写真

氏名

佐藤 和広 (サトウ カズヒロ)

SATO Kazuhiro

ホームページ

http://www.rib.okayama-u.ac.jp

メールアドレス

所属部局

資源植物科学研究所

所属学科・講座

大麦・野生植物資源研究センター ゲノム多様性グループ

専門分野

植物遺伝資源学、植物育種学、植物ゲノム科学

職名

教授

科研費細目番号 【 表示 / 非表示

  • 2302(応用ゲノム科学) , 6001(育種学)

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 基礎研究

    オオムギ遺伝資源の評価と利用 オオムギの重要な形質について遺伝資源の評価を進めるともに遺伝解析を進め、形質を制御する遺伝子を同定する。さらに、遺伝子に存在する情報を育種に利用する。

  • 基礎研究

    ゲノム解析手法を利用したオオムギの遺伝解析 オオムギのゲノム解析を進め、その情報を利用して遺伝形質を効率的に解析する。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

オオムギ、遺伝資源、ゲノム、育種、遺伝子、DNA

代表的な研究成果 【 表示 / 非表示

International Barley Genome Sequencing Consortium 2012. A physical, genetic and functional sequence assembly of the barley genome. Nature 491: 711-716.

A. Druka, K. Sato and G. J. Muehlbauer. 2010. Genome Analysis: The State of Knowledge of Barley Genes In Barley: Production, Improvement, and Uses. S. Ullrich (ed.) Blackwell Publishing

Kazuhiro Sato, Nami Nankaku, and Kazuyoshi Takeda. 2009.A High Density Transcript Link-age Map of Barley Derived from a Single Population. Heredity 103: 110-117. 

オオムギ系統およびDNAに関するデータベースhttp://shigen.lab.nig.ac.jp/barley/

研究連携について 【 表示 / 非表示

オオムギの系統、DNAおよびゲノムリソースを利用して、有用な形質の同定およびそれを司る遺伝子を単離することにご興味のある方は是非お知らせください。

ひとこと 【 表示 / 非表示

ムギ類は人類に最も重要な植物で、オオムギはコムギの遺伝子を同定するためのモデルとなっています。

代表的な論文 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Genetic characterization of wild barley populations (Hordeum vulgare ssp. spontaneum) from Kazakhstan based on genome wide SNP analysis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Breed. Sci.64巻 (頁 399 ~ 403)

    発行年月:2014年04月

    著者氏名(共著者含):Yerlan Turuspekov, Saule Abugalieva, Kanat Ermekbayev and Kazuhiro Sato.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Detection of QTLs for salt tolerance in Asian barley (Hordeum vulgare L.) by association analysis with SNP markers.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Breed. Sci.64巻 (頁 378 ~ 388)

    発行年月:2014年04月

    著者氏名(共著者含):Hanen Sbei, Kazuhiro Sato, Tariq Shehzad, Moncef Harrabi and Kazutoshi Okuno.

    共著区分:共著