写真

氏名

渡邉 貴一 (ワタナベ タカイチ)

WATANABE Takaichi

メールアドレス

所属部局

自然科学研究科

所属学科・講座

自然科学研究科

専門分野

化学工学,コロイド化学,高分子化学,界面化学

職名

助教

科研費細目番号 【 表示 / 非表示

  • 1301(医用生体工学・生体材料学)

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 基礎研究

    マイクロ流体デバイスを用いた乳化と溶媒拡散法を組み合わせた環境低負荷プロセスによる機能性コロイド材料の開発をおこなっている。

  • 基礎研究

    晶析の手法としてマイクロ流路を用いた微小液滴中での晶析反応に着目し,研究をおこなっている。この方法では1-100 umというマイクロ空間で行われるため,①晶析する結晶の数を少なくできる ②晶析速度を低下できるといった性質を有している。本研究では,この手法を用いた核形成速度の測定法の開発をおこなっている。

  • 基礎研究

    無乳化重合による微粒子合成は,従来の分散重合等とは違い,分散安定剤等を用いる必要のない環境に優しい不均一系微粒子合成方法である。また,スラグ流は,互いに混ざらない流体がマイクロ流路内で軸方向に交互に流れる流動状態で,壁面に非接触で均一な反応場の形成が可能である。本研究では,スラグ流内で無乳化重合を行うことで,流路閉塞を抑制し,単分散な微粒子の連続調製をおこなっている。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

マイクロ化学プロセス,微粒子,ハイドロゲル

代表的な研究成果 【 表示 / 非表示

1)Takaichi Watanabe, Ibuki Motohiro, Tsutomu Ono “Microfluidic Formation of Hydrogel Microcapsules with a Single Aqueous Core by Spontaneous Cross-linking in Aqueous Two Phase System Droplets” Langmuir, 35(6) 2358-2367 (2019)

2) Takaichi Watanabe, Kengo Karita, Koki Tawara, Takuya Soga, Tsutomu Ono “Rapid synthesis of poly(methyl methacrylate) particles with high molecular weight by soap-free emulsion polymerization using water-in-oil slug flow” Macromol. Chem. Phys., in press.

3) Carlos, G. Lopez, Takaichi Watanabe, Marco Adamo, Anne Martel, Lionel Porcar, and Joao P. Cabral “Microfluidic devices for small angle neutron scattering” J. Apple. Cryst.,51, 570-583 (2018)

研究連携について 【 表示 / 非表示

ひとこと 【 表示 / 非表示

代表的な論文 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Polydopamine-Based 3D Colloidal Photonic Materials: Structural Color Balls and Fibers from Melanin-Like Particles with Polydopamine Shell Layers

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ACS Applied Materials and Interfaces

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):Michinari Kohri, Kenshi Yanagimoto, Ayaka Kawamura, Kosuke Hamada, Yoshihiko Imai, Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono, Tatsuo Taniguchi, Keiki Kishikawa

    共著区分:共著

    DOI:10.1021/acsami.7b03453、