写真

氏名

髙柴 正悟 (タカシバ ショウゴ)

TAKASHIBA Shogo

メールアドレス

メールアドレス

所属部局

医歯薬学総合研究科

所属学科・講座

大学院医歯薬学総合研究科・病態制御科学専攻・病態機構学講座・歯周病態学分野

専門分野

歯周病態学分野

職名

教授

科研費細目番号 【 表示 / 非表示

  • 7404(保存治療系歯学)

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 基礎研究

    歯周組織の細菌感染症・慢性炎症の分子細胞生物学的研究

  • 応用研究

    歯周組織の細菌感染症・慢性炎症が及ぼす全身的な影響
    バイオフィルム制御

  • 実用研究

    歯周組織の細菌感染症・慢性炎症の制御の橋渡し研究

研究キーワード 【 表示 / 非表示

歯周病,歯内疾患,細菌感染制御,炎症・免疫制御,組織再生制御

代表的な研究成果 【 表示 / 非表示

歯周組織の細菌感染と慢性炎症に関する基礎的研究から,歯周病細菌の感染をIgGで検出するシステムを構築した。これを用いて,動脈硬化に関わる脂質代謝異常に歯周病が関連することを示した。
一方で,口腔内のバイオフィルム感染を制御するための研究を行い,国内特許を得ている。
  (これらのうち,複数が国際特許も得ている。)
特許6541111 「口腔内バイオフィルム抑制剤」 登録日:2019年6月21日
特許5925431 「虫歯予防剤」 登録日:2016年4月28日
特許5558362 「虫歯予防剤」 登録日:2014年6月13日
特許5382803 「歯科口腔用組成物」 登録日:2013年10月11日
特許5055278 「歯科口腔用組成物」 登録日:2012年8月3日
また,歯周組織再生療法でコラーゲン結合性増殖因子を用いて,水平性骨吸収の回復の効果を動物実験で確認し,科学新聞に掲載された。

研究連携について 【 表示 / 非表示

口腔の細菌感染症・慢性炎症の検出,制御に関する創薬
歯科医療機器の感染制御に関する機器開発

ひとこと 【 表示 / 非表示

出る杭はスクスク伸ばす環境創り

代表的な論文 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Effectiveness and safety of low-concentrated ozonized water for the reduction of contamination in dental unit water lines

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Heliyon5巻 8号 (頁 e02306 ~ )

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Keisuke Okubo, Takashi Ito, Yasuyoshi Shiota, Yusuke Kawata, Tadashi Yamamoto, Shogo Takashiba

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.1016/j.heliyon.2019.e02306、

  • 論文題目名:Construction and characterization of a PGN_0297 mutant of Porphyromonas gingivalis: evidence of the contribution of PGN_0297 to gingipain activity

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Medica Okayama73巻 4号 (頁 315 ~ 323)

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Ono S, Nakayama M, Tachibana M, Shahriar ASM, Heling W, Takashiba S, Ohara N.

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.18926/AMO/56933、

  • 論文題目名:Multidisciplinary clinical approach by sharing oral examination information to treat a diabetes patient with dysgeusia.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clin Case Rep7巻 5号 (頁 877 ~ 880)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Matsunaga K, Yoshida Y, Takemaru M, Yamashiro K, Monden I, Inohara K, Nakagawa S, Maeda E, Nakahama K, Kohriyama T, Takashiba S

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.1002/ccr3.2111、

  • 論文題目名:Resolvin D2 induces resolution of periapical inflammation and promotes healing of periapical lesions in rat periapical periodontitis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Frontiers in Immunology10巻 (頁 307 ~ )

    発行年月:2019年02月

    著者氏名(共著者含):Siddiqui Yasir Dilshad, Omori Kazuhiro, Ito Takashi, Yamashiro Keisuke, Nakamura Shin, Okamoto Kentaro, Ono Mitsuaki, Yamamoto Tadashi, Van Dyke Thomas E., Takashiba Shogo

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.3389/fimmu.2019.00307、

  • 論文題目名:Molecular imaging assessment of periodontitis lesions in an experimental mouse model

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clin Oral Investig23巻 2号 (頁 821 ~ 827)

    発行年月:2019年02月

    著者氏名(共著者含):Ideguchi H, Yamashiro K, Yamamoto T, Shimoe M, Hongo S, Kochi S, Yoshihara-Hirata C, Aoyagi H, Kawamura M, Takashiba S

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.1007/s00784-018-2510-2、

全件表示 >>