写真

氏名

押木 俊之 (オシキ トシユキ)

OSHIKI Toshiyuki

メールアドレス

メールアドレス

所属部局

自然科学研究科

所属学科・講座

応用化学専攻・応用化学講座 産学官融合センター・低炭素技術調査室・研究企画調整室

専門分野

触媒科学, 資源, 風力発電

職名

講師

科研費細目番号 【 表示 / 非表示

  • 5503(触媒・資源化学プロセス) , 4603(無機化学) , 4705(環境関連化学) , 4702(合成化学)

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 実用研究

    1)【実用化研究】低炭素社会を先導する革新的触媒技術開発(水和触媒の開発)
    化学触媒法により、ニトリル類からアミド類を省エネ・省資源型で製造する革新的製造プロセスを開発する。アミド類のうち、工業的に特に重要なアクリルアミド等の化学品を超高純度で製造する我が国の独自技術により、地球規模の課題解決(水資源問題等)に貢献する。

  • 応用研究

    2)【応用研究】ケミカルバイオリファイナリー:LCA(ライフサイクルアセスメント)に配慮した低炭素型化学触媒によるものづくり(脱水素触媒等の開発)
    非枯渇資源を原料に、有用化学品を高速で製造する化学触媒法を開発する。天然に存在する含酸素化合物(糖類など)から、脱水素あるいは水素化分解技術により、ゼロエミッション型で化学品を製造する。

  • 基礎研究

    3)【基礎研究】新規水素製造触媒等の研究 (グリセリン利活用技術開発、ナノ粒子触媒開発, 再生可能エネルギー)
    水素社会の到来を見据えたエネルギー開発のため、化学触媒により水素を高効率で製造する研究を進める。水素を製造できる新しいルテニウム、パラジウム、イリジウム錯体の開発を進め(理論計算込み)、その触媒構造をNMR(核磁気共鳴法)や結晶構造解析等により解明する。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

触媒化学,バイオディーゼル(バイオ燃料),加水分解,創エネ,水素 ,省エネ,低炭素社会,風力発電,錯体触媒

代表的な研究成果 【 表示 / 非表示

論文:(1)Alkyne exchange reactions of silylalkyne complexes of tantalum: Mechanistic investigation and its application in the preparation of new tantalum complexes having functional alkynes (PhC CR (R = COOMe, CONMe2))
Organometallics, 26, 173, 2007.(2)Dramatic rate acceleration by a diphenyl-2-pyridylphosphine ligand in the hydration of nitriles catalyzed by Ru(acac)2 complexes
Organometallics ,24, 6287, 2005.
特開 2009−214099, 2009-023925, 2008-088153, 2008-285546, 2008-231267

研究連携について 【 表示 / 非表示

ひたすら誠実に取り組むことを約束します。そのためには、互いに価値観を許容することと、迅速な意思決定が必要です。
研究成果の社会還元・社会実装を加速するため、各種展示会(東京ビッグサイト等)への出展の支援、報道発表(記者発表)の高度なノウハウを提供します。
経済産業省技術戦略マップ等の、国家戦略上の重要課題の分析・調査を実施しています。課題指向型研究提案へ向けたアドバイスも行っております。

ひとこと 【 表示 / 非表示

化学品の製造法を極限までシンプルにする革新的錯体触媒プロセスを開発する。具体的にはニトリルなどを中性条件で加水分解する新規錯体触媒プロセスの開発により、工業的に重要な化学品を得ることを目的とする。本プロセスの従来にない特長は、(1)省エネルギー、(2)廃水ゼロ、(3)高効率の3点に集約され、環境調和型グリーンプロセスを実現し、人類の持続的発展に貢献するものである。本研究は岡山大学産学官融合センターを拠点に企業等と連携し実施している。
日本化学会第11回技術進歩賞受賞
研究支援プログラム:NEDO:産業技術研究助成事業、エコイノベーション推進事業, JST;シーズ発掘試験、つなぐしくみデータ補完,岡山県:特別電源所在県科学技術振興事業
http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~oshiki/

代表的な論文 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:pH Effect on Properties of Surfactant-free Oil-in-water Emulsion Prepared with Oleic Acid ( pH Effect on Properties of Surfactant-free Oil-in-water Emulsion Prepared with Oleic Acid)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Chemistry Letters43巻 5号 (頁 604 ~ 606)

    発行年月:2014年05月

    著者氏名(共著者含):Yuta Akizuki, Mikio Yoshida, Naoyuki Ishida, Toshiyuki Oshiki, Jun Oshitani ( Yuta Akizuki, Mikio Yoshida, Naoyuki Ishida, Toshiyuki Oshiki, Jun Oshitani)

    共著区分:共著

    DOI:10.1246/cl.131209 、

  • 論文題目名:「やきもの」を用いる科学啓発活動の取り組み

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:セラミックス48巻 11号 (頁 889 ~ 894)

    発行年月:2013年11月

    著者氏名(共著者含):米田美佳, 中西真, 押木俊之, 小野 山和男, 原田勲, 菅誠治, 髙田潤

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Preparation of Magnetic Ionic Liquids Composed of Hybrid-Type Anions ( Preparation of Magnetic Ionic Liquids Composed of Hybrid-Type Anions)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Australian Journal of Chemistry ( Australian Journal of Chemistry) 65巻 11号 (頁 1557 ~ 1560)

    発行年月:2012年11月

    著者氏名(共著者含):Yumiko Takagi, Yoriko Kusunoki, Yukihiro Yoshida, Hirofusa Tanaka, Gunzi Saito, Kosuke Katagiri, Toshiyuki Oshiki ( Yumiko Takagi, Yoriko Kusunoki, Yukihiro Yoshida, Hirofusa Tanaka, Gunzi Saito, Kosuke Katagiri, Toshiyuki Oshiki)

    共著区分:共著

    DOI:10.1071/CH12331、

  • 論文題目名:2-Diphenylphosphanyl-4-pyridyl(dimethyl)amine as an Effective Ligand for the Ruthenium(II) Complex Catalyzed Homogeneous Hydration of Nitriles under Neutral Conditions ( 2-Diphenylphosphanyl-4-pyridyl(dimethyl)amine as an Effective Ligand for the Ruthenium(II) Complex Catalyzed Homogeneous Hydration of Nitriles under Neutral Conditions)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Catalysis Today ( Catalysis Today) 164巻 (頁 552 ~ 555)

    発行年月:2011年04月

    著者氏名(共著者含):Muranaka, M.; Hyodo, I.; Okumura, W.; Oshiki, T. ( Muranaka, M.; Hyodo, I.; Okumura, W.; Oshiki, T. )

    共著区分:共著

  • 論文題目名:高活性2元機能型触媒によるニトリル類からアミド類の製造法

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:有機合成化学協会誌68巻 1号 (頁 41 ~ 51)

    発行年月:2010年04月

    著者氏名(共著者含):*押木俊之,兵頭功, 石塚章斤

    共著区分:共著

全件表示 >>