏功した1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回日本肺癌学会学術集会

    開催場所:東京

    開催期間:2018年11月 ~ 2018年12月

    題目又はセッション名:非小細胞肺癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の再投与における効果と安全性に対する後方視的検討

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本呼吸器学会  

    役職・役割名:中国・四国支部評議員

    活動期間:2017年07月 ~ 継続中

  • 日本肺癌学会 

    役職・役割名:プレセプターシッププログラム委員

    活動期間:2017年07月 ~ 継続中

  • 日本肺癌学会

    役職・役割名:教育研修委員会委員

    活動期間:2016年12月 ~ 継続中

  • 日本内科学会

    役職・役割名:中国支部評議員

    活動期間:2016年04月 ~ 継続中

  • 日本肺癌学会

    役職・役割名:中国・四国支部評議員

    活動期間:2015年07月 ~ 継続中

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:肺癌モデル動物およびその利用

    発明(考案)者名:谷本光音、木浦勝行、大橋圭明ほか

    登録番号:5255216

    登録日:2013年04月26日

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:Grant for Lung Cancer Research

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2017年10月14日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本肺癌学会

    受賞者・受賞グループ名:大橋 圭明

  • 受賞学術賞名:AACR scholar in training award

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2008年04月14日

    受賞国:アメリカ合衆国

    授与機関:AACR

    受賞者・受賞グループ名:Ohashi Kadoaki

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:「persister」がん細胞マウスモデルによる肺癌の根治的薬物療法の開発

    研究期間:2019年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:遺伝子改変マウスを用いてEGFR阻害薬の耐性機構として腫瘍微小環境、persisterがん細胞の病態を検討する。

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目: 肺癌の治癒を目指すEGFR-TKI、抗EGFR抗体とベバシズマブ併用療法の効果

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:EGFR変異を有する肺癌の治癒につながる治療戦略の基礎的検討を行う

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:治癒を目指すための肺癌幹細胞を利用した次世代肺癌マウスモデルの基礎的臨床的検討

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:EGFR変異肺癌の耐性機序を解明し、進行肺がんの根治を目指す

  • 研究種目名:若手研究(スタートアップ)

    研究題目:EGFR-TKIsと抗EGFR抗体の併用療法に対するベバシズマブによる修飾効果

    研究期間:2014年08月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:EGFR-TKIsと抗EGFR抗体の併用療法に対するベバシズマブによる修飾効果を検証

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:公益財団法人 中国労働衛生協会『医学に関する研究助成』

    研究題目:呼気濃縮液の癌遺伝子診断による肺癌の早期診断

    研究期間:2017年10月 ~ 継続中

    資金支給機関:公益財団法人 中国労働衛生協会

  • 資金名称:特定非営利活動法人日本肺癌学会 肺癌研究助成(Grant for Lung Cancer Research)

    研究題目:アレクチニブ早期耐性となったALK陽性非小細胞肺癌の剖検検体、新規樹立細胞株の包括的解析と次世代治療戦略の確立

    研究期間:2017年10月 ~ 継続中

    資金支給機関:特定非営利活動法人日本肺癌学会

  • 資金名称:公益財団法人岡山健康づくり財団 がんに関する研究等への助成

    研究題目:呼気濃縮液からの癌遺伝子の検出方法の確立

    研究期間:2017年08月 ~ 継続中

    資金支給機関:公益財団法人岡山健康づくり財団

  • 資金名称:国立がん研究センター研究開発費

    研究題目:新薬開発に資するがんゲノム情報の全国レベルでのデータベース構築に関する研究

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:国立がん研究センター

    研究内容:新薬開発に資するがんゲノム情報の全国レベルでのデータベース構築

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:肺癌細胞を導入したマウスのゼノグラフトモデルに対するafatinibの有効性の検討

    受託研究区分:一般受託研究

    研究期間:2016年10月 ~ 継続中

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    研究期間:2014年01月 ~ 2015年03月

    研究費名:若手研究者スタートアップ研究支援事業

 
 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:共同実験室運営委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 継続中

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:教育企画委員

    役職:委員

    任期:2014年01月 ~ 2016年03月

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:動物資源部門鹿田施設利用協議会

    役職:その他

    任期:2013年12月 ~ 2016年03月

  • 年度:2013年度

    委員会等の名称:卒後臨床研修会議

    役職:その他

    任期:2014年01月 ~ 2016年03月