写真

氏名

大貫 俊夫 (オオヌキ トシオ)

OHNUKI Toshio

メールアドレス

所属部局

社会文化科学研究科

所属学科・講座

歴史文化論講座

専門分野

西洋中世史

職名

准教授

科研費細目番号 【 表示 / 非表示

  • 3104(西洋史)

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 基礎研究

    中世ドイツ修道院研究

  • 基礎研究

    ロタリンギア地域史研究

  • 基礎研究

    中世教区教会と農村社会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

中世ドイツ, 修道院, 修道会, 死生観

代表的な研究成果 【 表示 / 非表示

大貫俊夫「オットー=初期ザーリアー朝『帝国教会制』研究の過去と現在」『クリオ』(第20号、2006年)、69-83頁
大貫俊夫「オットー朝期の帝国司教とロタリンギエン ―オットー1世期ヴェルダン司教座の分析を通して―」『史学雑誌』(第115編第12号、2006年)、64-85頁
大貫俊夫「ドイツ王権による修道院保護とシトー会総会」鈴木秀光・高谷知佳・林真貴子・屋敷二郎編『法の流通』(慈学社、2009年)、501-527頁
大貫俊夫「中世シトー会修道院研究における史料と文書館利用 -トリーア大司教区を例に-」『クリオ』第24号、2010年、93-95頁
Toshio OHNUKI, Formen des Schutzes der Zisterzienserklöster in der Erzdiözese Trier vom 12. bis zur Mitte des 14.Jahrhunderts. Vergleichende Untersuchungen zwischen Romania und Germania, Dissertation, Universität Trier (Germany), 2012.
大貫俊夫「中世盛期におけるシトー会修道院の保護形態」『法制史研究』(第62号,2013年3月)、85-116頁

研究連携について 【 表示 / 非表示

歴史学以外にも、法制史や宗教史(特にキリスト教学)、死生学などとの連携を希望します。

ひとこと 【 表示 / 非表示

ヨーロッパ中世社会の成り立ち、特に人と人を結び付ける原理に関心があり研究を進めているところです。

代表的な論文 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:中世盛期におけるシトー会修道院の保護形態

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:法制史研究62巻 (頁 85 ~ 116)

    発行年月:2013年03月

    著者氏名(共著者含):大貫俊夫

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Formen des Schutzes der Zisterzienserklöster in der Erzdiözese Trier vom 12. bis zur Mitte des 14. Jahrhunderts. Vergleichende Untersuchungen zwischen Romania und Germania

    記述言語:ドイツ語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:Dissertation

    発行年月:2012年12月

    著者氏名(共著者含):Toshio Ohnuki

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Das Zisterzienserkloster Orval. Die Gründung im Jahre 1131 und seine Gründungslegende

    記述言語:ドイツ語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:2. Deutsch-japanisch-koreanisches Stipendiatenseminar (Veröffentlichungen des Japanisch-Deutschen Zentrums Berlin)58巻 (頁 168 ~ 174)

    発行年月:2009年01月

    著者氏名(共著者含):Toshio Ohnuki

    共著区分:単著

  • 論文題目名:オットー朝期の帝国司教とロタリンギエン ―オットー1世期ヴェルダン司教座の分析を通して―

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:史学雑誌115巻 12号 (頁 64 ~ 85)

    発行年月:2006年12月

    著者氏名(共著者含):大貫俊夫

    共著区分:単著