写真

氏名

西田 英隆 (ニシダ ヒデタカ)

NISHIDA Hidetaka

ホームページ

メールアドレス

所属部局

環境生命科学研究科

所属学科・講座

環境生命科学研究科・農学部

専門分野

植物遺伝育種学

職名

准教授

科研費細目番号 【 表示 / 非表示

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 基礎研究

    ムギ類における出穂期決定メカニズムを明らかにするために、出穂期遺伝子を同定するとともに作用や他の遺伝子との相互作用を表現型だけでなく、分子遺伝学的手法を用いて解析している。

  • 応用研究

    近年の気候変動により、ムギ類の栽培において出穂期の変動が問題となっている。暖冬による早生品種の出穂促進は凍霜害による減収につながるため、暖冬においても平年並みの時期に出穂する品種が求められている。このため、気候変動下においても平年並みの出穂期を実現できる遺伝子の探索を行っている。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

コムギ, オオムギ, 出穂期, 遺伝的多様性, 遺伝学, 育種学

代表的な研究成果 【 表示 / 非表示

・Kippes N, Zhu J, Chen A, Vanzetti L, Lukaszewski A, Nishida H, Kato K, Dvorak J and Dubcovsky J: Fine mapping and epistatic interactions of the vernalization gene VRN-D4 in hexaploid wheat. Mol. Genet. Genomics 289, 47-62 (2014)
・Nishida H, Ishihara D, Ishii M, Kaneko T, Kawahigashi H, Akashi Y, Saisho D, Tanaka K, Handa H, Takeda K and Kato K: Phytochrome C is a key factor controlling long-day flowering in barley (Hordeum vulgare L.). Plant Physiol. 163, 804-814 (2013)
・Nishida H, Yoshida T, Kawakami K, Fujita M, Long B, Akashi Y, Laurie DA and Kato K: Structural variation in 5’ upstream region of photoperiod-insensitive alleles Ppd-A1a and Ppd-B1a identified in hexaploid wheat (Triticum aestivum L.), and their effect on heading time. Mol. Breed. 31, 27-37 (2013)

研究連携について 【 表示 / 非表示

ひとこと 【 表示 / 非表示

代表的な論文 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Loss-of-Function Mutations in Three Homoeologous PHYTOCLOCK 1 Genes in Common Wheat Are Associated with the Extra-Early Flowering Phenotype

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:PLoS One11巻 10号

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Mizuno N, Kinoshita M, Kinoshita S, Nishida H, Fujita M, Kato K, Murai K, Nasuda S

    共著区分:共著

    DOI:10.1371/journal.pone.0165618、

  • 論文題目名:The effects of phytochrome-mediated light signals on the developmental acquisition of photoperiod sensitivity in rice ( The effects of phytochrome-mediated light signals on the developmental acquisition of photoperiod sensitivity in rice)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific reports ( Scientific reports) 5巻 (頁 7709 ~ )

    発行年月:2015年01月

    著者氏名(共著者含):Yoshihiro Yoshitake, Takayuki Yokoo, Hiroki Saito, Takuji Tsukiyama, Xu Quan, Kazunori Zikihara, Hitomi Katsura, Satoru Tokutomi, Takako Aboshi, Naoki Mori, Hiromo Inoue, Hidetaka Nishida, Takayuki Kohchi, Masayoshi Teraishi, Yutaka Okumoto, Takatoshi Tanisaka ( Yoshihiro Yoshitake, Takayuki Yokoo, Hiroki Saito, Takuji Tsukiyama, Xu Quan, Kazunori Zikihara, Hitomi Katsura, Satoru Tokutomi, Takako Aboshi, Naoki Mori, Hiromo Inoue, Hidetaka Nishida, Takayuki Kohchi, Masayoshi Teraishi, Yutaka Okumoto, Takatoshi Tanisaka)

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/srep07709、

  • 論文題目名:Fine Mapping and Epistatic Interactions of the Vernalization Gene VRN‑D4 in Hexaploid Wheat

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Molecular Genetics and Genomics289巻 (頁 47 ~ 62)

    発行年月:2014年02月

    著者氏名(共著者含):Kippes, N., Zhu, J., Chen, A., Vanzetti, L., Lukaszewski, A., Nishida, H., Kato, K., Dvorak J., and Dubcovsky, J.

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s00438-013-0788-y、

  • 論文題目名:Distribution of Photoperiod-insensitive Allele Ppd-A1a and its Effect on Heading Time in Japanese Wheat Cultivars

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Breeding Science63巻 (頁 309 ~ 316)

    発行年月:2013年10月

    著者氏名(共著者含):Seki, M., Chono, M., Nishimura, T., Sato, M., Yoshimura, Y., Matsunaka, H., Fujita, M., Oda, S., Kubo, K., Kiribuchi-Otobe, C., Kojima, H., Nishida, H., and Kato, K.

    共著区分:共著

    DOI:10.1270/jsbbs.63.309、

  • 論文題目名:Phytochrome C is a key factor controlling long-day flowering in barley

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Plant Physiology163巻 (頁 804 ~ 814)

    発行年月:2013年09月

    著者氏名(共著者含):Hidetaka Nishida, Daisuke Ishihara, Makoto Ishii, Takuma Kaneko, Hiroyuki Kawahigashi, Yukari Akashi, Daisuke Saisho, Katsunori Tanaka, Hirokazu Handa, Kazuyoshi Takeda, Kenji Kato

    共著区分:共著

    DOI:10.1104/pp.113.222570、

全件表示 >>