写真

氏名

崎田 真一 (サキダ シンイチ)

SAKIDA Shinichi

ホームページ

メールアドレス

所属部局

環境管理センター

所属学科・講座

環境管理センター

専門分野

リサイクル工学, 無機材料化学

職名

准教授

科研費細目番号 【 表示 / 非表示

  • 4601(物理化学) , 5402(無機材料・物性) , 4603(無機化学)

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 基礎研究

    湿式ボールミル法を用いた廃棄物の再資源化技術の開発:無機性汚泥,鉱さい,ガラス・陶磁器くず等の廃棄物を湿式ボールミル処理することにより廃棄物から重金属類等を有価物として回収するための技術の開発を行っている。

  • 基礎研究

    イオン交換法によるガラス光導波路作製とその特性評価及びイオン交換ガラスの構造解析:1.5マイクロメートル広帯域での一括増幅を可能にするErイオンドープテルライトガラスに光導波路を作製することで小型光増幅器としての応用が期待できる。そこでErイオンドープテルライトガラスにイオン交換法を用いて作製した光導波路の屈折率,モード,伝搬損失測定等の光学特性評価を行っている。また,固体NMR等を用いてイオン交換前後のガラスの構造変化を調べる手法で,イオン交換現象についての基礎的な研究を行っている。

  • 基礎研究

    SnOベースガラスによる鉛代替ガラスの開発:スズと鉛は同族元素であることからSnOベースガラスは鉛ガラスに匹敵する諸物性を示し,環境汚染の心配のない鉛代替ガラスになりうると考え,SnOベースガラスを基にした鉛代替ガラスの開発を行っている。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

廃棄物, リサイクル, ボールミル, ガラス, 光導波路, 光学特性, NMR, 構造, 鉛フリー

代表的な研究成果 【 表示 / 非表示

[1]“Effect of Nb2O5 addition to SnO–P2O5 glass”, S. Fukui, S. Sakida, Y. Benino, T. Nanba, J. Ceram. Soc. Jpn., 120[11], 530-533 (2012).
[2]“Fabrication and characterization of Er3+-doped tellurite glass Waveguides By Ag+-Na+ Ion-exchange Method Using a Dry Electromigration Process”, S. Sakida, K. Kimura, Y. Benino, T. Nanba, Processing, Properties, and Applications of Glass and Optical Materials: Ceramic Transactions, 231, 201-207 (2012).
[3]“湿式ボールミル法を用いた無機性産業廃棄物の再資源化技術の開発”, 崎田真一, 紅野安彦, 難波徳郎, 環境制御, 33, 6-12 (2011).
[4]“湿式ボールミル法を用いた無機性汚泥の再資源化技術の開発”, 崎田真一, 黒田龍介, 紅野安彦, 難波徳郎, 環境制御, 31, 26-31 (2009).
[5]「鉛フリー光学ガラスとしてのSnO-B2O3ガラスの光学特性」, 崎田真一, 難波徳郎, 三浦嘉也, 環境制御, 30, 39-44 (2008). 
[6] "Optical properties of Er3+-doped tungsten tellurite glass waveguides by Ag+-Na+ ion-exchange", S. Sakida, T. Nanba and Y. Miura, Opt. Mater., 30, 586-593 (2007).

研究連携について 【 表示 / 非表示

ひとこと 【 表示 / 非表示